Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


今月出会った名車たち




今月はついデジカメを構えたくなるようなシーンに何回か出くわしたのでここらでまとめて一挙公開!
(もったいないから小出しにしてもいいけどまぁいいや)

①11/9
部署の宴会会場となった某タワーの地下駐車場で発見。
浜松の場合、この手のスーパーカーに乗っているのは競艇選手だったりする可能性も高いらしい。
自分がフェラーリ乗るならやっぱフェラーリレッドがいいけど、実用を考えたら(そもそも実用を考える車じゃないか。。。?)このようなシルバーグレイも渋くていいですね。
さすがにいい艶してます。

さて問題です。
この車の型式(モデルNo.)は何でしょうか?
P1010418b.jpg



②11/10
ゴルフの帰りに自分の前を走っていた車です。
ワーゲンのトラックと呼べばいいでしょうか?
自分の車(1ナンバー)に匹敵するくらい横幅デカイです。

さて問題です。
この車の年式は西暦何年でしょうか?
P1010437b.jpg



③11/23
先日の津CCに行く途中のSAで見つけたインプレッサ軍団です。
この4台の他にもインプがぞろぞろ居ました。
しかも全部青!(笑)しかも同じように555仕様のカラーリング!
VIVIO軍団もあったのでSUBARUのミーティングかと思いましたがランエボ軍団も居たので何か競技か走行会かな?

さて問題です。
このSAはどこのSAでしょうか?
20061127231850.jpg



④11/23
③と同じ場所です。
さすがに軍団ではいませんでしたが明らかに異彩を放つ車が一台。
実は幼き日のスーパーカーブームの時でもフェラーリ512BBやイオタなんかも好きでしたが、当時の王道であるカウンタックはそれほど好きではありませんでした。
(実物見ると物凄い迫力だけどね)
そんなマニアックなMIZZ少年が一番好きだったのがコイツ。
ランチャ・ストラトス。
しかもカラーリングが最高!
当時の記憶そのままです。
だから興奮気味にすぐ横に停めてしまいました。
そして撮りまくり。
そうだなぁ~
もし有り余るお金があって趣味の車にはしるならこいつが欲しいかも。

さて問題です。
そんなランチャ・ストラトス大好きなMIZZ少年は下記のうち、どのランチャを持っていたでしょうか?
A.プラモデル B.ラジコン C.ミニカー D.下敷き
20061127233120.jpg

20061127233146.jpg

P1010475.jpg

P1010473.jpg

P1010474.jpg

P1010476.jpg

P1010477.jpg

P1010478.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/11/29(水) 21:12:05 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:13 -
  5. ↑TOPへ


僕の音楽生活に多大な影響を与えたグループ




(最初に断っておきますが、今回の記事はいつものゴルフネタよりさらにマニアックでっせー)


先週のこと。
帰宅して新聞を眺める。

当然ながら(恥ずかしながら)一面ではなくTV番組欄から見るのが僕の見方。
そして1枚めくって『コボちゃん』を見る。
そしてその面の下の方に目をやり、個人の尋ね人欄や各企業からのお知らせ(リコールなど)の欄を見る。
そしてその欄の周辺には色んなアーティストのライブの告知がされている。
田舎暮らしの僕にはあまり関係ない情報なのだが、時々懐かしい外タレが来日公演することが載っていて嬉しくなったりする。

しかし、今回ばかりは思わず声を上げてしまった。

『ASIA』


このスーパーグループに僕が出会ったのは83年。
今でこそ当たり前となったCDが出始めた頃。
当時はハードもソフトもまだ高嶺の花で中学生の自分に買える代物ではなかった。
そんな中でTVから流れていたSONYのCDプレイヤーのCM。
その時にバックで流れていたのがASIAの『Don’t Cry』だった。

小学校時代からビートルズ、カーペンターズなどを聴いていたので洋楽に対して何の抵抗もなかったが、いわゆる後から言われるようになる『80年代ロック』というものへの扉を大きく開けてくれたのがこの曲。

すかさずDon’t Cryの入っているアルバム『ALPHA』を買うが、実はそれが2ndアルバムであることを知る。
Alpha Alpha
Asia (1996/03/19)
Japanese Import
この商品の詳細を見る

このロジャーディーンのデザインジャケットの絵を何回模写したっけなー。。。。(感涙)

そしてすぐに1年前に発売された1stアルバム『ASIA:詠時感~時へのロマン~』(”詠時感”でエイジアと読ませます。無理やり)を手にします。
ALPHAの方が80年代ポップスの要素が強い聴きやすいアルバムだとは思いますが、私は1stアルバムのマニアックでプログレ色プンプンの匂いの方に吸い寄せられていったのであります。
詠時感~時へのロマン 詠時感~時へのロマン
エイジア (1995/10/04)
ユニバーサルインターナショナル

この商品の詳細を見る



そしてASIAを構成するメンバーが元々居たグループを辿っていくうちに『YES』『キングクリムゾン』『EL&P:エマーソン・レイク&パーマー』『バグルス』なんかを知っていくことになるわけで。。。

洋楽を聴かない方だってきっと一度は聞いているはずだと思います。
YESの『ロンリーハート』、EL&Pの『庶民のファンファーレ』や『展覧会の絵』、バグルスの『ラジオスターの悲劇』
ロンリー・ハート(EXPANDED&REMASTERED) ロンリー・ハート(EXPANDED&REMASTERED)
イエス (2004/06/09)
ワーナーミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る


クリムゾン・キングの宮殿 (ファイナル・ヴァージョン)(紙ジャケット仕様) クリムゾン・キングの宮殿 (ファイナル・ヴァージョン)(紙ジャケット仕様)
キング・クリムゾン (2006/02/22)
WHDエンタテインメント

この商品の詳細を見る


Fanfare for the Common Man Fanfare for the Common Man
Lake & Palmer Emerson (2001/01/22)
Castle
この商品の詳細を見る


Pictures at an Exhibition Pictures at an Exhibition
Lake & Palmer Emerson (1996/05/21)
Rhino

この商品の詳細を見る


ラジオ・スターの悲劇 ラジオ・スターの悲劇
バグルズ、バグルス 他 (1998/04/15)
ユニバーサルインターナショナル

この商品の詳細を見る


彼らがASIAを結成していなかったら僕は洋楽にそれほど夢中にならなかったかもしれないし、バンドをやっていなかったかもしれない。。。
バンドでだってヘビメタバンドなのに無理言って『Don’t Cry』と『Eye to Eye』をしたっけ。
※Don’t Cryはサビのフレーズでギターの24フレットを押さえなければいけないのでEGAWAのストラトでも、智ちゃんのSGでも押さえられず、泣いてたっけー


しかしながら今回、もしASIAの公演告知を見たとしてもここ数年のASIAが来日公演であればそれほど歓喜しなかったと思う。
実はALPHAの後に発売された『ASTRA』ではギターが代わっています。
Astra Astra
Asia (1995/02/14)
Universal Special Products

この商品の詳細を見る


その後、色んなメンバー編成を経て僕の中ではASIAではなくなってしまいました。
だからその後のASIAはほとんど聴いていません。

し・か・し、今回歓喜した最大のミソは『オリジナルメンバーによる初の来日公演』であること。

実は83年にASIAは来日公演を果たしており『ASIA in ASIA』としてMTVが全世界中継をしたほど盛り上がっていました。
(もちろん中学生の身分でそんなライブは見に行けません)
しかし来日直前で大人の事情によりVocal&BassのJohn Wetton(ジョン・ウェットン)がキャンセルしてしまい、急遽代役でGreg Lake(グレッグ・レイク)つまりエマーソン・レイク&パーマーのレイクの部分の彼がボーカルをつとめたのです。
もちろんグレッグ・レイクも嫌いではないんですが、やっぱり彼はEL&Pの声。
独特のちょっと溜めて歌う歌い方がASIAではないわけで。。。

ということでグループ結成から25年。
僕の大好きなASIAは僕の大好きな編成では一度も来日していないのです。

伸びやかで透明感のあるボーカルのジョン・ウェットン
エレキでもクラッシックでも繊細なフレーズを散りばめてくれるギターのスティーブ・ハウ
シンセサイザーの可能性や表現力に近未来を感じたキーボードのジェフ・ダウンズ
(僕は当時ジェフリー・ダウンズと呼んでいましたが)
過去にも書いたTOTOのジェフ・ポーカロが僕のドラムの『師匠』だとするならば、『憧れ・スター』と呼べるのがカール・パーマー

もう既に世界ツアーは始まっているらしく、各地でのセットリストも公開されているのですが、全曲知ってた!
洋・邦楽問わず色んなアーティストのセットリストを見ますが全部知っていることって今までありませんでした。
YES時代やバグルス時代の曲もやるみたいで、ちゃんとお客の要求をわかってらっしゃる。


