Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


週末模様





書いているうちに脈絡の無い話になってきたので隠しておきます。

どうでもいい話です。





[週末模様]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/02/04(水) 20:58:14 -
  2. ゴルフ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ


あれっ?解ったかも?




最近、ゴルフのラウンド報告で『パットの調子が悪い』と書いていますが、昨日会社構内を歩いている時にふと気付きました。



あれっ?グリップの仕方を間違えていたかも・・・・?



そんなバカな!!

ずう~っとやっているんだからそんなの間違えるわけないじゃん!


と思われるかもしれませんが、パターの握り方を変えたのは約2~3年前から。
何度か書いていますが私のショット時のクラブの握り方はベースボールグリップ(テンフィンガーグリップ)の左手親指を右手の掌の中に入れるタイプ。
これは全ゴルファーの中でも5%居るかどうか・・・(MIZZ予想)


以前はパターもそのように握っていたのですが色々と悩み、試しているうちにパターだけは右手小指と左手人差し指を絡めるインターロッキンググリップ(て呼んでいいのか?)が一番しっくりきて結果も残せたのでそれを採用するようになりました。


ところが夏休み前のパターはそこそこ調子良かったのに気分転換やさらに上を目指そうとしてパターを換えてしまいました。
それが夏休みの葛城のラウンドです。
そのラウンド時は思っているラインに全然載せられないという不満を感じながらもパット数はまずまずでした。
ところがそれがジャブのように効いてきてその後のラウンドでも頑張ってNewパターを使っていたら完全に調子を狂わせてしまいました。
そのパターはメーカー純正のノーマルグリップのままで使っていたので太めで角ばっている本来の私のエースパターの握りと感覚が違っても当然だと思っていたのです。

慌てて元のパターに戻したのですが、苦手イメージがついてしまい冷静にパターを握れなくなってしまったのです。
見た目の形や振り方ばかりに気を取られて一番基本なところを忘れていたのです。
何しろゴルフ歴15年の中で13年間握っていた握り方ですから違和感も基本的にはないわけです。


それを何気に歩きながらグリップの形を作ってみたら

『あれっ!!? なんで俺はこんな握り方しているんだ!?』

と気付きました。


ということで今週末は本来のグリップでやってみます。

これで調子が戻れば万々歳!

所詮ゴルフなんてこんなことの繰り返しかと。。。




ちなみに今回も一緒に周ったYO君。
彼も実はパットに悩んでいるみたい。
帰りに寄ったゴルフショップで一生懸命パットを探していました。
私には『気分でパターを替えるから悪いんだよ!』と言っておきながら・・・www


ちなみに私は彼のパットが調子悪い理由をラウンド中に気付きました。
プレー後に教えてやろうと思ってて忘れちゃいましたけど。。。^^;
ごめんね。


今度のラウンド前に教えてやるわ。
だからNewパターは買わなくてもいいよ。
もちろん買っても僕は何も言わないけどね。
買っちゃえ!買っちゃえ!


  1. 2007/10/03(水) 21:52:11 -
  2. ゴルフ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


日本社会人ゴルフ選手権 決勝大会 2007年大会迫る




毎年のように書きますが8月過ぎ頃から当ブログへのアクセスが増えるキーワードがあります。

それはタイトルにもあるように

『日本社会人ゴルフ選手権』
『決勝』
『浜松シーサイドゴルフクラブ』
『攻略』

などの言葉。


そう!
『社会人ゴルファーの甲子園』と呼ばれている日本社会人ゴルフ選手権の決勝大会が毎年浜松シーサイドゴルフクラブで行われるんです。

今年は10月10日(水)と11日(木)の2日間です。


もちろん私には無縁の大会ですがゴルフを生業にしている人や親の援助でゴルフをしている人たちと違って、別に本業を持ちながら時間を作ってゴルフに精進している人たちには私の目標として尊敬の念を抱かずにはいられません。


以下に2年前に書いた『攻略ガイド』なる大それた記事をリンクしておきます。
それなりに調子良かった頃だし、ここに紹介するつもりでラウンドして記憶しながら書いた記事なので一度もこのコースを回ったことがない方にとっては参考になるかと。。。

今読み返すと「この頃は自慢できるほどでなくてもそれなりに調子良かったなぁ~」と感慨深いものがありますが、アクセスしてきた方のためにしばらくこの記事をトップ記事にしておきます。

むしろこれくらいの情報を与えておけば決勝に出てくる方の実力をもってすれば充分かな?


