Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


春の選抜高校野球決勝は東海勢同士




別に今回の選抜高校野球は注目して見ていたわけじゃないんだけどなんだか知らないうちに静岡県の『常葉菊川』が決勝に残っていますね。

私の仙台のおじさんが仙台育英の出身なので初戦は複雑な気持ちでしたが名前負けせずに勝ったあと、大阪桐蔭まで破ってしまってこいつは本物か!?

しかも準決勝2戦目では同じく東海勢の岐阜の大垣日大がこれまたあれっ!?という間に決勝進出してしまった。
大垣の『希望枠』というのがどういう基準で選んだのかわからないが決勝まで残ったのならそれを選んだ役員の人の目も狂っていなかったと言えよう。

東海勢では愛知の中京も出ていたが、確か春の選抜の基準になる昨秋の大会では我が母校は次点くらいの成績だったと記憶している。
県大会でも常葉菊川に敗れて、東海大会でも敗れたので選抜に選ばれなかったはず。

確かその時も逆転されたんじゃなかったかなぁ?
(まったくかすかな記憶です)

でも今回のこの2校の戦いぶりを見たらその粘り強さと言ったら並ではなく、こりゃ勝てなくてもしょうがないわ。。。って思わされた。

母校が出ていたら間違いなく甲子園まで見に行ってたんだけどな~


まあせめて常葉菊川には折角ここまで来たのだから優勝してもらいましょう!



ところで常葉菊川ってピンクレディーの二人の出身校だっけ?


スポンサーサイト
  1. 2007/04/02(月) 16:07:56 -
  2. スポーツ -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


甲子園決勝 再試合




今年の夏の甲子園はいい試合揃いですね。

全てを見ているわけではありませんが、1点を争う投手戦というよりは好投手同士の戦いであっても点の取り合いでの逆転に次ぐ逆転という試合が多かったような気がします。

しかし決勝はその名に相応しく息詰まるような投手戦です。

得点シーンが多い方が野球でもサッカーでも盛り上がりますがホントの好試合と言われるものって見ているこちらがやっている気になってドキドキしてくるような緊張感あふれる試合ですね。

『野球ファン』とは別に『高校野球ファン』という方が多く居るくらいですが、それも解かる気がします。
今のプロ野球より全然おもしろいですもんね。
うちの祖父母もプロ野球は全然観ませんでしたが高校野球は欠かさず全試合観ていました。
何を基準に応援していたのかわかりませんが。。。。

さて、その決勝は皆さんご存知の通り1対1のまま15回まで終了して、結局規定により引き分け再試合になりました。

折角、こっちの夏休み中に決着が着くと思ったのにちょっと残念です。



しか~し!ここで疑問が・・・

私等はTVで見られるに越したことはないけど、まあ見られないものはしょうがないと思います。

ですが、選手の身近な応援団ってどうするの?

本来の試合終了時間なら早稲田の応援団なら新幹線でも充分帰られる時間です。
駒澤の応援団でも遅い飛行機ならその日のうちに帰られるでしょう。
(そういう都合のいい飛行機があるかどうかは未調査ですが新千歳行きはかなりの数があるでしょう)

そして選手達は1日くらい延長しても宿泊先が急いで夕食の支度をすれば間に合うでしょう。
むしろ儲かって歓迎?(笑)

一番帰ることができないであろう選手の家族などは、兵庫・大阪周辺まで範囲を拡げれば何とかその人数くらいの宿泊先は確保できるでしょう。

ですが生徒たちをはじめとする何百人という応援団はどうするの?
そのまま帰るだけならバスの中でどんだけ寝ようともいずれ着くからいいでしょう。
でも1泊するとなると何百人という人数を受け入れられる施設はないのでは?
まさか車中泊ってわけにはいかないだろうし。。。
そもそも泊まる準備はしていないでしょ。

唯一そのキャパを保有していると思われるのが、選手達を受け入れる宿泊施設です。
1チーム20名として×49校分=約1000名
これらの施設に分かれて泊まるしかないか?