いや~どうしよう~
実際に聴いたらきっと泣いてしまうだろうなぁ~


東京、大阪、名古屋で3月にやるみたいですが、行くなら名古屋なんだけどなぜかここだけチケット発売予定が決まっていない。。。
東京、大阪はもう既に先行予約が始まっているのに。。。


今までライブを自分の意思でチケット取って行ったことはありませんが(アマチュアバンドは除く)こいつは行ってみようかなぁ~、たとえ独りでも。

ちなみに主催者のウドー音楽事務所のHPはこちらです。


  1. 2006/11/26(日) 14:30:02 -
  2. エンタメ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


津カントリークラブ ラウンド報告




今回のことを思えば今まで『90を越えたよー』って騒いでいたことなんてかわいらしいものでした。。。。


11月23日。
この晴れやかなバースデーラウンドにこんな悲劇が待っていようとは。。。


そもそも一ヶ月以上前からkare-oojiさんが11/23に行きたい行きたいと騒いでいたのですがなかなかどこも空いていなくて予約が取れず、キャンセル待ちなんかもしてたのですが一向に順番が来る気配もなし。
その間もゴルフダイジェストオンラインで色々と探してみても全然空いていません。
それどころかどんどん選択肢は無くなってきていて1週間前に探した時なんか静岡県内で検索条件を設定しなくても5件くらいしか空いてなく、それも伊豆の下田とか韮山とか。。。
次に愛知で探すと何と!0件。
三重で探しても0件。
岐阜で探してやっと7件くらい。
しかしこれも郡上八幡とか高鷲とかどちらかと言えば北側の遠くて寒い地域。

しかも週間天気予報で見ても23日は雨模様。
そもそもkare-oojiさんは雨とか冬とかにはゴルフはしないお坊ちゃま。(?)
それなのにやる気満々なのは新しいウェッジを買ったからということと、この日で今シーズンを終わらせようとしているから。

そんなoojiのやる気が通じたのか2日前になって「雨予報だからどこかでキャンセルが出ていないかなぁ」と思って探していると、『沼津国際』が空いている様子。
ここは行ったことはないがオーガスタと同じペンA2芝を採用しておりグリーンには定評のあるコースではあります。
しかし空きが出たのはどうやらコンペ競技のようでプレー時間もお昼の時間も大変時間が掛かることを告知しています。
(これはこれで親切な説明です)
しかも伊豆方面の休日の渋滞は半端ではありません。
ということで却下。

すると三重県で『津カントリークラブ』が空いていることになりました。
きっと雨予報で嫌になった人がキャンセルしたのでしょう。
しかも昼食付きで¥17,000(セルフ)ならまずまず安い。
伊勢湾岸道路も出来て三重までのアクセスが良くなったので充分圏内です。
しかも私は三重県で2箇所しか行ったことがないゴルフ場のうちの1つです。
それはゴルフダイジェスト主催のダブルス競技。
大雨の中をバックティからプレーして2人のベストスコアを採用するフォアボール方式で『84』だったのを思い出します。

「タフだぜー」ってoojiを脅したのですが行く気満々です。

というわけで何の因果か急遽三重県まで遠征に行くことになりました。



当日は何と!3時起き。
一生懸命早く寝ましたが23時だったので約4時間睡眠。

5時半に会社の駐車場に集合して4人で向かいました。

そして7時前頃、名港大橋通過中・・・・
ここは相変わらず3車線で広く、その割りに車もそれほど多くなくて走りやすい道です。
景色も最高でこれぞ『ハイウェイ』って感じ。
P1010458.jpg

P1010461.jpg

P1010464.jpg




さて本題のラウンドですが、内容最悪だし、前置きも長くなったのでささっと済ましましょう。

時間に余裕を持っていったので8時半着予定が8時前には準備万端になっちゃいました。
ですがコンペがキャンセルになったらしく時間を繰り上げてスタートできるそうです。
ちなみに元々のスタート時間は9時40分。
それを8時50分にしてもらいました。
早く家を出た甲斐がありました。
それにしてもあまりお客さんがいません。
コンペがキャンセルになったとはいえ、なかなか空きが見つけられなかったのが嘘のようです。
おかげでこちらは混むこともなく余裕でプレーできたし時間も自由でしたが、これではゴルフ場がカワイソウです。

さてINスタート。
右ドッグ。ダブルスの時にいきなりド引っ掛けでOBしたのを思い出します。
しかし今回は3Wでフェアウェイ中央の最高の位置へ。
ハーイ、今日はここまで。

その後のセカンドを手前のバンカーに入れた後はそれを一度では出せずその後はグリーン奥へ。
寄らず入らずで『8』のダブルパー。
次のショートホールでも当たりが薄く手前のバンカーへ入れて3パットのダボ。
そんな感じで前半はダボ中心でトリプル以上も時々あるような展開。
なんとパーどころかボギーさえ奪えません。
結局前半『60』・・・・

ボギーが出たら悔しがっていた時代が懐かしいです。
ボギーが続いてもパーを待っていた自分はどこへ行ってしまったんでしょう。

ちなみに私のゴルフ本コースデビュー戦のスコアは『118』
それがワーストスコアでもあります。
つまり前半の60のペースで行ったら自己ワースト更新です。
ヤバイ・・・

とりあえずお昼。

今回の選択はこれ。
P1010481.jpg

名前は忘れたけどカツをデミグラスソースで煮込んだものです。
うん、旨そう。
実際、カツは柔らかくて旨かったです。
ゆで卵をほぐしたものをふりかけてあるところがちょっと凝っています。
副菜には豆腐に八町味噌をかけたもの。
デザートはパインに生クリーム。
(生クリームは余分だよ・・・)
値段は¥1,680で他のゴルフ場よりも1割増しくらいやや高ですが、今回は昼食込み価格なので良かったー。
ちなみにどの価格のものを頼んでもOKでした。
どこかのゴルフ場は昼食込み価格でも¥800までのメニューとかって決められてそれ以上は差額を取っていたっけ。

さて、後半。
リポビタンを飲んで渇を入れます。

しかしながらやっぱりダボ。
ティショットはどれもそれほど悪くありませんがセカンド以降がダメ。
パーオンが一つもないんです。
3番でやっときたのがボギーオンの2パットボギー。
6番でやっとエッジに乗ってファーストパットをピン下50cmに付けたのにそれも外してボギー。
7番でもボギーにして(ボギーがいい事になっている自分が情けない)8番でやっとパーがきました。
これもパーオンはせずエッジから4打目をR35でOKに寄せてこの日初めての1パットでパーでした。
しかし9番でDRを林に打ち込んでトリプル。
結局、後半『50』

これを前半より10打も縮めたとするか、やはり50は50とするか?
やっぱり後者でしょ。

合計『110』です。

実は津CCに決まった時点でアイアン力が落ちている自分はかなりヤバイと覚悟していたのですがここまでとは。。。


これは途中で現れたサル。
こいつらが現れてパーのチャンスが出てきたりしたので申年の私の誕生日を応援してくれたのかと思ったけどやっぱりそこはボギーだった。。。^^;
P1010482.jpg

P1010483.jpg

P1010484.jpg



それでは今回の反省点。

DR:連続OB2回というホールもありましたがそれの悪いところはわかっていたし3打目で解決したのでまあOK。自信を持って打てばそれほど技術的には大丈夫でしょう。

FW:3~4回使いましたがどれも85点以上。唯一問題なしのクラブ。

UT:ちょうどそんな距離があまり残らず活躍しなかったクラブ。

アイアン:もう無策。最近の多くは薄い当たりでスライスばかりでしたが今回はそれとダフリの繰り返し。ティアップしてもダメ。距離も恐ろしいくらい落ちています。6番で150ヤードが届きません。手が返っていないからだってこともわかっているのでそれを意識してのダフリでした。
クラブで助けてもらうとしたらもう少しグリップを細くしてフェースターンしやすくすることと(私のグリップは通常よりも太めです)、シャフトを柔らかめにして弾いてもらうようにすることでしょうか。
実際、先日NS850、NS1050、DG-SL、DLG、AD95(カーボン)を打ち比べたのですがAD95が一番良かったくらい。

パット:今回は試打クラブを借りていったのですが、それがいいとか悪いとか言うレベル以前に全くこの日はタッチも合わず、ラインも読めませんでした。やはり睡眠不足はいけないってことで。ボーっとしたまま終わってしまった感じです。

今回は全18ホール中14回くらいはバンカーへ入れました。
アイアンが悪いのでどうやっても入ってしまうんです。
しかもここ津CCのバンカーはハシゴが付いているようなバンカーがあちこちにごろごろしているような難易度が高いバンカーばかり。
しかし最初のホールで2回打った以外は一発で出るようになったばかりか、最後の方ではピンを狙えるようになってきました。
これが唯一の大収穫。
¥17,000でバンカー練習に行ったということにしますか。


ちなみにおそるおそるGDOスコア管理に入力しました。
ただでさえ『15』に増えたハンデが『36』になることを覚悟したのですが『15』のままで変わらず。

「時にはそんな日もあるでしょう。。。」

というハンデ計算ソフトの温情判断なのでしょうか?