攻略ガイド PARTⅠ

攻略ガイド PARTⅡ

攻略ガイド PARTⅢ

番外編 (私が唯一浜松シーサイドで70台を出した日。コース内写真あり)

ちなみに大会4日前の6日には新しい会社で初めてのゴルフコンペデビューします。
しかも偶然にもここ浜松シーサイドで。
さらに大会11日前の9月29日にもコンペの為の練習ラウンドと称して同コースを新しい会社の人と廻ってきます。

そこで新しい情報を取材してきますので、またその結果はアップします。
とは言っても自分のゴルフに精一杯だしコンペは進行優先なので
『ここを見てきて!』
というリクエストがありましたらそこだけに集中しますわ。


あと、問題ない方はいいですが個人情報をコメントで書く方は『管理者にだけ表示を許可する』のところをチェックしていただいた方がよろしいかと。

  1. 2007/09/29(土) 00:00:00 -
  2. ゴルフ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


全英制覇!ハリントン!




今日はこのことを記事にしなきゃいけないでしょ。

当ブログの長い読者の方なら私がワールドワイドでゴルファーを見た場合、パドレイグ・ハリントンのファンであることは何となく覚えているでしょう。
<たとえばこちらの記事>


その彼がついに
世界4大メジャーの1つ、全英オープンを制覇しました。

彼は2006年を含め欧州ツアー賞金王、世界ランキング10位以内をキープしてきました。
昨年の日本でのダンロップ・フェニックスではタイガーを破り優勝もしました。
ふと気付くとマスターズの2日目や3日目くらいに順位の1ページ目に現れてきてくれるのですが最終日に消えていってしまうこと数回。
しかも何か大叩きホールがあるわけでないのに爆発できずに置いていかれるというパターンでした。
だから今までメジャータイトルは取っていなかったのです。

派手なガッツポーズも無いけどボギーを打っても周囲やクラブに八つ当たりせず、ニコニコ、だけど淡々にプレーしていく姿はハングリーという意味ではプロとして何かケチを付けたい人もいるかもしれませんが、人前でプレーする職業だからこそこうあるべきだって感じもするわけです。
スコア至上主義で不正さえしてしまう今のJr.ゴルファー達に少しは見習ってほしい。

スペインの英雄 セベ・バレストロスが引退を発表した今回に1日目から4日目のスタート時までトップをキープしてたエルニーニョ(神の子)セルヒオ・ガルシアも好きなプレイヤーなので今回は是非勝ってもらいたかった。

でも今度はいつもとは逆に3日目くらいから『あれ?ハリントン居たじゃん!』と思うくらいスーッとスコアボードの上位に現れてきて『まぁ今回も最後には消えちゃうのかな。。。』と思ってたら・・・・・ね。

まあ良かったよ。
これでハリントンも一皮むけて更に強くなるだろうね。
名の知れていない選手がちょうどメジャーweekに調子が良くて勝った(勝ってしまった)のとは訳が違って年間通していいスコアをキープできる真の実力者がやっとメジャーと波長が合ったってことだもんね。

もの凄くおもしろい試合だったので最後まで見たかったんだけど今日は仕事の関係で朝5時に起きる必要があったので泣く泣くAM1時半に寝たんだけどそれが良かったのかな?

兎にも角にも
ハリントンさん、おめでとう!
また日本来てね~~~!


これで私が彼に貰ったサインもより一層価値が出てくることでしょう。
P1020665.jpg


ちなみに一足早く全英を制したベン・カーティスのサインなんかも貰っていたりして。
なかなか玄人好みで渋いぞ~~! この組み合わせは(笑)
P1020666.jpg

  1. 2007/07/23(月) 22:25:00 -
  2. ゴルフ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


雨の日と月曜日は




カーペンターズの名曲ですね。
子供ながらに(中学生)いい組み合わせの語呂だと思いました。
英語(原題)でも日本語(邦題)でも。

今日のような月曜日にカラオケすることは少ないですがそんな珍しい日が雨だったりした時には選曲しちゃうロマンチストなMIZZです




さて、梅雨に入ったんだか入っていないんだかわからない日々が続きますがやっとそんな感じになってきたところでこいつの広告を見つけました。
時々書いていますがCDショップ自体も1ヶ月以上行かない生活になってしまったのですがこれも含めて目星を付けていたものが何枚かあったので久しぶりに店に向かいました。



そのこいつの広告のこいつとは・・・
レインソングス レインソングス
オムニバス、ASKA 他 (2007/05/23)
Sony Music Direct(Japan)Inc.(SME)(M)
この商品の詳細を見る


