Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


テポドン・・・テポドン・・・テポドン




カバティ・・・カバティ・・・カバティ・・・
に引っ掛けてみたけど全然違うね

1時間の仮眠だけのほぼ徹夜状態だから許してくださいな。
勢いに任せた3つ目の投稿です。

そういやテポドンって入力したら最初に『手歩丼』って変換したぞー!
どんなドンブリ物やねん!

さてさて、実は日本中がW杯観戦に集中している時間帯に密かに発射するんじゃないかって警戒していたんですよ。

幸いにもそれはなかったけどまだまだ全然危機は回避していません。
燃料注入完了が事実だとするならば遅かれ早かれ発射するんじゃないでしょうか。

ホントにやっかいな国です。
これほどおこちゃまな国も無いのでは?
言うとおりにならないとダダをこねるって。。。

さらにやっかいなのはこの国の技術力。
ミサイルの中の部品は日本製なんかを使っているという話ですが、所詮手に入れることができたのは我々一般技術者が手に入れることができる(秋葉原とかでも)ものと同じ程度の民生品の部品でしょう。

実際、防衛庁やNASAが採用しているような電気部品は精度や温度特性なんかが全然違うはず。
使用部品が安い上に技術力も信用していないのでやっかいなのです。

つまり彼らがもし本当に実験目的や威嚇目的で発射したとしてもその制御が狂って日本国土に着弾する恐れだってあるわけです。
だからロケット花火がどこに飛んでいくかわからないように、搭載した燃料の分の範囲にはどこにでも飛んでいく可能性があるということ。
まあそれは言いすぎだとしてもホントに未知の国なので全て想像の世界です。

アメリカのミサイル迎撃システムだってまだ未完成でしょ?
過去に行なった何回かの実験も失敗してたし。。。
ある意味、今回で実戦レベルでの実験が出来るかもしれないけど。
でもこれで失敗すると『迎撃ミサイルがあるから無駄なことはするなよ!』といった抑制効果がなくなってしまうことが恐い。

対岸の火事的な感覚でニュースを聞いている人が結構多いと思いますがかなりヤバイ状態だと思うわけです。
それだけ北の状況も切迫しているわけで。。。。




(注)私は軍事アナリストではありませんので、ちょっと技術をかじった一般市民の意見程度に読んでください。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/23(金) 07:55:20 -
  2. 雑談 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:1 -
  5. ↑TOPへ


あと2時間で・・・




イタリアチェコ戦の興奮冷めやらぬままに大作ブログを投稿してたらもう2時過ぎじゃん!

このまま4時まで起きているか?
とりあえず一眠りするか。。。?

早朝に各家々から絶叫が聞こえてくるのかと思うと今からワクワク

実はMIZZはしっかり有休取っていて準備バッチリです。

マスターズでもそんなことしないんだけどなぁ~
(ちょうど忙しかったからだけどね)
  1. 2006/06/23(金) 02:32:51 -
  2. スポーツ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


この夏、静岡のライブが熱い!




7月15日~17日、掛川市の『つま恋』ap bank fesが行なわれる。
もはやこれは周知の事実。

↓写真は今朝のめざましテレビでap bank fesについて語る桜井氏
P1000580.jpg



自分はfes自体には行かないが全国から集結するミスチルブロガー仲間のためにホスト役に徹底し、オフ会等の企画をする予定。

ライブから帰ってくるテンション高め(というかかなり高い!)の人たちにどう対抗しようか?が困ったところだが、そこは日中の休養充分で相手をしてやるぜ!

さて、そんな会場となった『つま恋』だが昨年も同様のイベントが行なわれているのでもはやその世界では有名になった。
だから昨年行けなかった人たちもDVDを見て感動し、今年こそはとつま恋詣でをする。

しかし、そんなつま恋も自分よりも上の世代の人たちにしてみれば違う印象を持っていることでしょう。

『あの伝説の・・・』という枕詞がつく・・・

『吉田拓郎の1975年のコンサート』

そして

『1985年のフォークフェスティバル』
(という名称で呼んでいいの?)

そもそもつま恋の伝説はここから始まっている。

ちなみに今年もその吉田拓郎やかぐや姫を中心としたライブがつま恋で予定されていて、それは9月23日。
さすがにap bank fesよりは鑑賞年齢層がグッと上に来るだろうがそんなことも考慮してか秋の彼岸の時期で身体にも優しい(笑)


さてさて、そんなつま恋も同じ県内とは言え、自分の家からは1時間強は掛かるであろうし、それほど頻繁に行く場所ではない。





しか~し! もう一つの伝説のライブ会場が身近にある。
浜名湖畔の『渚園(なぎさえん)』だ!