しかし次に87以上を出したら間違いなく増えるでしょう。
そして80以下を出しても減ることはないでしょう。


自分もこれで今シーズン最終戦にしようか。。。
いずれにしても精進が必要なようです。


  1. 2006/11/25(土) 00:18:25 -
  2. ラウンド報告 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


冬に聴きたいミスチルの曲




ようこうさぎのようこさんからお誘いを受けていた【チルログFES】’06の課題『冬に聴きたいミスチルの曲』を書いていきたいと思います。

と、連絡を受けてから事あるごとに考えてみたんだけど、意外と明確に”冬”と銘打った曲ってないんじゃないか・・・? って行き詰ってしまいました。
GLAY、レミオロメン、ドリカムなんかだったらすぐに思い浮かんでくるのにね・・・

そういや、先日も朝の情報番組で各アーティストのクリスマスソングの特集をしていたけど、考えてみたらミスチルってクリスマスソングも無いような気が。。。
そう考えると桜井ワールドっていかにストレートな表現ではなく考えさせられる表現をしてるのね・・・ってことでこりゃ簡単にはいきそうもなさそうな雰囲気。




そんな中でまず連想した曲は『名もなき詩』
自分の中のある出来事に直結する曲なのでよく聴いていた時期がはっきり思い出せます。
それはある年の2~3月でした。
だから僕にとっては冬の曲。

でも、その出来事は決していい思い出ではありません。
だから冬に聴きたい・・・というテーマとはちょっと違うような。。。

やっぱり冬は落ち着いてバラードを聴きたいですねぇ
しかし色んな曲を思い出しても春がテーマな曲が結構多いような気がします。
別れがテーマでもその先に待っている春を歌ったような・・・

まぁそれでも今回のテーマは冬に聴きたい・・・なので冬に聴きたいのであればそれが夏を歌った曲でもいいんでしょうけどね。




そうやって考えていくなかで冬の景色を思い浮かべた時に、ピピッっと頭によぎる曲がありました。

『空風の帰り道』

そう、ここ静岡県西部地域は『遠州のからっ風』と言って冬には強烈な乾いた西風が吹き荒れます。
それは気温以上に体感気温を低く感じさせます。
しかし風が吹かないと晴れにならないのも事実。

天気のいい日には風とお友達になってゴルフを楽しむのが最近の冬の日課。
その昔、中学の時にはやっぱり空っ風に押し戻されそうになりながらも部活の後に家路を目指したことを思い出します。

そんな厳しい空っ風を歌っているのにやっぱり最後はどこか暖かい空気を感じさせるこの歌。

『空風の帰り道』

これを僕の『冬に聴きたいミスチルの歌』に選びたいと思います。

書いているうちに色んなバラードが頭をよぎっていったけど、キリがないのでこれにします!


P.S.
いつもアメブロの方にping-URLを設定しても送れないんだよなぁ~
今回は大丈夫だろうか。。。?
  1. 2006/11/24(金) 21:08:48 -
  2. エンタメ -
  3. トラックバック:3 -
  4. コメント:8 -
  5. ↑TOPへ


Congratulation!! Padraig Harrington




いや~勝っちゃいましたよ。ハリントンさん。
海外からでもそしてもしかしたら本人がネット検索するかもしれないという僅かな期待も込めてタイトルだけでも英文にしてみましたけど^^;

本文の日本語が読めなくたって前回記事の自分のサインくらい認識できるだろうしね。


さて本日はTV放送が始まった時点ではタイガーに対して3打差もあったので、既に終盤に入ったこと、天気がそれほど崩れていないこと、完全に守りのゴルフに入ったタイガーのプレーを見た時点では『今回は無いな。。。』と思いながらも『タイガーだって人の子』ということで奇跡が起こることを期待しながら見ていました。

タイガーの場合ピンチと思われる場所からピンの根元に打ち込んできたり安全に行くと思われるような長めのパットをねじ込んできたりするので一時たりも気が抜けないんですよねー。

しかし今回そんな粘るゴルフをしたのはハリントンの方かな?
色んな方向を向いている湿り気のあるラフからでもキチンとスピンを掛けて寄せてきました。
17番でグリーンを外したタイガーが完全な逆目から上手く寄せてきたのにも脱帽しましたが。。。

でも圧巻はPLAYOFF2ホール目のハリントンの3打目。
タイガーがフェアウェイなのに対してハリントンはこれまた絡みつくような長い草のラフ。
多分私なら100ヤードを飛ばすのがやっと(へたすりゃ50ヤード)なのに、しかも強く打ちにいったらネックに草が絡みついてフックしてしまいそうなあのライからキレイに打ち抜いたばかりでなく(トールタイプのDVDケースくらい大きなターフが飛んでいきました)、その日、中継で見た誰のショットよりも戻ってくるバックスピンでピン横にピッタリ付けました。

思わず「ハリントンかっこいいーーーー!!」ってTVに向かって叫んじゃったくらい。
(もちろん戻ってくる量はそこの傾斜の大きさにもよりますし、戻ればエライってものでもないのですが右手前にバンカーがあるあそこでは奥目に落として戻すのがセオリーなので、そこを狙い通り打てる彼はやはりスゴイ)
雨でグリーンが柔らかいとはいえ、今までの中継では球が止まらなくても
『ラフからのショットだからしょうがないですねぇ』
と解説が言うのが当たり前だったのにハリントンとタイガーの球はしっかりスピンが掛かって止まってきます。

それが世界ランカーとの差なのでしょうか。。。?


あっ、でも深堀さんは頑張りましたね。
もしこれが子供が生まれた直後だったら深堀が優勝したかもしれません。
それくらい気合いの入ったゴルフでした。
次回のカシオワールドでも大いに期待できるんじゃないでしょうか。


あと、そうそう今日は解説の中でも言ってましたよね?
ハリントンの人柄について。
「いつもニコニコしているし彼はジェントルマンですよ」
って。

どんな状況に置かれてもマイペースで辛そうな顔をしません。
16番でバーディーを取った後もギャラリーの人に嬉しそうにボールをあげていたし。
そりゃぁ周りはタイガーへの声援ばっかりだっただろうから、きっとそこでナイスバーディーって言った人が居たんだろうね。


最近の私の周辺のゴルフニュースでは暗い話ばっかりだったのですが夏に初の前後半30台を並べた39+39=78に次ぐ嬉しいニュースとなりました。

ディフェンディングチャンピオンとなったハリントンは来年も来ることになるでしょう。
またお待ちしておりますよ。

  1. 2006/11/19(日) 18:25:12 -
  2. ゴルフ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


ハリントンさん来てたの!?




今週はダンロップ・フェニックス・トーナメントです。

いつも言っています通り私はタイガーがそれほど好きではないので、タイガーが来てるからって宮崎まで行こうとは思いませんが、事前にショップで見たECCOのパンフレットでトーマス・ビヨーンが来ることは知っていました。
ビヨーンも一度は間近でプレーを見てみたい選手ですが、よくよく考えたら私はビヨーンの本人やプレーが格好いいと思ったわけではなく『ビヨーンモデルのシューズが格好いいと思った』だけであることに気付き、それも宮崎まで足を運ぶ理由にはなりませんでした。

シューズならお店でいくらでも見れますから・・・


ですが初日の結果を見てビックリ!
TVのスポーツニュースではタイガーばかり放送するのでトップにいる片山でさえ映らない有様なのですし、タイガーが3位タイとなっているので他には誰が居るんだ?と思って調べたらなんと!『パドレイク・ハリントン』の文字が。
(しかも珍しくトンちゃん(伊沢選手)も3位タイに居るよ。彼にも復活してほしいです)

いつも海外メジャーの記事を書く時には優勝してほしい候補としてハリントンの名前を挙げている私ですが、いやぁ~日本に来てただなんて。。。

先週の御殿場に来てくれればガルシアなんかとも合わせて確実に『行きたいLimit値』を越えて行ったのになぁ~
ギネスビールでも携えて・・・
(ハリントンはアイルランド出身です。でも確かお酒は飲まなかったような・・・)


なぜ、ハリントンを応援するのか・・・?

