Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


ERCⅢ 乱れ打ち




先だっての日曜日。

私がゴルフショップに希望していた通りERCⅢのカスタムシャフト仕様の試打クラブが到着しました。

金曜日の夜にはメール&商品が入っていたのですが土曜日は弁天島の花火大会ということもあり、まさにその地域を行き来しなければショップに行けない私はみすみす渋滞および交通規制の真っ只中に突入する必要もあるまいと思い、土曜日は断念して日曜日にした次第。。。





さぁてとー!打ちまくりますか!?


ずらりと並んだ対象5本。
P1000593.jpg




左より
①10.5度 標準シャフトSR
② 9.5度 標準シャフトS
③ 9.5度 PT-6
④ 9.5度 赤マナ63
⑤ 9.5度 青マナ63

P1000589.jpg



実のところ、今までも標準シャフトの左2本と11.5度のRも含めて散々打ってきたのですがロフトは10.5度がいいのでは?と絞れてきました。
へたをすれば11.5度でもいいかと思ったくらい。
(注)私のH/Sは44~47m/s

やっぱりロフトが多い方が無理して上げようとする意識も減り、積極的にフェースをターンしていけそうだからです。
そしてそのように打つとただでさえ低い球がさらに低くなりそうなところをロフトがしっかりと持ち上げてくれます。
しかもどちらかと言えばトップ気味のミスの方が多い私のミスを許容してくれます。
(注)私はフェードヒッターであまりフェースはターンさせず面を作って打っていくタイプです。ゆえに捕まりが悪く右にふけるのが最近の傾向です。


ロフトは決まったので後はしっかり系のシャフトで弾道がどのように変わるのかを確かめてみたかったのです。
標準設定では9.5度しかないのでそこはしょうがないのですが、今回はシャフト選択が主目的です。

しかしながら実は標準のSRシャフトも結構お気に入りだったりします。
あのタイミングに慣れてしまったらしなり感が気持ち良くなってきちゃいました。
ただ若干コントロール性に欠けるのでやはり狙えるシャフト選びをしたかったわけです。


それではそれぞれの感想などを・・・


やはり球は上げやすい。
慌てて打たなければH/Sを上げてもちゃんと戻ってきてくれる。
捕まりはすこぶるいい。
左めに飛んで珍しくドロー回転する。
トップ目でも10~15%程度の飛距離ダウンで収まる。
フェードが打ちにくい。

以降①を基準とした場合

上下のミスにはやや厳しい。
完璧に捉えれば最高の距離が出るが平均点は低い。
球はややドロップ気味で最近のスピンが少ない系の球や雨の日だと辛そう。
しかし当然ながら③,④,⑤よりは易しい。


④,⑤と比べて一番素直にしなってくれて自分としてはタイミングも取りやすい。
方向性も一番良かった。
フェースをローテーションさせてもさせなくてもコントロールできてフェードも一番打ちやすい。
若干だが硬いという印象。
もうちょっとルーズでもいいかも。


⑤より打ちやすく③より劣る。
ドロー打ちをしていくならちょうどいいタイミングかも?
ダブルキックと言われているがM-65ほどは感じない。


やはり硬い感がある。
自分のS73同様当たればいいが捕まりにくい。
左には絶対行かない。
フェード狙いすると真っ直ぐ出て右にふけてしまう。
無理に捕まえにいくと余計に左から右に大きく曲がる球になる。


③,④,⑤を打った後に①,②を打つとやはり軽い分だけトップ目になります。
やはり最低でも315gは欲しい。
(注)①,②は300g程度。③,④,⑤は307g前後。

①や②は慣れて何回も振っているうちはいいのだが、いざ本番で早い切り返しをしてしまった時にはプレーンから外れて挙動が乱れそう。

③,④,⑤の中では③のPT-6が一番好印象。
特徴が無いと言えば無いのだがどんな調子の時でも合いそう。
しかしやはりややチップ部分が硬いのが気になる。
でもそれがコントロール性の源なのだろうが。。。
できればSRでもいいかも?
(しかしキャロウェイはそんなカタログ外オーダーは一切受け付けてくれません!)

まあSでも振れないことはないのでPT-6を使うことを前提に他のヘッドを打ってみました。
本当にPT-6がいいのかを見極めるために。


まずはViQ。
クラブが軽い、特にヘッドが軽いので余計に硬く感じます。
しかも軽い分だけトップ目でミートできません。

次にX-DRIVE435。
実はERCⅢの標準シャフトを打っていた時、435の打感は秀逸なのだが芯が無さ過ぎる感じがして、それよりはやや硬い打感のERCⅢの方が自分の好みだと思っていたのですがPT-6等を打ってみると自分の好みよりも硬く感じるようになりました。

そうなってくると今度は435の方が好みの打感。

しかも打ってみてビックリ!
フェード系のストレートボールがバンバン出ます。
重量が320gあってD2なのが影響しているのでしょうか?


そこでハッと目が覚めました!

今までERCⅢを打ってきて、ドロー気味の回転がかかってやや左めながらも飛距離が出て喜んでいたのだが実際にコース上でそんな方向に飛んでいってしまったらコースマネージメントできません。
やばいやばい。
飛距離優先モードに陥っていました。

そう考えると狙いと一致しているのは435の方。

ヘッドも決まってロフトも決まったのにシャフトとの組み合わせで出直しです。

でも2回連続でドライバー選択にミスは出来ません。

もう少しPT-6同士でERCⅢとX-DRIVE435を打ち比べてみたかったのですがもう体力も落ちて本来の自分のスイングが出来なくなってきたのでその日は終了。
また別の日に検討してみます。

ここにきてかつてNGを出した435に再び脚光が当たるとは。。。
しかもBSならPT-6にこだわらなくてもほとんどのシャフトを入れてくれるし、好みの一本に仕上げるにはもってこいだ。

さあどうする?
夏はすぐそこ。



スポンサーサイト
  1. 2006/07/06(木) 23:26:13 -
  2. ゴルフ用品 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


MIZZ

06 | 2006/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。