Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


10年戦士




10年戦士

この言葉を良く使うのはやはり企業内でしょうか?

でも持ち物なんかでも言いますかね?

「俺の乗ってる車、もう10年戦士だぜー」
とか
「この時計、10年戦士で使っているぜー」
とか。。。


ですが今回の話題は10年間働いている人のことです。

私は今の仕事に就いて11月で丸10年になります。
まさに10年戦士。

工業高校を卒業してから大学に行くこともなく働いているのでそこから数えれば社会人20年戦士です。
ウィスキーだって10年モノと20年モノとでは単純に倍の価値というわけではなくそれ以上のものと位置づけられていますよね。

企業にしても同じこと。
10年はもちろんのこと、生え抜きの20年戦士なら役職が付いていても全然不思議ではありません。

私は高校卒業から働いた会社を10年目で辞めました。
(その後数ヶ月だけ働いた会社は雇用条件が嘘ばかりのところだったのですぐ辞めたのであって語る価値も無いところです。)

その会社を辞めた理由としては・・・
・希望する職種(技術系)から業績低迷を受けて営業力アップのために営業に回されて2年半。特に新規開拓を主に任されていたのでかなりのプレッシャーがあった。それをずう~っと定年までやっていくことを考えたらゾッとした。

・プライベートでもストレスを感じることがあり仕事のストレスとの二重苦で身体が壊れそうだったのでそこから開放してあげる必要があった。
(これも人間の生命維持装置の一つだと私は思っています)

・ちょうど母親が膝を痛めて思うように歩けなくなり、通院や身の回りの世話など、当時まだ働いていた父親以外の補助する人間が必要だった。
(その後、その甲斐あって母親の膝は良くなりましたv^^)

などなど。。。


そして今、現在の会社で働きだして10年。
辞めたくなってきました。。。。
会社の仲間も読んでいるであろうこのブログですが、彼らにもこの私の気持ちは説明要らずでわかってもらえるものと思っています。

それが10年経ったから私の中の何かが作動してそう思うのか、たまたま10年目に会社がこういう状態になったのかはわかりません。
ですが、もちろん定年まで働き続けるつもりで入った会社です。

そもそも私はどちらかと言えば保守的で冒険はしないタイプの人間です。
10年経って一通りの仕事を覚えて責任も背負って会社の表も裏も知る立場になった時に新鮮な魅力を感じなくなるのでしょうか?
自分はそんなに向上心があるとは思っていないのですがもしかしたら深層心理の中に平凡な現状を良しとしない何かを持っているのでしょうか?
実は結構、アメリカンな考えが私の中に流れているのでしょうか?
(「欧米かよ!」って誰か突っ込んで!w)

ですが今回の場合は明らかに会社の状況が変わっています。
それら『前向きに働いていくためにマイナス要因となるポイント』の累積がかなり積もっている状態です。

20年戦士の高校の友人たちは私よりも早くからそれを察知して3月に辞めていきました。
それはその頃に書いたこちらの通りです。
奥さんも子供も居るのにリスクを背負って飛び出した彼らが居るというのに身軽な私が現状に妥協してくすぶったり愚痴を言い続けているのもどうかと。。。

「早く察知した・・・」と言うよりもいかに早く勇気を持てるか。。。?のような気もします。


『忙しい』というのは何とか乗り越えられるものです。
今までもそうでした。
しかしそれが『実にならない』とか『時間を掛けても進まない』とか『会社の利益にならない』となるとやる気も失せる上に疲労も一気に蓄積されます。
どんなに忙しくたってすぐに結果が見えてくればそれはやりがいに変わりますからねー。
そういうところでモチベーションを保つのが非常に難しい職場なのですが、そんな気持ちを簡単に踏みにじる会社の政策が次から次へと目白押し状態。。。
何のために体調を悪くしたりプライベートを犠牲にしてまで仕事中心の生活をしているのかわかりません。

まぁ具体的なところは本気で退職願いを出すことになったら書きましょう。


友人たちの中にはもちろん20年戦士として働いている奴らもたくさん居ます。
それぞれの立場で私と同じようなことを経験しているだろうに我慢強く働いているわけです。
拍手を送りたいです。

そして一方では現状に満足せず自分の目指すもののために努力してそれらの環境を次から次へと実力で手に入れて活躍している仲間も居ます。
これまた大拍手です。




さて・・・

10年ごとに転職するのは『コロコロ職を変えている』と世間では言われるのでしょうか?