それは彼が『ナイスガイ』だから。
(別に私はそっち系の人間じゃありませんよ)

やっぱファンになるかどうかってその人の人柄だと思うんです。

それは日本でのワールドカップの時・・・

私が練習場のドライビングレンジで陣取って見てる前にタイガーは現れました。
当然ながら試合前なので表情は険しいのですが、こちらも息を呑んで全く声も出せないほどでした。
(それがオーラってやつなんでしょうが・・・)

ところがタイガーの後に同じ打席にやってきたハリントンさん。
なんだかニコニコしながら練習しててとっても好感触♪
しかもその日見た選手の中で一番飛んでた!
それまでは名前も知らなかったけどパンフレットで調べたら欧州ツアーのTOP3以内じゃん!

しかもドライビングレンジからアプローチエリアへ移動する際も普通なら『寄ってくるな!』というオーラを出す他のプロ達と違って『あれっ?君たちサイン欲しくないのかい?』とばかりに近寄っていく隙を出しまくってくれました。
それでも何て言ったらいいのかわからないので、近寄れませんでしたけど。。。

で、もとさんと一緒に完全にファンになってしまった私はその日(2日目)と3日目はハリントン中心に追っかけて見て周りました。

で、3日目終了後にパッティング練習グリーンで翌日に備えて練習してたハリントンを見つけてサインをもらったわけです。
(その日の朝にコンビニでマジックを買ってきておいた!)

『Could I have your Autograph please?』
(これで合ってるの? NewPMさん?)

これはスイスで買ってきたVictorinoxのゴルフフォークを入れる本革ケース。
P1010445.jpg


その裏に書いてもらいましたー!
P1010446.jpg


左側の『PH---t』となっているのがパドレイク・ハリントンですね。
右下にモジャモジャと書いてあるのがハリントンと一緒にアイルランドチームで来日してた『ポール・マッギンリー』です。

もちろん二人とも練習中なのに笑顔でサインしてくれました。

以来、応援しているわけで・・・

彼等のおかげでアイルランドという国に対する見方でさえ変わりました。
それまでは映画でも『北アイルランド』と言えば何かと”陰”のイメージで描かれていたのですが、とっても明るい人たちです。
サッカーのアイルランドチームやサポーターたちを見てもそれは感じます。


ということで今回は

『ハリントン頑張れー! 優勝だー!』

タイガーを破って優勝すれば日本でもかなりメジャーになるでしょう。
マニアックファンとしてはちょっと寂しいですが。。。


あと、頑張ってほしい選手。
・地元静岡県からの宮本勝昌選手、藤田寛之選手。
 地元出身でフェード打ちのこの二人が調子悪いと自分の調子悪さとだぶってなんだか悲しくなってきちゃうんですよ。。。だから私の復活イメージのためにも頑張ってください。

・久々に上位に顔を出してる伊沢利光選手。
 世界に勝負できる球を打てる貴重な日本人の一人だと思ってます。原因不明の体調不良は完治したのでしょうか?

・アメリカから帰国して再起を願う田中秀道選手。
 まだまだ戦えます。ホントはゆっくり身体を休めてほしい気もしますが、今シーズンもあと僅か。待っていたファンも多いのでは?来期のためにも何か掴んでほしい。


  1. 2006/11/18(土) 13:15:09 -
  2. ゴルフ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


リモコン付き電気ストーブ




今日のYahooニュースのトピックスで次のような記事がありました。

家電製品のリモコンや電気的なノイズに影響され、誤作動するリモコン付き電気ストーブがあることがわかり、経済産業省は15日、誤作動が火災につながる恐れがあるとして、関係団体や輸入業者に対し、製造や輸入販売の自粛を要請したと発表した。

<経済産業省からの発表はこちら>


今回の話の対象となっているのは全てアジア諸国からの輸入品が対象のようですが、実は今回の話に私が一枚噛んでいないこともないというのが今回のお話。


それはそれは15~18年前くらいのこと。
(正確な時期は定かではありません。。。)
TVやビデオにリモコンが付くのは当たり前となっていましたが、扇風機や空気清浄機、エアコン、室内照明などの他の家電品にもリモコンが付くようになって言わば一度座ってしまったらそこから動かなくても家電品をコントロールできるような時代になった頃です。

またその頃はいわゆる『就職氷河期』の頃でもあり、あまり世間の景気は良くなく当然ながら生活耐久品の家電品は全く売れない時代でもありました。
そんな家電品が売れないその頃に社内アイディアが底をついたと思われる家電メーカーの雄、M下電器が新しい家電品のアイディア・提案を募集していました。

そしてそんな頃に私が使っていた石油ファンヒーター。
当然ながらリモコンなど付いていません。
でも扇風機などよりもむしろ自分から離して使うことの多い暖房器具にこそリモコンが欲しいと思っていました。


そこで私は
『石油ファンヒーターの操作をリモコンでも出来るようにしたら?』
とM下電器に提案をしたのでございます。

当時、私が働いていた会社の社員全員が最低一人一件は提案するように言われたのですが(実はM下系の会社だったから)、粗品と共に担当技術者から文章での回答があったのは私一人のみ。

その内容はこんな感じ・・・

『MIZZ様、この度は有意義なご提案をいただきましてありがとうございました。ですが現状では熱を発生する製品をリモコン操作する点について安全上の問題があります。今後、技術的問題をクリアーできるように努力してまいります』

みたいな内容だったかな。。。?

ですが、その数年後にそれが具現化された商品は世の中に出てきました。
『なんだーやれば出来るんじゃん!』
というのが当時の率直な感想。

現時点で何社がリモコン付きヒーターを発売しているのか?
また、私の提案当時、そのアイディアが世の中に存在していなかったのか?
はたまたホントに技術的な問題だけでアイディア自体は存在していたのか?
については未だに謎ですが、今回の不具合の問題が安い海外(アジア)メーカーのものだけってことを考慮するとやはりノイズ対策などの問題をしっかり万全にしなければいけなかったものであるっていうことは当時私に回答してくれた技術担当者の言う通りだと言えそうです。

つまりちゃんとあらゆる状態を想定してEMC試験などを行った製品と『とりあえずリモコンで操作できればいいんでしょ』って安易に作った”安物”との大きな違いがそこにはあるわけです。


<本日の教訓>

『安全はお金で買いましょう!』


  1. 2006/11/15(水) 22:03:06 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:3 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


ボトルお菓子




ボトルに入ったお菓子が空前のブームですよねー?

まず代表格は『ガム』
P1010400.jpg


100円程度で買えたガムが一気に700~800円の単価になるんだからメーカーもコンビニも競って新商品を投入してきます。
しかもメーカーにしてみれば100円の個包装をすることに比べればボトルにドカドカ詰めていって包み紙を後で投入すればいいので工程が簡略化されて利益も出しやすいのではないでしょうか?



そして次に幅をきかせているのが『チョコ』
P1010398.jpg


『ストレス』という誰もが一度は感じるキーワードを武器にそれが改善するとなればみんな飛びつくという戦法ですね。
すっかり、その戦法にはまっている私ではありますが^^;
社会人男性のオフィスにお菓子を持ち込む率が上がったのもこのせいではないでしょうか?



で、今回ご紹介したいのはこれ。
自宅の食卓に置いてありました。
P1010404.jpg


うちの父親(新しい物好き)はキシリトールガムもボトルで買ってくる人なので、また別の種類のものを買ってきたのだと思っていました。
P1010406.jpg





さて、こいつは何味なんだ?と思って手に取ると・・・






んっ?





えっ?





おーっ?








[ボトルお菓子]の続きを読む
  1. 2006/11/14(火) 21:01:52 -
  2. 飲食品インプレ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:6 -
  5. ↑TOPへ


P○3発売




P○3が発売になってその混乱の様子がTVで流されていますねー

ゲームは好きなMIZZですがこの手の家庭用TVゲームはすぐに飽きてしまうことと、RPGが嫌いなことと、手が(特に指)痛くなってしまうことが懸念されるので今まで購入したことはありません。
アーケードゲームのような入力I/Fならいいんですけどねー。
(そういった意味ではNin○endoDSはペン入力なのでいい)


さて話を戻してP○3ですが発売初日の販売台数が10万台だけだとか。
これが多いのか少ないのかはわかりませんが需要量からすれば圧倒的に少ないのは事実のようです。
だから混乱が起きるのですが。。。

しかしながら作れば作るほど売れるであろうこの時期にそれだけの量を用意できないメーカーの生産能力というか開発完了から発売開始までの時間にちょっと疑問を感じるわけです。
「ホントに性能的に大丈夫なの?」と。

つい少し前でもブルーレイのレコーダーで性能を満たしていない部分があったそうだし、物はなんだか忘れたけどリコールして後で対策した商品がなかったっけー?
リチウム電池の件で大問題になっているのは書くに足らず・・・

元々このメーカーの製品は確かに新しい技術は使っているけれども、どうもイメージ先行で売り出す傾向があるところが嫌いなので「なんでもいいや」って感覚で買ったヘッドフォン以外は購入したことがないんですけど・・・
そういや別の大手電機メーカーに勤めている友人も言ってました。
「ここの製品を買ってきて中身をばらしてみたんだけど、品質の安全設計上、必要不可欠な部品さえもコストダウンの為に削除している可能性がある。信じられない」
と。

で、何が言いたいかというと今回の発売を10万台に抑えたところがどうもキナ臭さを感じるんですよねー。
それはもちろん12/2のW○iの発売前に勝負をしたかったからだとは思うのですが、ホントの勝負はクリスマスだろうし。。。。

何か製品上問題があるか、部品の供給が追い付いていないかのどちらかではないでしょうか?
まぁ後者はよくある話だし、各メーカーとも需要ギリギリの生産計画でいかなければならないのは他業種であってもわかるのでそこは責められませんが、それにしても用意できた数が少なすぎますよね。
試作品じゃないんだからさー。

まぁでも考えてみればこのメーカーの新製品っていつも発売当初は人気以上の異常な品切れ状態になるような気がするんですけど気のせい?
つまりこれも営業戦略?
最初になかなか手に入らないノドカラカラの状態にすれば次にその商品を店頭で見た時に飛び付いて買うでしょ?

