Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


直感バトン




なるもにあさんのところで記事が長くなりがちな私でもなんだか簡単に出来そうなバトンを見つけたので拾ってきました。

今回は深くコメントせずにササッとやってみましょうか。


01.アニメと言えば?
『宇宙戦艦ヤマト』
特撮モノからアニメに移行しつつある年代の頃に夢中で見てたのがこれかな?
その前でいくと『マジンガーZ』っていうのもアリだな。

02.コミックと言えば?
『沈黙の艦隊』
なるもにあさんとの共通点を見つけてビックリ!
実は私は漫画喫茶に一度も行ったことが無い上に、少年ジャンプなどの週刊漫画雑誌を自腹きって買ったことが無いんです。
そんな私が唯一持っているのが『沈黙の艦隊』と『ZIPANG』。

03.声優さんと言えば?
神谷明
野沢雅子

04.03.の人と言えば?
神谷明・・・キン肉マンそして冴場涼
野沢雅子・・・やっぱ星野鉄郎だな。。。

05.曲と言えば?
んっ?広すぎてわからない。
具体的な曲名より
『それぞれの心の中に流れているもの』
ってイメージしちゃいました。
しょうがないよね?直感だもん。

06.ゲームと言えば?
ギャラクシャン
でもクルマものが大好き。
ゲームコントローラーでやるのは嫌いなので家ではしない。

07.ラジオと言えば?
完全なテレビっ子なのでラジオを聴かないのですが中学の時に聞いていたのは『オールナイトニッポン』
しかも鶴光の「この歌はこんな風に聞こえる」のところだけ専門に聞いていました。
『ジェットストリーム』の音楽が流れると『あぁ~もうこんな時間だ~ 勉強何もやってな~い』って焦りました。

08.サイトと言えば?
毎日最低1~2周してくる皆さんのブログです。

09.雑誌と言えば?
ゴルフ雑誌各種かな?
ほとんど全部買ってたのに新しい会社に入ってから一冊も買ってない。
スランプも脱出したし、クラブも揃ったから別にいいかな?って感じ。

10.前の人のQ11とは?
(わからなくなるので質問も書いてください)

なるもにあさんのQ11は・・・・
☆カラオケでこれだけはどんなことがあっても絶対歌う(歌いたい曲)♪
(自分のテーマ曲みたいなのでも可)

これはやっぱり『聖飢魔Ⅱ』の『蝋人形の館』だな。
ウケがいいので・・・

11.次に聞きたい質問は?
『第二の人生を歩むにあたって住んでみたいところは? そしてその理由は?』
国でもいいし、都市名でもいいし、具体的な環境でもいいです。

MIZZの場合は2000年に行ったスイスの『グリンデルワルド』という街がとっても好き。
こじんまりとしているけど大きな山がすぐ近くにあって、そして雲がすぐ手に届くところに起きる街だった。

環境で言えば少年の頃から変わらず思っているのは・・・
『敷地内に小さな川(沢)が流れていて、テラスにリスが遊びに来る家』

スポンサーサイト
  1. 2007/05/31(木) 00:30:06 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


笑って過ごそう




なんだか暗い話題ばかりですね。。。


私はそんなどことなくテンションが下がった時に見に行くサイトがあります。
(んんっ?なんだか怪しいサイトへの入口みたいな文句だね^^;)


もしかしたら以前にも紹介したかもしれないけど自身のブログに検索かけても引っ掛からなかったので大丈夫かと思うんですけど。
まぁあったとしてもその時以降の新規読者も居るからいいかな?


ていうかそれ以前に皆さんもネット世界から飛んで来られた方なのでご存知かもしれませんね。
有名だから。
でも知っている方でも久しぶりのことでしょう。


今夜はここに飛んでいって軽く笑いましょう。

いわゆるFlash職人の方が作った最高傑作!