ちなみに私が今までに見捨てた2つの会社は吸収・合併されたり営業所が閉鎖されたりしており、そのまま働いていたら・・・と思うとゾッとする顛末を描いております。

従って今のところ私の人生の選択・判断は間違っていないものと。。。





思いたい。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/28(水) 00:34:30 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:10 -
  5. ↑TOPへ


どんより




なんだか精神状態が落ち着かなくてフワフワした感覚です。

先ほどまで色々と愚痴みたいな記事を書いていましたがそんな男は嫌われるのでアップするのはやめました。

金曜日の朝までほぼ徹夜状態で起きて日本代表戦を観てそれから昼過ぎまで寝たせいもあるのですが完全に生活リズムが1/4日くらいズレてしまいました。
そのせいもあって今日はなんだか眠れそうににもない日曜日になりそうです。
そうでなくてもそんな日曜日の夜は年に何回か訪れます。
過去の心の傷が自分の頭の中を支配してきます。
そして自分の将来に不安を感じます。
今晩は幸いにもW杯とカナダGPが僕にお付き合いしてくれそうですが。。。

でも来週からまた忙しくなりそうなのでちゃんと休養しなくちゃなぁとは思うのですが。。。
そんな無茶な責任感を持つのも精神衛生上よくないのでやめた方がいいとも思うんですけどね。



あぁぁヤバヤバ。
また愚痴モードに入りつつありますね。

もう今回はこれで打ち切りましょう。



今、したいこと。


『時間を気にせず気心が知れた仲間とくっちゃべりたい!』


  1. 2006/06/26(月) 00:15:19 -
  2. 雑談 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ


テポドン・・・テポドン・・・テポドン




カバティ・・・カバティ・・・カバティ・・・
に引っ掛けてみたけど全然違うね

1時間の仮眠だけのほぼ徹夜状態だから許してくださいな。
勢いに任せた3つ目の投稿です。

そういやテポドンって入力したら最初に『手歩丼』って変換したぞー!
どんなドンブリ物やねん!

さてさて、実は日本中がW杯観戦に集中している時間帯に密かに発射するんじゃないかって警戒していたんですよ。

幸いにもそれはなかったけどまだまだ全然危機は回避していません。
燃料注入完了が事実だとするならば遅かれ早かれ発射するんじゃないでしょうか。

ホントにやっかいな国です。
これほどおこちゃまな国も無いのでは?
言うとおりにならないとダダをこねるって。。。

さらにやっかいなのはこの国の技術力。
ミサイルの中の部品は日本製なんかを使っているという話ですが、所詮手に入れることができたのは我々一般技術者が手に入れることができる(秋葉原とかでも)ものと同じ程度の民生品の部品でしょう。

実際、防衛庁やNASAが採用しているような電気部品は精度や温度特性なんかが全然違うはず。
使用部品が安い上に技術力も信用していないのでやっかいなのです。

つまり彼らがもし本当に実験目的や威嚇目的で発射したとしてもその制御が狂って日本国土に着弾する恐れだってあるわけです。
だからロケット花火がどこに飛んでいくかわからないように、搭載した燃料の分の範囲にはどこにでも飛んでいく可能性があるということ。
まあそれは言いすぎだとしてもホントに未知の国なので全て想像の世界です。

アメリカのミサイル迎撃システムだってまだ未完成でしょ?
過去に行なった何回かの実験も失敗してたし。。。
ある意味、今回で実戦レベルでの実験が出来るかもしれないけど。
でもこれで失敗すると『迎撃ミサイルがあるから無駄なことはするなよ!』といった抑制効果がなくなってしまうことが恐い。

対岸の火事的な感覚でニュースを聞いている人が結構多いと思いますがかなりヤバイ状態だと思うわけです。
それだけ北の状況も切迫しているわけで。。。。




(注)私は軍事アナリストではありませんので、ちょっと技術をかじった一般市民の意見程度に読んでください。
  1. 2006/06/23(金) 07:55:20 -
  2. 雑談 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:1 -
  5. ↑TOPへ


あと2時間で・・・




イタリアチェコ戦の興奮冷めやらぬままに大作ブログを投稿してたらもう2時過ぎじゃん!

このまま4時まで起きているか?
とりあえず一眠りするか。。。?

早朝に各家々から絶叫が聞こえてくるのかと思うと今からワクワク

実はMIZZはしっかり有休取っていて準備バッチリです。

マスターズでもそんなことしないんだけどなぁ~
(ちょうど忙しかったからだけどね)
  1. 2006/06/23(金) 02:32:51 -
  2. スポーツ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


この夏、静岡のライブが熱い!