Vodafonの契約処理が追い付かない一件でも、実は話題作りのためのワザとじゃないか?って思ったくらいです。
「追い付かないほど人が殺到してるんですよー!」という。
実はVodafonを辞める人の方が多かったみたいですけど。。。
通話料¥0だって色んな裏があるみたいだし。。。
そんなことよりも既存のユーザーを大事にしてほしいですね。
Yahooで通信スピード1Mも出ていないのに50Mの契約しているのがバカらしくなってきました。
これはそのうち見直しますけど。

なんだか公然詐欺をしているみたいで日本人が一番おろそかな『契約条項』ってやつを逆手にとってくる商売が増えてきているようで心配です。

ということで今回はちょっと調子こいてるIT系にクギを刺しておきました。

それでもW○iはちょっと気になります。
(あのリモコンなら手が痛くならなさそう♪)
ゴルフゲームでホントに微妙なタッチが出せるなら買ってもいいかも?
DSは魅力あるソフトがどんどん出てくるし。。。

そこでも混乱があるなら市場が落ち着いてきてから買うけどね。

  1. 2006/11/13(月) 20:39:06 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


御殿場見に行きたいけど・・・




今週は『三井住友VISA太平洋マスターズ』が開催されています。

見に行きたいですねー

ホントは今日行ってもよかったんですけど週間予報でも雨みたいなことを言ってたので止めたんですが、今朝は雷雨だったし、実際問題今日は会場でも午前中に豪雨で一時中断した影響でプレーの進行が遅れ、全員が途中で日没コールドで周りきれずに(濃霧の影響もあり)全てが消化できなかったようです。
なので、行かなくて良かったのかなぁ~?

でも明日は天気も回復するみたいだし行きたいところでもあるわけです。
しかし、『ちょっとプラッと御殿場へ』ってわけにもいかないしねー。

まあ、TV中継で我慢しますか。

ちなみに私が県内で行われる試合を見に行った時、室田選手が優勝する確立が50%です。
私がこれまでに試合を見に行ったのが4試合。
室田選手はこれまでにツアーで6勝しています。
そのうちの2勝に立ち会っているわけですからスゴイ確立だと思いません?
室田選手からホテルの宿泊券と入場券が入った招待状が届いてもおかしくないと思いません?w




ちなみに今回、私が応援したい選手。

・まずは3連覇を狙うダレン・クラーク
 今年の大会ポスター、格好良すぎです。あれ欲しい!
あまり同じ人が勝ち続けるのも外国人選手が勝つのも好きではありませんが、私と同い年ながら今年、奥さんをガンで亡くしてしまった彼にエールを送りたいと思います。

・世界ランク9位 セルヒオ・ガルシア
 W杯で実際に見ましたが、小柄ながらやはり格好いい。そしてやっぱりプロらしいスゴイ球を打ちます。いいイメージで帰ってもらって是非来年も来てもらいです。

・地元! 宮本勝昌
 悩める私のショットに『フェードだけどぶっ飛ばす』彼のスイングを是非焼付けたい。なんだか体調は万全じゃないみたいなんだけど頑張ってほしいです。現在暫定2位。充分すぎるくらい射程距離です。今回名前を挙げた中で一番上位。最近ちょっと大人しいですが爆発力はスゴイでー。

・尾崎将司(ジャンボ尾崎)
 実は私、タイガーが好きでないようにジャンボも好きではありませんでした。しかしここ数年のジャンボの悲惨さ、でもそれを乗り越えようとする努力には頭が下がります。坐骨神経痛で立っていることさえ出来ない状態なのに折り畳みイスを持ち歩いてツアーをラウンドするなんて。。。。でも今回は調子良さそうです。今日はノーボギーだったみたいだし。優勝には届かないとは思いますが笑って18番ホールを後にしてもらいたいです。

トーナメントのオフィシャルページは(こちら)

  1. 2006/11/11(土) 23:35:14 -
  2. ゴルフ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


レイク浜松カントリークラブ ラウンド報告




本日もまたまたやってきました。ゴルフ場。

P1010421.jpg


今日も快晴です!
スコアは曇り気味でも(自爆)天気だけは晴れをキープできる晴れ男です。
逆に言えば天気の悪いことを理由に出来ないのにここ最近のスコアは爆発の予感がありません。


さてさて前日は会社の宴会でして、いつもはゴルフの前日ともなれば1次会でそそくさと帰ってしまうのですが、一次会終了がまだ22時前だったし、なんとなくまだ話したい感じだったので2次会にも参加しました。
(とは言ってもお酒は一滴も飲んでいません)
しかし、やっぱりそれが計算間違い。。。
家に帰ったのが1時半。
寝たのは2時半でした。

そして起きたのが6時。
睡眠3時間半は辛いねぇ~

練習グリーンです。
平日ではありますが人気のスタート時間な上に他のコンペもあるみたいでちょっと渋滞中。
P1010419.jpg

P1010420.jpg




さて、OUTスタート。

<1番>
ドライバーは捕まったフェードでそこそこの当たりだったが、今回はレギュラーティを選択したせいでいつもより多くの距離が残ってしまった。上りを入れて約190ヤード。UTで打ったがスライスして右手前にショート。しかもそこからザックリして4オン。ダボスタート。

<2番>
306ヤードと短いが狭いホール。グリーンも斜めに長いが、奥行きが極端に短くおまけにグリーンのすぐ奥がOB。そして手前がグラスバンカー、さらに斜めに2段となっているという難しいグリーン。セカンド勝負するために安全にUTでティショットを打ったのに左ラフへ。しかし尾根越えとなるそこからなんだか知らないけどオンしてしまって2パットでパー。何とか気持ちが落ち着いた。

<3番>
打ち下ろしとはいえ182ヤードのPAR3。しかもピンは左手前のバンカーの先に切ってありフェードで攻めにくい。結局、攻めにくいとか全然関係ないほど薄い当たりで右手前に大ショート。R35で何とか載せたが難しいラインでボギー止まり。
ちなみに残り2人の後輩達はしっかり載せており、しかもF君に至ってはピン横50cmでニアピンバーディー。

<4番>
右ドッグの443ヤードPAR4でHDCP1の難ホール。でもドライバーはまずまずでいい位置。しかし260ヤード飛んでも残りが180ヤード。軽くアゲンストだったのでUT21で軽く払って打ってとりあえず載せといた。それにしても今日のグリーンは柔らかいくせに高速。上りでも加速する感じ。ここのグリーンも2段で手こずったがT君が行ったり来たりしているうちに速さを把握してきた。ファーストパットはイマイチだったが何とか2パットでおさめてパー。ここのホールでパーは大きい。

<5番>
PAR5。ティショットは引っ掛けて左の土手の上。セカンドは安全に右半分を狙い最悪でも右ラフからキックして返ってくることを保険にして打ったのにカート道で大きく跳ねてしまいロスト寸前。諦めかけたところでボールが止まっているなどと全く思わないような急な斜面で長い草に引っ掛かって止まっていた。そこからボールに正確に当てることだけを注意しつつも密かにグリーンオンを狙っていたのだが結果は手前。そこからR35で3mに付け、それを意地で決めてパー。ピンチ⇒ピンチ⇒ピンチからパーにしたのは大きい。気合いが入る。

<6番>
先程の引っ掛けを意識して今度は右ちょいラフ。ピンの根元が見えないセカンドはやや距離が足らず斜面。そこからポンと上げるアプでピン下2mに付けるもラインを読みきれずボギー。乗り切れない。