この手のコンピレーションアルバムは自分の知っている(好きな)曲が何曲入っているかによりますよね。
で、こいつの曲目を見たらずらりとこのラインナップ。

1. はじまりはいつも雨/ASKA
2. Bachelor Girl/大滝 詠一
3. 雨/森高 千里
4. レイニーブルー/徳永 英明
5. 恋人も濡れる街角/中村 雅俊
6. 虹とスニーカーの頃/チューリップ
7. 雨あがりの夜空に/RCサクセション
8. Runner/爆風スランプ
9. 激しい雨が/モッズ
10. RAIN-DANCEがきこえる/吉川 晃司
11. 人魚/NOKKO
12. 瞳はダイアモンド/松田 聖子
13. Rain/大江 千里
14. 優しい雨/鈴木 祥子
15. ENDLESS RAIN/エックス
16. ドラマティック・レイン/稲垣 潤一
17. 雨音はショパンの調べ/小林 麻美
18. 冷たい雨/ハイ・ファイ・セット
19. 九月の雨/太田 裕美
20. 愛はかげろう/雅夢
21. みずいろの雨/八神 純子
22. 裏切りの街角/甲斐バンド
23. 雨の物語/イルカ
24. 「いちご白書」をもう一度/バンバン
25. 雨やどり/さだ まさし
26. 春雨/村下 孝蔵
27. さよならだけは言わないで/五輪 真弓
28. てぃーんず ぶるーす/原田 真二
29. TONIGHT/佐野 元春
30. 虹をみたかい/渡辺 美里

懐かしい曲、知ってるけどあまり聴いたことない曲、このアーティストのアルバムを買うまでにはいかないがこの曲は持っておきたいという曲。。。
そんなのが詰まっていたのでこれは買うことにしました。
同級生の仲間と一緒にゴルフ場に行くまでの間に聴くにもちょうど良さそう。


あっ、そうそう!
私がたまにしかCDショップに行かなくても行った時にはまとめて買ってしまう性格なのはお馴染みですね?
ということで2枚目。




[雨の日と月曜日は]の続きを読む
  1. 2007/07/02(月) 22:38:31 -
  2. ゴルフ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:10 -
  5. ↑TOPへ


ハニカミ王子を技術的に斬る




いや~なんですかぁ~、、、この騒ぎよう。

『ハニカミ王子』こと石川遼クン。


一応ゴルフブログなんでちょっと触れておきますか?

そもそもこの試合の時は私は外に出ていたのでTV中継を見ていなかったのですが3日目の終了時での上位くらいはチェックしてました。
でもそこに彼の名前なんてなかったので最終日終了後にニュースを見て『えっ?誰?この子』と思ったのが正直なところ。

最終日に大爆発して逆転優勝したので無理は無いんだけど全くのノーマークです。
2位に1打差で宮本勝昌プロが入っていたことも複雑な気分。
それでピンと来ない方はこの過去記事をチェック!
(こちら)
宮本プロだって暫らく優勝から遠ざかっていたので賞金が2000万円貰えたことよりも名誉が欲しかったはずです。
すぐさま宮本プロのブログを見に行きましたが意外とサッパリしていたし、そもそも自分のプレーには満足していなかったようなのでそんなので優勝してしまうよりは今後の糧になったのかなぁ(と信じたい)


さて、話は戻ってハニカミ王子のプレーについて。
先ほども告白したようにTV中継を見ていないのでどれほど当日実際に映っていたのかわからないし、きっと最終日に爆発したことから推察すると最終組から結構前の組だったはずなので後半4~6ホールの中継ホールには引っ掛からないはずです。
現場でも途中から「なんだかアマチュアが急に浮上してきたぞ!」って騒ぎになって慌てて追いかけたはず。

なのでTVで何回も映っている17番の長いバンカーショットがチップインしたシーンだけでお話します。

まず、同じ現場でプレーしてたとしたら『入ったー!スゴイ!』の後に『ピンに当たって良かったなぁー、あれ当たっていなかったらどこまで行ってたかわかんないぞー』って冷やかすようなショットです。

でも安全にいっていたら決して入らなかったショットでもあります。
入れに行くからこそ絶対にカップに届く強さで打ったわけですし、、、
タイガーが好きだって公言しているくらいだから攻めていけたのでしょう。
見る側としては安全策でいかれても参考にはなってもおもしろくはないので前者はプロに任せるとして後者はアマチュアである彼の役目を果たしたと言っていいでしょう。
入れにいって入らなかったらその後で考えればいいことです。
ここまでは精神論。

次は技術論です。
中継でも言っていましたがゴルフをやる人ならわかるという難しいショットです。
長いバンカーショットってやつですから。
大ホームランをしてオーバーするか、それにビビッてやっとバンカーから出る程度に終わる危険性大です。
パッと見た感じでは白い砂で柔らかそうなので距離を出すにはさらに難しいでしょう。
そこをビビらずにしっかりと振り切っているところがまず○。
で、私もビビらずに振り切るのですがうまくいかないこと多々あり。
じゃあ、何が違うのか?