7月15日~17日、掛川市の『つま恋』ap bank fesが行なわれる。
もはやこれは周知の事実。

↓写真は今朝のめざましテレビでap bank fesについて語る桜井氏
P1000580.jpg



自分はfes自体には行かないが全国から集結するミスチルブロガー仲間のためにホスト役に徹底し、オフ会等の企画をする予定。

ライブから帰ってくるテンション高め(というかかなり高い!)の人たちにどう対抗しようか?が困ったところだが、そこは日中の休養充分で相手をしてやるぜ!

さて、そんな会場となった『つま恋』だが昨年も同様のイベントが行なわれているのでもはやその世界では有名になった。
だから昨年行けなかった人たちもDVDを見て感動し、今年こそはとつま恋詣でをする。

しかし、そんなつま恋も自分よりも上の世代の人たちにしてみれば違う印象を持っていることでしょう。

『あの伝説の・・・』という枕詞がつく・・・

『吉田拓郎の1975年のコンサート』

そして

『1985年のフォークフェスティバル』
(という名称で呼んでいいの?)

そもそもつま恋の伝説はここから始まっている。

ちなみに今年もその吉田拓郎やかぐや姫を中心としたライブがつま恋で予定されていて、それは9月23日。
さすがにap bank fesよりは鑑賞年齢層がグッと上に来るだろうがそんなことも考慮してか秋の彼岸の時期で身体にも優しい(笑)


さてさて、そんなつま恋も同じ県内とは言え、自分の家からは1時間強は掛かるであろうし、それほど頻繁に行く場所ではない。





しか~し! もう一つの伝説のライブ会場が身近にある。
浜名湖畔の『渚園(なぎさえん)』だ!

↓これは今朝の渚園を浜名湖大橋側から見た様子
P1000581.jpg




あれは確かMIZZが社会人になって一年目のことだっただろうか。。。
浜田省吾が
『日本の真ん中で大きな野外ライブをやるぜぃ!』
と言ったとか言わないとかで始まった渚園でのライブ。

ちょうどその日は高校の友人O君宅に別の友人K柳君と一緒に遊びに行ったのだが(アポ無しで)なんとそのライブに自転車で行っているとかで不在だった。
じゃあしょうがないということで帰ろうとしたのだがご両親の
「部屋で待っていればいいじゃん!」
というお言葉に甘えて、なぜかK柳君と一緒に他人の部屋で漫画を見たりして過ごした。
やがてお姉さんがジュースを持ってきてくれて相手をしてくれたのだが短パンに白いおみ足が眩しくて、まだ18歳のMIZZはドキドキしたなぁ。。。
そのお姉さん曰く
「あの子さぁ自転車で渚園まで行ったんだよー! 信じられない! 私が彼女なら行かないわー!」
とのことでした。
さて、やがてそんな彼が帰宅。
その傍らには恥ずかしそうに彼女が。。。
(まだ僕らには紹介されていない子だった)
無事な友人の顔を見た僕とK柳君は気を利かせて、そのまますぐに帰ったのだった。。。
(散々待った挙句に帰ってきたら帰るという不思議な展開)



お~っと話が昔話に逸れてしまいました。
それをキッカケに大きな野外ライブの会場としてアーティスト達にも知られたおかげでその後たくさんのアーティストが来ることになった。

1993年 B’z
1998年 サザン・オールスターズ
あと、米米クラブとか、堀内孝雄とか。。。


色々と調べているうちにわかったんだけどサザンファンもB’zファンも渚園のライブはかなり良かったー!って言ってるね。うんうん。

ちなみにMIZZはこれらのライブステージを全て見ています!
あくまでもステージですよ!
アーティスト自身は見ていません^^;
(堀内孝雄は見ましたー!)

何てったって渚園はMIZZの通勤路。
20年間通っているんですから、そりゃあ渚園のライブが行なわれる数日前からどのようにステージが組みあがっていくのかが毎日楽しみなんです。
ライブ本番3~4日前からは夜帰る時になると照明のチェックとかするのでどんな演出でやるのかとかわかっちゃうもんねー。


そんな楽しみな渚園ライブですが、今年も桑田サンが浜名湖畔でライブをやるというのを聞いて・・・
「えっ!? 出来るの?」と思ったのが最初の印象。

せっかくここまで伝説となっている野外ライブ会場ですが、数年前から敷地内に新しい施設が出来たおかげで今までの芝生エリアが狭くなってしまったんです。
だから同様規模のライブは出来ないはずなんだけどなぁ。。。
という理由。

だがよく聞けば若干違うらしい。

『浜名湖ガーデンパーク』

そう!浜名湖花博跡地であるこの会場で今年は行なうらしい。

8月26日,27日の2days

『THE 夢人島 Fes.2006 WOW!! 紅白! エンタの フレンドパーク Hey Hey ステーション …に泊まろう!』
(って長っ!!)