<7番>
P1010425.jpg

ピン奥で実質183ヤードくらいのPAR3。相変わらず当たりが薄く右手前のバンカーへ。ピン奥だから難しい。そして距離を欲張って案の定ホームラン。OBエリアの木に当たって戻ってきたが超下り斜面からピンはすぐそこ。ライも悪くとてもロブは打てないので斜面を転がすことに。結果は良かったが1パットでは沈められずダボ。苦しい展開。

<8番>
安全に行き過ぎてセカンドの距離が残る。しかも肥料と砂が混ざったような一面のライでクラブフェースが傷付きそう。(そんなところが各所にあった)結局まともに飛ばずアプローチはそこそこに載せたが特にここだけ尋常でない速さのグリーンにみんな手こずる。初の3パットでダボ。

<9番>
左ドッグのティショットを3Wで完璧な位置。セカンドは残り250だが無理せずUT19でラインを出す。風に流されて右ラフにちょっとだけ入ってしまったが柔らかいフェアウェイよりこちらの方が気分が楽。PSフルショットは2段グリーンの奥のピンに対して手前の段だったがタッチがよく2パットでパー。何とか意地を見せてボギーペースから一つ沈めた。

ということで前半『44』
7,8番をダボとしてそれまでの貯金を払い出してしまったが最後にパーとしたことで気分はまずまず。
それにしてもアイアンがキレていない。
最近の傾向でもあるが同伴のF君(伊澤似)の球を見てるとなんとも情けなくなってくる。


まあしょうがない。
メシだ!メシだ!

今日の選択はレイクの名物の一つ。
『ジュージュー焼き定食』
P1010426.jpg

熱々の鉄板の上に載せて持ってきてくれて食卓の上でソースをかけるので一気にジューッと蒸気が上がります。
結構大きな音で周囲の注目を浴びますよ。
そしてそれを見た別の人がそれを頼みたくなるという巡回。
P1010429.jpg



さて後半。
<10番>
ティショットは右ラフでまあまあと言いつつも残りは180ヤードでタフ。アイアンに自信が無いのでUT21で軽く打つが捕まりが悪く右ラフへ。アプはそれほど悪くないのだがグリーンの傾斜がすごいホールなので転がって出てしまった。(初めてレイクに来てINスタートだとビビるだろうなぁ。。。)しかしグリーン外から2mにしか寄せられなかったのだがそれを決めてボギーを拾った。まぁこんなもん。

<11番>
ピン奥、アゲンスト込みで170ヤード。しかしまたしてもショート。R35の距離でもないのでUT21でアプローチ。まずまずだが難しいラインを読めずボギー。

<12番>
当たりは悪いがフェアウェイ。3Wでのセカンドもまあまあ。複合斜面からの3rdはややショートして手前のエッジ。しかしピンは最奥。25mくらいの超フックラインを1.5mに寄せるもそれが入らずボギー。これは沈めたかった。痛い。

<13番>
DRを捕まえにいってさらにコスってしまった。右に飛んでいき1ペナ。その後もアイアンがコスって手前。アプも大したことなくダボ。

<14番>
相変わらずDRは右へ。一応フェアウェイだけど。そこからピンまで170ヤード。逆球だったがピン方向へ。しかもグリーンに行ってみたら結構近い。でもピン奥だったので下り。ラインが読めずバーディーはおあずけ。

<15番>
DRは右にばかり。今度はフェアウェイバンカー。意外と苦手ではないフェアウェイバンカーだがこの日はダフリ。しかも次の3rdをトップしてオーバー。奥からのアプは狙い通りのところに落としたが意外と止まらずピンを3mオーバー。しかしその上りの真っ直ぐをしっかり決めてボギーを拾った。残り3ホールに期待。

<16番>
190ヤードだがアゲンストで実質200ヤード以上。UT21で打つもやっぱり当たりが薄く大ショート。アプもナイスとは言えずパットもナイスとはいかずボギー。

<17番>
スライスばかりなので勇気を持って左の池の方向へ打ち出し、何とかフェアウェイ右へ残す。いつもより飛んでいない気もするがティが後ろなのでそんなものか。残り距離から算出した推定飛距離は約260ヤード。本日初めて旗に名前を書くが、後でそれは左利きに転向したささきさんに破られた。セカンドは3Wでコースなりのスライスを打ちフェアウェイ中央の残り60ヤードへ。しかしそこからダフって花道。情けない。そこからのアプもキレがなくボギー。

<18番>
ティショットは風に流されて右ちょいラフ。しかし球が沈んでおりクリーンには打てず出すだけ。3rdはエッジに運ぶもファーストパットを欲張って最後にきて3パットのダボ。ボギーなら80台だったのにどうしようもない。



ということで『43+46=90』
今回はトリプルこそ無いがダボが5つ。
手応えがあったショットは一度も無かった。
しかもアプもパットも冴えているわけではないので苦しかった。
それにしてもアイアンがダメ。何しろ最近パーオンしない。

P1010424.jpg




<終わった後だからわかる反省点>
・ドライバー:折角最近良くなってきたのに引っ掛けを怖がってフェースをスクエアに出来ていなかった。前々日の練習でヘッドアップしないと非常にいい球が出るのがわかっているのにそれを実践で導入できない未完成感はしょうがない。

・アイアン:ドライバーが「こうすれば直る」というのがわかっているのに対してこれは無策。もちろんカットに打っているから悪いのはわかっているのだがどうしても変なクセが付いちゃっているみたい。もっとヘッドを走らせたい。

・3W:少し重くしてから良くなった。やっぱチューニングは大事だと痛感。現在のところこれは問題ない。

・UT:ラインを出すイメージを出し過ぎ。アイアンもそうだが、もう少しフェースローテーションを使っていきたい。(どちらかと言えばドライバーもそうした方がいいかも)

・アプローチ:距離感をもう少し磨いてワンパット圏内にもっていきたい。次のパットを考えて、上りのラインを残すようにしたい。

・バンカー:もっと数を打って練習しないと。。。距離感と様々な状況への対応力を高めたい。

・パター:グリーンを読む力ってどうやって磨けばいいのでしょう?あと、強く打とうとか、しっかり打とうとか思うと大体ノーカンでイケイケになってしまうので自分のタッチを信じて打ってくことにする。



さて・・・・・
11月3戦全てを80台にしたかったのに(あわよくば80台前半)最後に90にしてしまいました。

GDOハンデに入力したらついに『15』に増えちゃいました。
しかも今年中は今のところ予定が入っていません。

このまま今年は終わってしまうのでしょうか?

  1. 2006/11/11(土) 17:46:48 -
  2. ラウンド報告 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


浜名湖カントリークラブ ラウンド報告




さて、疲れたし眠いのですが今日書いておかないと後が詰まってしまうのでちゃちゃっと書いておきますか。。。

今日はまたしても快晴の中、浜名湖カントリークラブに行ってきました。
いや~ホントに晴れ男のMIZZです。
一昨日の雷雨や昨日の強風の中だったら大変なことになってましたからね。
実はこの時期の平日ゴルフでは候補がいくつかあったんです。
自分一人で参加できるようなコンペが。
その日程の中では一番いい日になりました。

今回はチャリティゴルフ大会です。
参加者は96名でした。

もう今回は先に結論を言っちゃいましょう。

60位でした。

96名中の60位ですから半分よりだいぶ下ですが、でも飛び賞です。

しかしスコア的にはそれほど悪くはありませんでした。

『43+46=89』です。

ダブルペリアのハンデにはまらなかっただけです。
自分の順位の周辺には80台の人は全く見当たりませんでしたから。

意地で80台にしたので価値が高いと自分では思っています。

前後半で1つずつトリプルボギーを打ってしまったのですが、そこがいずれも隠しホールでなかったんです。
何という運の無さ。。。orz

ですが前半、7番までパー2つに残り全部がボギーという我慢のゴルフをして粘っていたところへ(長いボギーパットを沈めたりして頑張っていた)8番でアプローチでの二度打ち絡みのトリプルを打ってしまいました。
そこでまたしてもボギーペースになってしまったところで迎えた9番PAR5。
欲張らずにティショットをいつも通りのルーティンで3Wで安全に運んだ後、セカンドも3Wでまずまずのショット。
サードは斜面で200ヤードながら果敢にUTで攻めたが一歩及ばず花道止まり。
(斜面の200ヤードをUTでちゃんと打てるようになったらMIZZの真骨頂です。スランプ脱出か?)
しかしその花道からR35で何とチップインバーディー!!