『彼がバンカーショットを打った後にクラブがスルスルっと手の中に滑り込んできているところにミソがある』

と思いました。
自分なりに上手く打てたという実感があったからこそちょっと格好付けてやる仕草ではあるのですが、あまり強くクラブを握っていない証拠です。

だから

『速く振っているけど強く振っているわけではない』

というところが天晴れ!


遼クン、これ、バンカー嫌いなMIZZおじさんも今後の参考にさせてもらいますよ。

  1. 2007/05/27(日) 13:15:17 -
  2. ゴルフ -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


シーズンイン前




前回の記事でショートゲームでの不甲斐なさを嘆いていましたが何もやっていないわけではありませんでした。

シーズンインすると決めたらちゃんと準備はするKare-Oojiさんからのたっての希望で3/21いなさの前週末に浜松シーサイドへ本芝練習に行ってきました。
P1010696.jpg


それはクリーブランドのハイボアドライバー&アイアンの感じを確認するためでもあります。
鳥かごではダメだったドライバーがここでは実に真っ直ぐ飛んだのでいなさで実戦投入したわけでもあるのですが。。。
P1010697.jpg



それでは本人の了解なしに悩める王子のスイングをどうぞ。
実のところ彼の問題点は精神面なのでこうやって見てもそれほど悪いところは見つからないのですが。。。
P1010700.jpg

P1010701-2.jpg

P1010702.jpg



さてそれはそうとここで練習しているとゴルフ場の人がやってきてイスに何やらペタペタ案内状を張っていきます。

それをよ~く見ると。。。。
P1010699.jpg


あらま~!
雑誌等でもお馴染みの超有名プロコーチじゃないの。
王子と一緒に
「しのぶが見たい!」
「桃子の桃尻が見たい!」
「英正が見たい!」
と言っていたのですが当然ながらプロがそんな暇なわけもなく(ましては女子はツアー開幕済み)姿を見ることはありませんでした。
もちろん江連コーチ本人は見ましたけどカメラを向けるのはやめておきました。
どうりでクラブハウス前にジャケットを着たままの人がウロウロしているなぁとは思ったよ。



しかしそれにしてもその受講者はいかにもお金持ちっぽい人ばかりで遠方から来ている雰囲気だったけどどういう集まりなんでしょ?
ちなみにそんなこと言えたレベルではありませんがどう見ても江連プロに教わる以前のレベルの腕前ばかりの人が目に付きましたが。。。






さてそんなものには縁がない庶民はせめてもの贅沢ってことでクラブハウスで最高峰の価格¥1,995を誇る『うなぎ茶漬け』です。
P1010703.jpg

もはや私のシーサイドではお馴染みですね。
いつもは時間がなくてあまり注文できないのですが今日は時間はいくらでもあるので堪能します。
ゴルフダイジェスト(月刊)の隊長も超おススメしたこいつは、ここに来た時の楽しみです。
普段、こういう店に行ったりもしないしね。

まずはお櫃を開いて・・・
う~ん。。。うまそう。。。
P1010704.jpg


まずはダシをかけずにノーマルでいきます。
香ばしさを味わいます。
MIZZはこの『あられ』の食感がたまらなく好きです。
これがなかったら何度も頼まないかも?
P1010706.jpg


2杯目からはこのダシをかけます。
このダシは完全に和風でなくやや中華風味。
山椒とのコンビネーションを考えてもこれがまたいい。
P1010705.jpg


こいつをかけると全然違ったものに早変わり。
やっぱかけた方が断然うまいです。
ただし自分の舌の記憶とは若干違う感じがあります。
でもNGというわけでなくそれもアリって感じ。
これで2杯、合計3杯いけます。
P1010707.jpg


さっぱりしているけど茶碗3杯はしっかりとお腹に溜まるという優れものです。
普通に街中で食べられたらいいのにと思うけどここだからこそ食べられるというのもいいですね。


プレーをしなくてもレストランだけの利用も出来るので食べたい人は行ってみてもいいかも。
ちなみに『石焼ビビンバ』も人気です。

マダムたちは女性限定のランチを堪能しています。
月替わりなのでリピーターも多そうです。
周囲にこんな自然溢れるこ洒落たレストランが無いもんねぇ

詳しくは<こちら>をご覧ください。


※別にゴルフ場の回し者ではありませんがゴルフ場の経営が健全であってくれればゴルファーにとってもいいことなので。。。
そう言えばゴルフ場と内部レストランの経営母体が違うところが多い中、ここは恐らく一緒ですね。それがいいかも。

  1. 2007/04/02(月) 15:27:59 -
  2. ゴルフ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ


NEXT

MIZZ

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。