出演予定者
・サザン・オールスターズ
・福山雅治
・BEGIN
・ポルノグラフティ

ゲスト
26日
・加山雄三(渋い!)
・Dragon Ash

27日
・Mr.Children
・GLAY

スゴイねー!
こりゃかなりのファンがバッティングするわー。
チケット取るの大変だぞー。


早速ライブに行く気マンマンの遠方からのお客様へ。
先に言っておきますが弁天島駅から渚園までの倍以上の距離がありますので覚悟しておいてくださいね。
浜名湖ロイヤルホテルを起点として考えれば渚園と浜名湖ガーデンパークはほぼ同距離です。
(若干ガーデンパークが遠いかな)

またその内気が向いたら来場者に役立ちそうな写真をアップしていきます。
  1. 2006/06/23(金) 01:57:07 -
  2. エンタメ -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ


フォーティーン TB-1000 FORGED 試打




久しぶりにゴルフの話題でもしますか?
(いや!、これが本流のはず!)

ということで上級者の方なら気にならずにはいられない一品のご紹介です。

『FOURTEEN TB-1000 FORGED アイアン』

5月末に行きつけのショップの店長から一本のメールが携帯に入る。
内容は・・・
『フォーティーンのドライバーとマッスルバックアイアンのデモ品が到着しましたので見に来てください。数日の間に返しちゃいます』
とのこと。

そのメールが日曜日の夜に来た上にちょうどその頃は仕事も忙しくて平日の夜に行ける状態ではなかったのでそれは諦めていた。

ところがその翌週の週末にもメールがあり、返却を延長したとのこと。
それならばと翌日曜日に行ってみた。

そもそもフォーティーンと言えばウェッジが大人気だがあまり形が気に入らないのと、掛かりすぎるスピン、そしてあまりにも大人気だと使いたくないひねくれた性格なので使うに至っていない。

で、そのメーカーのドライバーやアイアンは『いい物だろうなぁ』という先入観はあるものの、あまりお目に掛かれる機会もなく、興味が沸くことも少ない。

ただし、ハッグーさんの『14本の仲間たち』を読んでいると世の中の市販クラブが最近だんだん信じられなくなってきたのも事実。
幸いにも自分の行きつけのショップは”いい仕事をする”のでリシャフト等には問題ないのだが、新品を買うとなると少しためらう。
そんな中で思いつくのはそのハッグーさんも尊敬する竹林さんのところで作ったものなら大丈夫なのではないか?ということだ。

しかし考えてみるとフォーティーンのドライバーは最近新しいものが出たのは雑誌の広告等で知っていたが、はて?なぜ今さらTB-1000なのか?と思った。
なぜならそのモデルはもう数年前からリリースされており自分も打ったことがある。

ところが実際に店に行ってみて事実が判明した。

前からあったのは
『TB-1000 PROTO TYPE』

今回のものは
『TB-1000 FORGED』
つまり軟鉄鍛造である。PROTOが何の素材なのかは忘れました。

もちろんPROTOを試打した時もいい打感であることは感じたのですが当時はマッスルなんて・・・という気持ちもあったのであまり気合いを入れて打ちはしませんでした^^;

さて、では顔をお見せしましょう。

<バックフェース>
P1000551.jpg


<9番>
P1000553.jpg


<PW>
P1000554.jpg


実にいい顔をしています。
ネック周りの処理といい、厚すぎず薄すぎないトップライン、フェース高さがあり丸みがあるのでかなり小ぶりに見えるがそうでもない大きさ。

ちなみに先日絶賛したタイトリスト660はこんな感じ。
まぁこれもこれで私が惚れただけあっていい顔ですが。。。
P1000564.jpg

P1000565.jpg


660は未だに打ったことが無いのである意味損していますが、このTB-1000の打感は秀逸です。
これぞマッスルって感じ。
9番とPWだけではありますがサイエンスアイでの計測でも『真っ直ぐにしか飛びませんでした。』もう少しフェード回転してもいいはずなのに・・・
確かに”飛びません”がそれをこのモデルに求めてもしょうがないのでそこは触れずにおきましょう。

660の減点ポイントはシャフトがそれほど選べないということ。
(それでもだいぶ増えましたが・・・)
そして3~PWの8本セットでしか売らないこと。
多少の我慢や妥協が必要になってきます。

そこで浮上したのが再びMIZNO MP-32。
ミズノのオーダーシステムなら結構選択肢がありそうです。
打った感じも最高レベルだったし。

そんな気持ちになっていたところに今回のTB-1000。
聞けば標準シャフトとの差額だけでどんなシャフトでも応じてくれるだろうということです。
しかも何本からでもOK。(3I要らないし・・・)
無駄が出来たり、後からリシャフトしたりしなくてもいいのである意味お買い得かもしれません。
超大手メーカーではできない心づくしに惹かれます。



ドライバーを決めなければいけないのにアイアンに大本命が出来てしまいました。

どうする?俺?