でも決勝の応援団って2校分だと1000名以上だよね?

まあ、今日スタンドに居た全員は残らないだろうけど。。。

なら大丈夫かな?

誰か真相を知っている方、教えてください。


P.S.
以前にMIZZの母校が甲子園に出場したことがあります。
その時は会社の夏休みが8月のはじめの方でして、休みに入ってから抽選が行なわれました。
そして引いたくじは『第一日目』。
ちょうど会社の夏休みが終わった後の稼働日初日でした。
休みの間に友人達に連絡を取って、バスも貸し切って行く気マンマンでしたが休み中に会社に有休の連絡を取れません。
(携帯もない時代です)

やむなく甲子園には行きまして、球場の電話から会社へ連絡したのでした。
ミエミエの理由でね♪
ごめんなさい所長。
  1. 2006/08/20(日) 19:32:25 -
  2. スポーツ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


わたくしの好きな・・・




でおなじみのポルトガル『クリスチィアーノ・ロナウド』

c.ronaldo.jpg


いいねぇ~!


マンチェスターU所属ということであまりプレミアリーグを見る機会もないのでCMに出るまでは名前を知らなかったし、知った後でもプレーを見る機会があまりなかったのですが今回のW杯で見て完全にお気に入りになりました。

一番好きなサッカー選手として挙げてもいいくらいです。
これからはこの質問にも2つ返事で答えられそうです。


恵まれた体格、ドリブル・シュート・パス・ヘディング・守備 全てにおいてバランスがいいし、動きにキレがあります。
最初から最後まで精力的に動き回るし。。。
いつもゴールを意識してプレーしてるし。。。
そしてサイドライン脇やペナルティエリア付近で常に勝負にいってくれます。
これが何と言っても魅力!
予選ラウンドでは遊び心もあるプレイを見せてくれたし、ドキドキさせてくれるプレイヤーです。

この選手を見つけることができただけでも今回のW杯2006ドイツ大会は私にとって意味がありました。



そのプレイを見た後にフィーゴの貯めの効いたパスやドリブル、そしてシュートを見るとそれはそれで味があっていいですけどね。
速球派の投手の後にサブマリンの技巧派が出てきたような感覚で相手は守備しにくいだろうなぁって思います。


さて、今、イングランドvsポルトガルは延長戦に入りました。
どちらが残るのか?
しかし準々決勝、いい試合ばかりだわ。
  1. 2006/07/02(日) 01:57:38 -
  2. スポーツ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


あと2時間で・・・




イタリアチェコ戦の興奮冷めやらぬままに大作ブログを投稿してたらもう2時過ぎじゃん!

このまま4時まで起きているか?
とりあえず一眠りするか。。。?

早朝に各家々から絶叫が聞こえてくるのかと思うと今からワクワク

実はMIZZはしっかり有休取っていて準備バッチリです。

マスターズでもそんなことしないんだけどなぁ~
(ちょうど忙しかったからだけどね)
  1. 2006/06/23(金) 02:32:51 -
  2. スポーツ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


愛ちゃんスゴイ




愛ちゃんスゴイですね~
快進撃です。

と、このブログで書くと藍ちゃん(宮里)の間違いなんじゃないの~?と思われるかもしれませんが、彼女は快進撃はしていない?ので今回は卓球の愛ちゃんです。

彼女がTVに出始めた4~5歳で点を取られる度にピーピー泣いていた頃は俺でも勝てるなぁと思っていたけど、
(注:私は中学では卓球部です。一応エースでキャプテン。。。)
今となってはとてもではありませんが勝てないどころか21点マッチでも1点が取れるかどうか(しかも愛ちゃんのミスで)といったところですね。
何と言っても世界の一桁ランキングの選手を次々と撃破していますからね。