最後の最後で我慢した御褒美を貰いました。

機嫌良く昼食へ。

後半もボギー先行で我慢のゴルフが続く。
3番PAR3で久々にパーオンしてパーを拾うも、続く5番でOB絡みのトリプルボギー。
そして続く6番も7番もダブルボギー。。。。

最近のスランプを象徴するかのようなどうしようもない展開になってきてしまったのでヤバイと感じ始めた。

そこで計算すると後半がプラス10打。
つまりこのまま残り2つをパーでいっても『46』ペースなので前半の『43』を考慮するとそれでギリギリ80台となる。

しかし、そこに立ちはだかるのは今までパーを取ったことがない難しいPAR5。
しかしティショット、セカンドともに3Wでナイスショットを連発して、サードもその日のアイアンの調子を考慮した選択をした結果6Iできっちりパーオンできた。
安全に2パットでパー。

そして最終PAR3。
しかもピンは左側のバンカー越えの位置。
フェード打ちの私には難関な位置だ。
更に距離は172ヤード。
決して短くはなく『上からドン』というわけにはいかない。
だが、何とかバンカーを越えて尚且つバンカーのラインを外したピン右へオンさせ、2パットでパーを拾えた。
これで晴れて80台。

これは今後の自分のとっても大きい意味がありそうだ。

P1010416.jpg



ちなみに今回のラウンドの特徴と気付き。
・ドライバーは後半5番のOBを除き全てコントロールされたいい当たり。バカ当たりは無いがスコア重視の大人なドライバーだった。
・ドライバーがそれほどいいのにスコアが爆発しなかったのはアイアンのキレが悪かったせい。
とにかくショートしてた。
・逆にそれほどパーオンしなかったのにまずまずのスコアだったのはパターが調子良かった為。
チップインがあれどパット数は久しぶりに『30回』だった。
そして3パットが1回もなかった。
・以前も浜名湖CCでR35は爆発したものだが、その理由が今回わかった。
浜名湖CCのグリーンは他のゴルフ場より明らかにグリーンが固め。速い・遅いではなく固い。
しかしちゃんとしたショットをすればボールマークも出来るし止まる。
つまり緩やかな入射角のショットの球足が伸びる傾向にあると言える。
それが無用にスピンが掛かってショートしてしまう最近のR35ショットよりも寄る結果になった。
・あれだけ悩んだドライバーであるがここ2ラウンドで自分のものになりつつある。
一生懸命スイング軌道をチェックしたりフォームを変えたりしていたが、結局いきつくところは『グリップ』だった。
具体的には文章では表現しにくいが右手の人差し指の掛かり具合が以前と違う自分に気付き、それを直したらよくなった。
・ドライバーの復調に反比例して3Wの調子が最近イマイチだった。
もう少し重たくしたい感もあった。そこで昨日、練習場で鉛をあちこちに貼ってみて試した結果、いいところが見つかった。
ちなみにロイコレのFWはソールやシャフトの根元(ホーゼル部分)に鉛を貼るとあの独特の打感が無くなってしまい物足りなくなる。
・アイアンは一生懸命ストレートに構えても当たりが薄くなり、ショートし右にふける。
それよりも左を向いてフェードの意識を強く持った方が球も捕まるし上がるし、結果的には距離も出そうだ。


ということで次回(あさって)はアイアンを意識して頑張っていきます。
そしてやっぱり無理は禁物ということ。

って全然ちゃちゃっと書いてないじゃん。。。
最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
  1. 2006/11/08(水) 22:27:01 -
  2. ラウンド報告 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


今日のワンコ




先だってのゴルフの朝、kare-oojiさんを迎えに彼のアパートに行くと道路を挟んだ反対側の資材置場に一匹のワンコが・・・


まあまあ広いその資材置場の中に放し飼いにされている彼は人がその前を通ると奥の方からトコトコと歩いて門のところまでやってくる。
そこの敷地には人は住んでおらず完全な番犬だ。

P1010385.jpg


実はこいつとは初対面ではない。
oojiのアパートには何遍も行っていたのだが誰かが通ると激しく鳴く奴で、私が訪れたのは専ら夜だったので私が車を降りていって更に激しく鳴き出すと近所に迷惑が掛かるかと思って自重していたのだ。
ゆえに彼は番犬としてちゃんと働いている。

だから車の窓も開けず(人の匂いに反応してはいけないので…実際には余裕で反応しているだけの能力があるのだろうけど…)いつも車の中から眺めているだけだった。

だが、その日は朝7時頃だったし門の向こうから熱い視線を私に送ってくるものだからたまらず車を降りて彼のもとへ行ってしまった。

実は何を隠そう私は柴犬が大好き!
犬を飼った経験はないけど犬の中なら柴犬がいい。
何といっても犬らしい顔と、とぼけた表情がたまらない。
しかもこいつは豆芝なのか成犬ではないのかわからないけど、やや小さめで私好み。

P1010379.jpg


後でkare-oojiさんの奥さんに聞いたら彼の名前は『ハナちゃん』
んっ?つまり彼でなく彼女だった?

しかもその名前はあくまで”予想”である。
飼い主の人が毎朝毎晩『ハナ!ハナ!』と大きな声で呼んで餌をやりにくるのがご近所中に響き渡るので知っているだけらしい。

それにしても今回は近寄っても全然吠えない。
kare-ooji夫妻の話では毎日のように前を通っているが絶対吠える犬でそんなおとなしいことは無いという。
つまり、俺、気に入られた? ハナちゃんに。

最初に手を出した時に手をガブッとやられたらどうしようと思ったが、その関門はクリアーしたので後はこっちのもの。
『よーし、よしよしよし』
とムツゴロウさんばりの声で顔中をこすりまわしてやった。
P1010387.jpg

P1010386.jpg


この写真を見た夫妻の話では『こんな愛らしい表情は見たことが無い』という。

一度、『THE DOG』みたいな写真を撮ってみたかったのでマクロモードにして一生懸命撮ってみたがこれが精一杯。
P1010380.jpg

P1010382.jpg


やっぱり超広角レンズ、いや魚眼レンズでも使わないとあのようには写らないようですね。
それに何よりおとなしくしてもらわないとうまく写せない。
ちなみにハナちゃんはどこかに行くことはないが、カメラを向けると視線をそらしてしまう。
こんな感じにね。
P1010383.jpg




また会おうね。
ハナちゃん。
P1010381.jpg

  1. 2006/11/06(月) 21:05:13 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:6 -
  5. ↑TOPへ


静岡カントリー袋井コースラウンド報告




一昨日3日は快晴・無風の中でのラウンドでした。
場所は静岡カントリー袋井コース。

先週の浜松カントリーでは前半39の好スコアをマークしながら後半51で撃沈したことは記事の通りです。
スランプ、スランプと言いながらもやはり50台というのは堪えます。
しかも前半良くて復活かと思っただけに精神的パンチも巨大なものでした。

↓その先週のゴルフ場へ向かう朝の奥浜名湖の風景
 (あまりにスコアが酷くてこの写真の存在すら忘れていたので・・・)
P1010368.jpg




というわけで水曜日に行った練習では久々に250球も打ってしまいました。
いつもは150球程度です。
若い頃は一度に200球以上は打っていたもんですが恐らく30代になってからは初めての経験かもしれません。
それほど悔しかったわけで。。。。

元々練習嫌いなので練習自体も月に2~3回しか行かないし、週末にラウンドを控えているから「身体をほぐしておこうかな」程度にしかやらないのですが、今回は打ちたくて打ちたくて仕方がありませんでした。
で、打っても打っても解決しないのでそんな数になってしまったというわけで。。。
いつもはラウンド中はダメでも練習場で何球か続けて打っていれば直るものなんですが、今回は重症。
結局ドライバーに限っては未解決のまま本番を迎えたわけです。

今回は技術的な問題だけでなく精神的な課題も重視してラウンドしました。
目標は『80台を目指すこと』
な~んだ、いつもと一緒じゃん。90を切れないんだから当然じゃん。
と思った方、ちょっと違うんです。
なぜなら今回は『70台を目指していない』ところがいつもと大きく違います。
実はいつもは恐れ多くも70台を目指しているんです。
まぁ自己ベストを目指さなければ意味がないですからね。
ですが、そのせいでちょっとミスをしてボギーやダボが続くとラウンド自体を諦めて惰性で行ってしまうところが最近の傾向でした。
その前の80台が当たり前の好調時には最後まで諦めずに1打でも少なくしようとしていたのに。。。。
だから上がり3ホールでパー・パー・パーと続くことも多く。

だから今回はボギーが続いてもいつか来るパーを待てばいいし、ダボを打ってもパーを2個獲ればいいや、って気持ちでいけたので楽でした。


さて今回は久々に早い時間のスタートだったのでAM4時半起きです。
とは言っても家を出たのは6時15分くらい。
朝の身支度には女の子並みにじっくり時間をかけるMIZZです。
朝風呂に入ったりするせいもありますが・・・(爆)

↓これはkare-oojiさんを迎えに行く時に見た遠州灘の朝景。
ちょうど太陽が出てきたので思わずパチリ。
今日もいい日になるといいけど。。。
P1010377.jpg