こんなスランプ状態の時に替えていいのか?
(アイアンは悪くない・・・)
  1. 2006/06/21(水) 21:48:04 -
  2. ゴルフ用品 -
  3. トラックバック:2 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


本ブログ 2大検索ワード




私自身は毎日記事を書いているわけではないのですが出張等で家にいない以外はお気に入りのブログの方のところへ訪問してコメントは残しています。

そして忘れたり24時を過ぎてしまわない限りはアクセス解析を見に行って自分のブログにどんな検索ワードで訪問していただいたのかを気にしています。
時々、
『なんでそんな組合せのキーワードなの!?』
っていう小さな驚きがたまりません。
色んな情報を調べている方がいるものですね。

さて、そんな検索ワードの中でも
『X-DRIVE』
『赤マナ・青マナ』
『タイトリスト660』
などが多いのですが青マナを除いては実際に使っているわけではなく、試打程度の情報しかご提供できずに申し訳なく思っています。

あと、
『日本社会人ゴルフ選手権』
も予選が各地で始まったせいか、最近また増えてきました。
決勝会場である『浜松シーサイドゴルフクラブ』の攻略情報については昨年の情報からさらにパワーアップしたいとは思っております。
10月の決勝大会までにはなんとか。


しかし、特徴的な検索ワードは
『R35』
『手の指の痺れ』
です。

ということでそれらの追記情報をここで。


☆『R35』
いきつけのショップから得た情報では先月に主に女性向きとして現行のR35よりも短くて軽いモデルが発売されたようです。
私的にはあの重さと長さが絶妙ではないかと思うのですが確かに35インチでは背の低い女性にはやや長く、(グリップ幅が長いので大丈夫なような気もしますがそこはやはり最適化してあげたいですしね)重過ぎるきらいもあったようです。

そこでやや短く、やや軽いモデルが出る(出た)ようです。
どうやら32インチくらいのようですがそれをR32というかどうかは知りません^^;
(R35はロフトも35度だしね・・・)

私自身そのモデルの実物は見たことが無いし、PRGRもあまり積極的に宣伝していないようなので(R35も)知らない方も多いのではないかと思いますが、女性の方や短いパターをお使いの方は是非、そこいらも考慮してみてください。


☆『手の指のしびれ』
これは秋~冬にかけて頻繁に発症していたのに比べるとだいぶ回数が減りましたが最近、再発しました。
私の場合は仕事が忙しくなってきたのも要因の一つであり、その中でも設計や仕様書作成などのPC作業が多い時に発症していますが、トリガー(きっかけ)となっているのはやはり『ストレス』のような気がします。
ただ忙しいだけではそれほどの確立では発症しませんが、
『この、クソ忙しい時に~!!』
というようなストレスを感じることを体感すると100%発症します。

しかしながら前回に発症した時は大きな病院の『神経内科』に通院しましたが、その先生の説明は図も使い、理路整然としていて、なぜ、そこが痺れたり痛くなったりするのかがよくわかりました。

5本の指の中でも、『どの指の?』『全体なのか?』『片側側面だけなのか?』というところを正確に自分で把握してから病院に行くことをお勧めします。
それで、その関連性から納得できる説明を導き出せない先生はやめておいてもいいと思います。

身体のことは心配でしょう?
もし、私で良ければ遠慮なくコメント欄でご質問ください。
  1. 2006/06/20(火) 00:12:58 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


いつの間にやら『道の駅』




自分の家から東方面に出掛ける際には目的地が中・北部だったり高速道路に乗るほどの遠距離でない限り浜名バイパスを常用する。
しかも数年前から無料化されたのでその便利さは秀逸だ。
へたげに浜松市民を気取ったりしている浜松北部の住民よりも東海道線沿いということも相まって便利ではないかと思っている。