↓これは今朝の渚園を浜名湖大橋側から見た様子
P1000581.jpg




あれは確かMIZZが社会人になって一年目のことだっただろうか。。。
浜田省吾が
『日本の真ん中で大きな野外ライブをやるぜぃ!』
と言ったとか言わないとかで始まった渚園でのライブ。

ちょうどその日は高校の友人O君宅に別の友人K柳君と一緒に遊びに行ったのだが(アポ無しで)なんとそのライブに自転車で行っているとかで不在だった。
じゃあしょうがないということで帰ろうとしたのだがご両親の
「部屋で待っていればいいじゃん!」
というお言葉に甘えて、なぜかK柳君と一緒に他人の部屋で漫画を見たりして過ごした。
やがてお姉さんがジュースを持ってきてくれて相手をしてくれたのだが短パンに白いおみ足が眩しくて、まだ18歳のMIZZはドキドキしたなぁ。。。
そのお姉さん曰く
「あの子さぁ自転車で渚園まで行ったんだよー! 信じられない! 私が彼女なら行かないわー!」
とのことでした。
さて、やがてそんな彼が帰宅。
その傍らには恥ずかしそうに彼女が。。。
(まだ僕らには紹介されていない子だった)
無事な友人の顔を見た僕とK柳君は気を利かせて、そのまますぐに帰ったのだった。。。
(散々待った挙句に帰ってきたら帰るという不思議な展開)



お~っと話が昔話に逸れてしまいました。
それをキッカケに大きな野外ライブの会場としてアーティスト達にも知られたおかげでその後たくさんのアーティストが来ることになった。

1993年 B’z
1998年 サザン・オールスターズ
あと、米米クラブとか、堀内孝雄とか。。。


色々と調べているうちにわかったんだけどサザンファンもB’zファンも渚園のライブはかなり良かったー!って言ってるね。うんうん。

ちなみにMIZZはこれらのライブステージを全て見ています!
あくまでもステージですよ!
アーティスト自身は見ていません^^;
(堀内孝雄は見ましたー!)

何てったって渚園はMIZZの通勤路。
20年間通っているんですから、そりゃあ渚園のライブが行なわれる数日前からどのようにステージが組みあがっていくのかが毎日楽しみなんです。
ライブ本番3~4日前からは夜帰る時になると照明のチェックとかするのでどんな演出でやるのかとかわかっちゃうもんねー。


そんな楽しみな渚園ライブですが、今年も桑田サンが浜名湖畔でライブをやるというのを聞いて・・・
「えっ!? 出来るの?」と思ったのが最初の印象。

せっかくここまで伝説となっている野外ライブ会場ですが、数年前から敷地内に新しい施設が出来たおかげで今までの芝生エリアが狭くなってしまったんです。
だから同様規模のライブは出来ないはずなんだけどなぁ。。。
という理由。

だがよく聞けば若干違うらしい。

『浜名湖ガーデンパーク』

そう!浜名湖花博跡地であるこの会場で今年は行なうらしい。

8月26日,27日の2days

『THE 夢人島 Fes.2006 WOW!! 紅白! エンタの フレンドパーク Hey Hey ステーション …に泊まろう!』
(って長っ!!)

出演予定者
・サザン・オールスターズ
・福山雅治
・BEGIN
・ポルノグラフティ

ゲスト
26日
・加山雄三(渋い!)
・Dragon Ash

27日
・Mr.Children
・GLAY

スゴイねー!
こりゃかなりのファンがバッティングするわー。
チケット取るの大変だぞー。


早速ライブに行く気マンマンの遠方からのお客様へ。
先に言っておきますが弁天島駅から渚園までの倍以上の距離がありますので覚悟しておいてくださいね。
浜名湖ロイヤルホテルを起点として考えれば渚園と浜名湖ガーデンパークはほぼ同距離です。
(若干ガーデンパークが遠いかな)

またその内気が向いたら来場者に役立ちそうな写真をアップしていきます。
  1. 2006/06/23(金) 01:57:07 -
  2. エンタメ -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ


MIZZ

05 | 2006/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。