『中村屋』



ダウンロードが100%完了したら
『スタート スピーチをお願いします』
という部分をクリックしてください。

あっ、音声は出してくださいね。

YouTubeでもあるみたいだけど本家本元の方が圧倒的に画質のクオリティが高いです。

それでは。

  1. 2007/05/29(火) 23:12:39 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ


再募集!




先週金曜日の午後に会社で『暑いなぁ~』と思っていたら夕方になって急に寒気がしてヤバイなぁとは思っていたんですがその後土日でも昨日書いたように喉が痛くてくしゃみが出て鼻水が出るという花粉症のような症状が今日も続いています。
風邪なのかアレルギー系なのかわかりませーん。
なので対処も出来ませーん。

さて、今日も何気に『芸恋リアル』見ちゃったんですけど、9ヶ月ぶりの歓喜です。

<<9ヶ月前の記事はこちら>>

何と今週の恋愛運がいい誕生日の男性4位にまたしても私MIZZの誕生日である11月23日が選ばれていました。
年に52週しかなくてそして週に5人しか選ばれないのに9ヶ月でまた登場するなんて結構な確立じゃありません?

そこに選ばれたからって何も結果は出ていないんですけどね。。。


で、今回そんな11月23日生まれの私と相性がいい女性の誕生日は
『3月14日生まれ』
だそうで。。。


そんな方が身近にいっらっしゃいましたらご連絡を!

ちなみに女性有名人で3月14日生まれを調べてみたら・・・
・渋井陽子(マラソン)
・ほしのあき
・純名里沙

うん、悪くないよ♪

<<芸恋リアルのHPはこちら>>



  1. 2007/05/28(月) 23:02:42 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:6 -
  5. ↑TOPへ


ハニカミ王子を技術的に斬る




いや~なんですかぁ~、、、この騒ぎよう。

『ハニカミ王子』こと石川遼クン。


一応ゴルフブログなんでちょっと触れておきますか?

そもそもこの試合の時は私は外に出ていたのでTV中継を見ていなかったのですが3日目の終了時での上位くらいはチェックしてました。
でもそこに彼の名前なんてなかったので最終日終了後にニュースを見て『えっ?誰?この子』と思ったのが正直なところ。

最終日に大爆発して逆転優勝したので無理は無いんだけど全くのノーマークです。
2位に1打差で宮本勝昌プロが入っていたことも複雑な気分。
それでピンと来ない方はこの過去記事をチェック!
(こちら)
宮本プロだって暫らく優勝から遠ざかっていたので賞金が2000万円貰えたことよりも名誉が欲しかったはずです。
すぐさま宮本プロのブログを見に行きましたが意外とサッパリしていたし、そもそも自分のプレーには満足していなかったようなのでそんなので優勝してしまうよりは今後の糧になったのかなぁ(と信じたい)


さて、話は戻ってハニカミ王子のプレーについて。
先ほども告白したようにTV中継を見ていないのでどれほど当日実際に映っていたのかわからないし、きっと最終日に爆発したことから推察すると最終組から結構前の組だったはずなので後半4~6ホールの中継ホールには引っ掛からないはずです。
現場でも途中から「なんだかアマチュアが急に浮上してきたぞ!」って騒ぎになって慌てて追いかけたはず。

なのでTVで何回も映っている17番の長いバンカーショットがチップインしたシーンだけでお話します。

まず、同じ現場でプレーしてたとしたら『入ったー!スゴイ!』の後に『ピンに当たって良かったなぁー、あれ当たっていなかったらどこまで行ってたかわかんないぞー』って冷やかすようなショットです。

でも安全にいっていたら決して入らなかったショットでもあります。
入れに行くからこそ絶対にカップに届く強さで打ったわけですし、、、
タイガーが好きだって公言しているくらいだから攻めていけたのでしょう。
見る側としては安全策でいかれても参考にはなってもおもしろくはないので前者はプロに任せるとして後者はアマチュアである彼の役目を果たしたと言っていいでしょう。
入れにいって入らなかったらその後で考えればいいことです。
ここまでは精神論。

次は技術論です。
中継でも言っていましたがゴルフをやる人ならわかるという難しいショットです。
長いバンカーショットってやつですから。
大ホームランをしてオーバーするか、それにビビッてやっとバンカーから出る程度に終わる危険性大です。
パッと見た感じでは白い砂で柔らかそうなので距離を出すにはさらに難しいでしょう。
そこをビビらずにしっかりと振り切っているところがまず○。
で、私もビビらずに振り切るのですがうまくいかないこと多々あり。
じゃあ、何が違うのか?