で、問題は潮見バイパスから乗っていくか、国道1号線の潮見坂を降りてから浜名バイパスに乗るか。。。?
ヒジョーに微妙な距離である。

潮見バイパスが開通してからというもの、少しでもバイパス区間を走った方が早いだろうとのことでそちらを選択していたのだが、1車線ゆえに遅いトレーラーの後ろなんかに付いてしまうとペースを落とされる。
なので、ここ最近半年くらいは潮見坂から乗ることを常としていた。

ちなみにナビの指定は潮見坂ルートです。
やはり潮見バイパスルートは遠距離みたい。




そして先月になって西側に少し用事を済ませてから東へ向かう用事があったので久しぶりに潮見バイパスに乗ってみた。
そうしてR42号線の下を走るトンネルをくぐると、やがて海が見えてきます。
(もちろんこれは昔からそうです)

P1000546.jpg


風が強いので視界が鮮明になることは地元の私でも滅多に見ることはないですがこれはこれで太平洋の広さを感じることができるいい景色です。
ただし横風が強いし微妙に長い下り坂、そして坂やトンネルの影響で車間距離が詰まりやすいので注意してくださいね。

そしてさらに進んでいくと・・・
P1000547.jpg


P1000548.jpg


やがて左側へ切れていく車線が見えてきました。
な・な・なんだ。。。。?
と慣れているだけに動揺していると・・・・













ドライブインが見えてきました~!!

P1000549.jpg


いわゆる今で言うところの道の駅ですね。
確かに道路の外で工事をしているのは知っていましたが工場とか、道路とは関係ない施設だと思っていました。
もちろん道の駅がこの辺に出来たのも知っていたのですがそれはR42号線沿いにあるドライブイン潮見がリニューアルしたものだと思ってました。

地元ゆえにこんなところにある位置の施設に寄ることはないですからね~
それならとっとと家に帰るし。。。



結構、立派な施設です。
P1000550.jpg




でも実際のところ、浜松の人を連れて西側へ出かけ、そして浜松へ送っていこうと思うと豊橋~浜松間にはそれらしいドライブインが無いことを不便に思っていました。
それはもう20年間。

R1沿いにはそれなりにドライブインと名乗る施設は昔からありますが食事をすることが主で、ちょっとトイレ休憩というわけにはいかないものでした。

最近ではその役割をコンビニが果たしてくれていますが。。。

ですが、バイパスを通っていこうとするとそれも出来ません。

そういった意味でもこの道の駅はかなり重要な役割を果たすと思っています。
ただし下り車線からは入れず上り専用なので気を付けてください。
まあ有料道路ではないのでちょっとぐるっと周ればいいことですが。

あっそれから、この施設は下の道からも利用できます。
結構地元の人が話のネタに訪れているようです。
本線駐車場よりも下道用駐車場の方が混んでいたりします^^;
  1. 2006/06/16(金) 23:41:41 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:6 -
  5. ↑TOPへ


携帯マナー




愚痴ついでに普段感じている不満を・・・




『携帯電話のマナーについて』


このテーマで世の中でいつも言われていることは




『最近の若者のマナーといったらなっとらん!』

みたいなことですよね?


しかし、本当にそうでしょうか?


若者とはとても呼んでもらえず、かと言って中年の仲間には入れてほしくない私たちナイスミドル(ナイスは余分?)から見て言わせていただくと


『新幹線の中でバイブにせず着信音を響かせて僕の眠りを邪魔するやつはみんなオッサンだー!!』




はっきり言って若者はすぐさまバイブにしている。
バイブにしっぱなしの人も居るだろう。。。
新幹線の中で音を鳴らしてしまったこと自体を恥じることだろう。



しかし、どうだ? オッサンたち?
もしかしてバイブにする方法すら知らないんじゃないの?
それくらい勉強しようよ、携帯持つなら。
それがわからないならいっそのこと電源切ろうか?



まぁ百歩譲って、バイブに設定しておくのを忘れたとしよう。
でも、そうやって着信音を鳴らしながらデッキに向かっていくオッサンに限って30分置きくらいに電話が掛かってくる。
そして2回目以降も音を鳴らしたままだ。
どうなってるの?
何も感じないの?


どう見ても仕事が出来る人には見えてこないのは私だけ・・・?
  1. 2006/06/14(水) 22:37:27 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


出張




月曜日から本日まで関東方面に出張行ってました。

毎日記事を書いている人なら
「あれっ!?今日はMIZZさんどうしたのかなぁ~」
なんて心配もしてもらえそうですが私の場合はね~(大汗)

そもそもうまくいけば日帰りだな。。。くらいのつもりで行ったのですが2泊3日というこの有り様。。。orz

だから日本vsオーストラリア戦も狭いビジネスホテルの中で独りで観戦。
歩いていける距離をタクシーを飛ばしてキックオフの瞬間にギリギリ間に合った~!!