中国リーグに渡る前くらいでは『王子サーブ』とかいったものに頼るような単なるTV向き的な感が残っていましたが、今大会ではそういった一発必殺技ではなく、フォーメーションの良さで勝っているところがスゴイです。
しかも自分より上のランカーと対決した場合、得点を先行されれば下のものはなかなか逆転はできないものですが、今回はそれをひっくり返しているところがスゴイ。
精神的にも成長して相手の心理状態も読みながらプレーしていることになります。
そういや中国語もベラベラしゃべっていたし。。。
自分がプレーするリーグの国の言語をペラペラ話すところはサッカーの中田英に通ずるものさえ感じます。

そのまま中国でプレーするも良し、ドイツのブンデスリーガで欧州のプレーを学ぶのも良し、色んなスタイルの卓球を身につけてさらにさらに真の強さを増していってほしいものです。
  1. 2006/04/29(土) 09:56:30 -
  2. スポーツ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


ビバ!メキシコ!




やってくれましたね。メキシコ。
会社で
「アメリカが2点失点して負けたら日本が準決勝行きだよ」
と聞いて
「じゃあ、2-1でメキシコの勝ちだ!」
と、全く根拠のないことを言っていたらホントに実現してしまいました。

昼間はその事実だけを知っていたのですが家に帰ってきてニュースを見てみると結構な裏話がいろいろと。。。

何と言ってもあの疑惑の審判
「ボブ・デービットソン」だっけ?
くそー!!覚えちゃったじゃねえか!!

ヤツが今回は一塁・塁審だったみたい。

今回はレフトへの強烈なライナーで飛び出したアメリカの一塁ランナーが戻りきれずにアウトなタイミングだったのにセーフの判定。
その後、先制点のチャンスでメキシコの打者が打ったライトへの大飛球がポールに当たってホームランのはずが二塁打だってよ、オイ!

ここまで徹底しているとスゴイよな~

でもありゃぁクビだよ。アメリカのファンだって首かしげてたもん。

だからメキシコ・・・
アメリカを破ったというよりもボブに勝ったというところが胸をスッキリさせます。

それは極悪同盟寄りの阿部四郎レフェリーでありながら文句言わさず勝ったクラッシュ・ギャルズのようなものです。
(ちなみにこういった審判が信頼できないようなスポーツが大嫌いなので女子プロレスは見ていません。だからこそ今回のボブにもアタマきてたんですけどね)

ということでタコスでも食ってお祝いしたい感じ~♪

それはそうと次こそは韓国に勝ってよね。
絶対調子こくから、アイツ等。
3回やって全部負けだったら確実に実力差です。
  1. 2006/03/17(金) 23:45:05 -
  2. スポーツ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


静岡サッカーの底力を知れ!




全国にはいわゆるサッカー所っていうのがいくつかありますよね?
長崎や鹿児島とか強いイメージがあるけど飛び抜けて全国レベルの学校があるだけのような気がする。
東京、神奈川、大阪などの大都市圏でも強い学校が出てくるけど数も多いわけだし、そりゃ中には強い学校もあるだろうっていうイメージ。
はっきり言わせてもらえば・・・・
敢えて言えば対抗できるのは埼玉くらいかな。。。
どの世代でも粒が揃っているのは。

とはいえ、最近の高校サッカーの結果を見る限りは決してエバれたものじゃないのが現状。
県代表になるのってものすごく大変なんだけどね。
サッカー大国にも陰りが見え始めてきたか・・・?
というのがごく普通の県民感情のような気がする。
水色のチームもオレンジのチームも最近弱いしね・・・)

ところが先日、何気に夕方のニュースを見ていたら久々に胸躍るシーンを見た。
それはたかが少年サッカーの結果ではある。
正式には
「第29回全日本少年サッカー大会静岡県大会」

この大会の優勝チームが
「清水FC」

出ましたね~久々に清水の文字が~
今や静岡市に含まれてしまった清水ですがドッコイ、サッカーブランドは脈々と息づいているのです。

[静岡サッカーの底力を知れ!]の続きを読む
  1. 2005/07/05(火) 00:13:56 -
  2. スポーツ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


NEXT

MIZZ

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。