その結果・・・
<前半>
ダボ2つに対し、パー2つ。後は全部ボギー。
いつもなら『あーぁ、今日もMr.ボギーマンだよっ!』って嘆くのですが今日はなんだか穏やかな気持ちでラウンドできました。
2つ目のホールでダボを打って、その後にパーを獲ったのに後輩のkare-oojiさんがチップインバーディーなんぞを決めやがったせいで盛り上がったせいもありますね。
しかしながら途中でパットのラインに掛かる自身のマークをずらしたのにそれを戻さずにプレーしてしまってペナルティを受けたのが痛かったです。
で、結局ボギーペースの『45』
へたげに30台が出て必要以上の期待をするわけでもなく、前半より1打でも少なければ80台が出せるということで程よいプレッシャーで後半に挑むことができました。

今回は前後半の間に昼食休憩はありませんでした。
18ホールスルーです。
ですが、ここでご紹介。
ラウンド後に私が選んだものは・・・

じゃーん!!
『和風ハンバーグ定食』
大根おろしが掛かったさっぱり和風テイストが味わいたい気分でした。
こんなに大きな椀のアサリの味噌汁が付いてきたのは予想外。
ハンバーグも肉汁たっぷりでどちらかと言えば細かい挽肉を使ったタイプのキッチリした感じのものでした。
P1010393.jpg



<後半>
これは後半スタートをあと1組待つ様子です。
いい天気と気持ちよい広いステージが拡がっているのがわかりますか?
尚、写っている方は前の組の方ですのでうちのメンバーではありません。悪しからず。
P1010391.jpg



ドライバーがよく捕まるようになってきて左ラフまで飛んでしまうこともありましたが、手に残った感触は気持ちよく、特にダメージは受けませんでした。
練習場でいくら打ってもダメなのが嘘みたいです。
どうやら最近は本番の方がドライバーに関してはいい球が出ます。
それだけボールの性能が良くなっているのでしょうか?
もちろんコースボールを使うことを前提として細かいスペックを決めたドライバーではあるんですけどね・・・
で、後半はダボ2回ながらパーも4回、残りはボギーで合計『43』

前後半合計で『88』。とりあえず目標達成です。


しかも88と言ったら80台後半であり自分の平均値からすれば悪い部類なのですが、なんだかとても清清しい!


もちろん天気が最高だったのと楽しいメンバーに恵まれたのもあるのですが、課題であったドライバーは捕まりのいい球を何回も打てたし、自分ではセカンドサーブと呼んでいる意図したフェードならちゃんと打てました。
バンカーにも4回入りましたが、一番苦手な遠いバンカー(40ヤードくらい)も含め全て一発で出すことが出来たし、そのうち3回はピンに2~3mに付けられました。

そして悪かったところがパターの引っ掛けとロングパットのショートいう明解だったところ。
恐らくそれで5~6打は損しているかと思います。
それはそれで問題なのですが、前回もパターがめちゃくちゃだったので気分を変えて昔のパターを引っ張り出してきたのです。
だから、その性能差により引っ掛けたりショートしただけなので、そのせいにすることで問題はなしということにします。
でも、そのパターは今でこそエースパターではありませんが¥68,000の逸品なので是非、復活させたいところではあります。
処方方法はもう決めてありますけどね。
重くすれば良さそうです。

それとトリプル以上を一回も打たなかったこと。
これは重要です。
トリプル以上は取り戻すのが大変ですから。

そしてボギーやダボを打ったホールは明らかに無茶な攻め方をした結果であること。
端のピンを攻めたり、奥のピンを攻めたり、ギリギリの番手で攻めてバックスピンが掛かり過ぎてグリーンから出ちゃったり、、、、
安全に80台を目指しながらも実験的なショットも絡めていたので現時点での自分の力量やどれくらいで打ったらどれくらいのスピンが掛かるのかもわかりました。
これは今後に生かせそうです。



意外とスランプ脱出って爆発的なスコアが出ることでなく、原因と結果がはっきりと自分で理解できて解決していることなのかもしれません。

そう信じて秋のもう2ラウンドを好成績で終わりたいところです。


ちなみにGDOハンデは前回の90や今回の88を入力しても何とか『14』をキープしてくれました。
次に72+14=86を越えてしまうと14より増えてしまうかもしれませんので、80台前半を目指していきましょう。


やっぱ写真があった方が楽しいね。
実は写真を撮る余裕が大事だったりして。。。。
そういやスコア悪い時って写真撮ってない。
スコアが悪くて余裕がなくて撮っていないのか、撮っていないから悪いのか。。。。?
  1. 2006/11/05(日) 09:59:09 -
  2. ラウンド報告 -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ


黄金週間スタート




昨日から世間は3連休ですね。
幸いなことに私も特にさし迫った仕事を抱えているわけではないので普通に3連休を迎えられそうです。

まぁそれだけでは『黄金週間』というほどでもないのですが実は来週の金曜日つまり11月10日もうちの会社は休みなんです。
一応、名目上は『慰安旅行』ということになっているのですが、どこに行くのかは各部署ごとに任されていて、多くの技術系の部署はごく近所の温泉ホテルでお泊り宴会というのが定番です。
舘山寺とか弁天島とか雄踏とか。。。

もう一つの定番はごく普通に(日帰り)宴会をやって済ますというところ。
普段の宴会では行けないようなちょっと高めなところに行く部署が多いようです。
女性が多い部署なんかではいくつかの部署が合同でバスを貸し切ってディズニーランドに行ったり、3連休を生かして台湾などに旅行に行ったりした部署も過去にはありました。

で、うちの部署は私が入社してから初めて一泊宴会が無くなり日帰り通常宴会に変わりました。
しかもそんな豪華な宴会というわけでもありません。
まぁその代わり旅行の積立金が返ってくるので(¥1,000/月×12ヶ月=¥12,000)臨時収入って感じでいいんですけど。
私は元々泊まらなければいけないほどそんなに飲むタイプではないので。

でも帰りの時間や交通手段を気にせずに飲めるということでのん兵衛には好評だったし、浴衣姿で畳の上で語るからこそ話せる内容もあるわけで、それがアンケートの投票によりなくなってしまったことに部署の忙しさや将来への失望感によって鉄の連帯感に微妙にヒビが入りつつあるのかなぁとビンカンに感じてしまったりするわけです。



さあさあ、そうは言ってもそれだけでは『黄金週間』とは呼ぶほどではありません。
実は私は来週8日(水)にも有休をとっています。
つまり昨日3日から12日までの10日間でなんと!3勤7休です。
あ~~夢の重役生活!

でも、ふと今、頭をよぎったのは
『あれっ?6~9日の4日間を有休にするだけで12連休になったじゃん!?』

それだけあったらまた海外でも遊びに行けたのにね。
そんな休み方してたら首切られそうだけど。。。

話を戻しまして3勤7休でもまだ黄金とは呼びません。
実はそのうち3回、ゴルフに行くんです。
一つは昨日3日。これはたまたま祝日で週末で最高の日に安いプランを見つけたので早速押さえておいたものです。
通常の定期的なラウンドの一つとしましょう。

そして10日は前記の通り慰安旅行の一環で毎年実施している私が主催する会社の仲間や友人たちのゴルフの集まりの唯一の平日大会です。
例年はこの辺では葛城の次くらいに料金が高く、休日には大会を設定できない浜名湖カントリークラブで行うのですが、今年は全ベント芝化した関係で大盛況らしく何と!平日なのに満員だそうで。。。
で、今年はレイク浜松カントリークラブしました。ここもいいコースなのですが若干高いのであまり大会の設定はできませんので。
これも例年通りなので私のラウンドルーティンの範囲内です。

で、8日。
10日に浜名湖カントリークラブに行けなくなったからってわけではないのですが、市が主催するチャリティゴルフ大会に出場することにしました。
好きなゴルフでチャリティに貢献できるならいいじゃないですか!
なんていう理由は20%くらいですが、いつものメンバー以外の人とラウンドしてみれば違う何かが得られるかもしれないし、今後ゴルフ競技に出ようと考えた場合に、当日に初顔合わせした人とうまくラウンドできるかどうかという緊張感を経験しておきたかったからです。
幸いにも自分の周りには迷惑なプレイヤーは居ないのですが世の中には酷いゴルファーが居るらしいですからねぇ。
もちろん、そんな方に当たらないことを願いますが。。。

平日のチャリティゴルフってことで地元のご隠居さんとか開業医とかが集まってくるんじゃないですか?
勝手な妄想ですけど・・・w
最近、仲間内の中では飛ばない部類の人になりつつあるので、おじさん、おじいさん相手に
『お兄さん、飛ぶねぇー!!』
と言われてきますわ。


  1. 2006/11/04(土) 12:20:04 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


MIZZ

10 | 2006/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。