注:このビジネスホテルは日本各地色々と泊まった中でも最狭の広さなんです。
ある意味、ベッドの上から何でも届くけど。。。





最近、儲からないけど難しい仕事が多いです。
仕事が欲しいから技術部隊も営業部隊も見積りを安めにして注文を取っちゃうのですが結局のところやっている仕事はおんなじだから損する量が増えるだけ。

まぁそれでも暇で人が余っている状態なら遊ばせておくわけにもいかないのでそれもアリだけど忙しくなってその仕事にあてがう担当者が居ない状態ならそれに比例して金額もアップしないもんかねぇ

「ハイハイ! 今、一番高い注文書を出してくれたメーカーの仕事をやるよ!」
ってな具合に。

10年前はそんな感じだったような気もする。。。
いわゆる『殿様商売』ってやつね。

周囲の好景気を尻目に貧乏暇無し状態。。。。




日本敗戦のショックからか愚痴っぽくなってきたので今回はここら辺で。
  1. 2006/06/14(水) 22:17:54 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


W杯開催の夜




金曜日の夜からサッカーW杯が始まりましたね。

ゴルフW杯を見に行った時も「おもしろそうだ」くらいの気持ちで行ったけど実際に見たらホントにおもしろくて4日間(いや練習日含めて5日間)行けば良かったと後から後悔したくらいです。

なのでホンマのサッカーファンにはたまらない一ヶ月になることでしょう。

私もサッカー観戦は大好きですが実際にスタジアム観戦をするほどでもなくTV観戦がもっぱらです。
Jリーグにおいても会社の中ではエスパルス派とジュビロ派に分かれるのですが私の場合は『そのシーズンで強い方』を応援しています。
何しろ『日本代表ファン』なので。。。
(応援への思い込みが単純でいいでしょ)

そういうレベルなのであまりサッカーのことを語ったところでボロが出てしまうのであまり語らないようにはしたいとは思いますが、開幕戦のドイツvsコスタリカ戦はいきなりのドイツのキレのいいシュートからの得点で始まってコスタリカがすぐに返すという展開で得点シーンも豊富で眠気も覚ますおもしろい試合でした。

実はそんな興奮するような夜には久しぶりに女の子と空が明るくなってくるまで時間を過ごしてしまいました。(注1)
そして翌日はスッキリ! (注2)


その後の試合ではトリニダード・トバゴvsスウェーデンの試合が無得点ながらお気に入りに試合でした。 
トリニダード・トバゴのキーパーの反射神経スゲエなぁ
スウェーデンもこれが初戦じゃなければもう少し違う展開だったかもしれないが、そんな予想も付かないのがW杯のおもしろいところ?
むしろ予備知識や先入観がない私ら素人の方が直感的に楽しめる?



[W杯開催の夜]の続きを読む
  1. 2006/06/11(日) 14:36:08 -
  2. 日常 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


梅雨入り




先日から東海地方も梅雨入りしました。

P1000567.jpg


ですがこの週末はなんだか天気がいいという予報。
梅雨入り直後に『中休み』だって。
オイオイ休み過ぎ!
おばちゃんのハイキングじゃないんだから!
(↑失礼しました。最近のおばちゃんは元気にハイキングしてますね^^;)

ところがホントに天気予報とはアテニならないものでして、今日なんか普通に午後雨が降っていましたよ。
まぁそれほど長くは降らなかったけど。
ちょうどその頃外出してたんだけど電車から降りてくる人達はみんな傘を持っておらず濡れていました。
そりゃぁ朝にあの予報見て出掛けようとしたら傘は持たないよな~
かわいそうに。

とにかく私がゴルフの予定を入れていないんだからいつ雨が降ってもおかしくないんですよ!皆さん!

梅雨は早く終わってほしいけど水不足というものに過敏に反応する私は降るべき時には降ってほしいと願います。


<6月11日追記>
ほら、やっぱり今日も予報に反して雨模様です。
私が気が乗らなかったのに浜北森林ショートコースを予約してしまったKare_oojiさん、無事なのでしょうか?
  1. 2006/06/10(土) 21:19:24 -
  2. 日常 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


ひと区切り




大変ご無沙汰しておりました。
前回の投稿の時期には既に始まっていた今回の地獄。
仕事を短納期で済ませなければいけないのでこんな事になるわけです。
まぁ普通に済めばそこそこのペースでいけるものが、色んなトラップが仕掛けられているわけで。。。

それでも最初の時期はまだ余裕もあるので『疲れたなー』と思ったら早めに帰宅していたりしていたわけですが、そのツケは全て自分に跳ね返ってくるのがうちの仕事のシステム。
逆に言えば後で自分で取り戻す気があるなら有休を取っても構わないということにもなり、ある意味予定は立てやすい。
とは言ってもそれは仕事量に余裕があるうちの話であり、絶対的な量がある場合はそんなことは言っていられず毎日残業をしなくてはこなせなくなるわけだ。

この1週間でも、出来るだけ飲まないようにしていたスタミナドリンクも3本ほど飲んでしまった。
普段飲まないようにしている分だけ飲めば効くのだが自分としては『体力の前借り』だと思っているので連戦には向かない。

ちなみにうちの部署ではスタミナドリンクを飲む行為を『ドーピング』と呼んでいます(笑)

さて、3週間~1ヶ月の間、私を悩ませてきた装置は晴れて本日出荷となりました。
本来であれば出荷した翌日は送った客先でシステムの立ち上げ作業を行なわなければいけないのですが今回の場合はお客さんの意向でそれを来週月曜日から行なうことになったのでとりあえずピリピリムードから多少開放されました。
(とは言ってもまだ完全に終わっていないので複雑なのですが・・・)
まぁそれはまた日曜日の夜にドンヨリすればいいことなので今週末はα波をビンビン出していきたいですね。

実際にはその後にすぐ仕事が入っているので全然のんびりしていられないのですが、それはその時になったら考えるということをしないと身体が持ちましぇん。

あっそうそう。
何を書きたかったかと言えば、そんなひと区切りになった私のところへ同時期に一緒に深夜や休日にがんばってきた同僚と一緒に今日はメシを食いに行ってきました。
実は昨日の夜12時にも一緒にマックしてましたけど・・・汗
あっ浜松西IC前のマックは24時間営業になったんですね~
営業的に大丈夫か?という心配は私がすることではありませんが、結構ドライブスルーは並んでいたし便利なのはいいことなので歓迎です。

え~っと話を戻しまして今日のメシは昨日のマックとは違い奮発しましたよ。

『うなぎ』

です。

毎日浜名湖上を通勤する私ですがうなぎってそれほど専門店で食べるものでもありません。
今回は会社から程なく到着する『うな吉』というお店に行きました。

ただ近いから行ったわけではなく浜松の中でも旨いと評判のうなぎ屋の一つが近くにあるっていうところが大事です。

P1000569.jpg


私は初めてでしたが一緒に行った同僚は絶賛のお店です。
観光バスで遠方から食べに来る人もあるみたいです。
諸見里しのぶのサインもありました。
日付からするとグランディ浜名湖でリゾートトラストレディスが行なわれた時に来たみたいですね。

味はさすがに『炭火焼』を前面に推しているだけあってとても炭の香りと香ばしい味がします。
同僚の「あそこはおいしいよ」という言葉に対して自分はどこまで差がわかるものだろうかと考えていましたが、これは意外なところにパンチを打たれました。
表(裏?)は『ふっくらジューシー』で反対側の皮の方は香ばしさが溢れます。
店の人の対応も非常に丁寧です。

ちなみに上の写真は

『うな重 上』  大盛り

です。

¥2,605なり~


うなぎはスタミナ食の代表のように言われますが、確かそれほど太らない成分だったとどこかで読んだような。。。
この夏はうなぎで乗り越えよう!


<6月9日追記です>

この事実が今日の社内で広まり(そんなに問題なことか?)2~3人の方から
「なんで、一声掛けてくれなかったのー!!」
と怒られました。
オイオイそんなに人気の店なのね。

ちなみにそれらの人の話では、ここの店のうなぎは関西風。
私も宣伝上『ふっくらジューシー』などと書きましたが他の浜名湖周辺の店と比べると実際はそれほどでもなかったりします。
その理由は蒸らさずにさばいて一気に焼き上げるからだとか。
だから私たちが行った時は木曜日の6時台なので空いていたので注文から20分ほどで出てきましたがいつもは1時間くらいかかる時もあるらしいです。
それは蒸らす手法とは違って作り置きが出来ないかららしい。。。

ということでさっきまで泳いでいたうなぎを一気に焼き上げるうなぎを一度はご賞味あれ。
  1. 2006/06/08(木) 23:46:06 -
  2. 日常 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:8 -
  5. ↑TOPへ


MIZZ

05 | 2006/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。