『彼がバンカーショットを打った後にクラブがスルスルっと手の中に滑り込んできているところにミソがある』

と思いました。
自分なりに上手く打てたという実感があったからこそちょっと格好付けてやる仕草ではあるのですが、あまり強くクラブを握っていない証拠です。

だから

『速く振っているけど強く振っているわけではない』

というところが天晴れ!


遼クン、これ、バンカー嫌いなMIZZおじさんも今後の参考にさせてもらいますよ。

  1. 2007/05/27(日) 13:15:17 -
  2. ゴルフ -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


砂まるけ




そもそも『砂まるけ』って皆さんに通じるのでしょうか?
絶対方言だよね?これ。

共通語で言うなら『砂まみれ』ってところでしょうか?
でもね、、、こちらの感覚からすると『砂まるけ』と『砂まみれ』は状況が違うような気がするんだけど。。。



それでですね、何が言いたいかと言いますと『黄砂』のせいかどうかわからないんだけど毎日砂まるけです。
車も家も。。。

元々洗車をマメにする人ではありませんが車なんてボディも窓ガラスも砂が溜まっちゃっています。
朝乗れば夜の間に溜まった砂が窓を覆っていますし、夜乗れば昼間に溜まった砂が視界を遮ります。
車はそれで諦めればいいのですが、家の方はと言いますとこの季節、花粉症も終わったし、エアコンをつけるほどの暑さでもないので窓を開け放して新鮮な空気を入れるのが気持ちいいのですがそうすると窓際が砂まるけになってしまうのです。

窓のサンはこんな有り様。
1週間前に掃除機で綺麗に吸ったばかりですよ!
P1020611.jpg


これ、窓の内側です、内側!
内側なのに隣りを網戸にしているとこんなになっちゃうんです。
もちろんこれも1週間分。
P1020610.jpg


いや、結構風も強いので窓際だけでなくかなり奥の方まで砂が入ってきます。
裸足で歩いているとジョリジョリという嫌な感触が足裏に付いてきます。

GW前に長野方面に行った時には街中を走っていても明らかに静岡よりも黄砂の量が多いことを感じました。
やっぱり北側、西側の方がスゴイんだろうなぁ~と思ったのですが、それから時が経ってみてその時の同等以上の砂を感じます。

ただし、この辺は元々西風が強い地域でありまして特に冬の晴れの日には尋常ではないくらいの強風が吹きます。
なので昔からその風に乗って砂が飛んでくることは多々ありました。

ですがそれは冬の乾燥した強風の日の話。
それ以外の季節ではそんなに被害はありませんでした。

しかしながら思い当たる原因は他にもあります。
以前は我が家のちょうど風上の西側に家が建っていました。
そしてその家のさらに西側は昔ながらの地主の大きな土地があって畑が広がっていました。
ですがその家が建て替えられた時に大きく北側にズレてしまって我が家の西側がノーガードになってしまったんです。
しかも、時を同じくして高齢化から地主の畑も作付けするのをやめてしまったんです。
つまり春~秋の間は作物が植わっているのでその緑や撒く水のせいで土が舞うことがなかったのが、ただの地面が剥き出しになってしまっているので雨で濡れていない限り風で土が舞い上がってしまうようになってしまったんです。


なので今回の我が家周辺の被害の有り様が黄砂によるものなのかそれ以外の部分もあるのかがイマイチ掴めません。

あっ!でも一昨日くらいから眼もカユイし喉も痛いしクシャミも出ます。
これは絶対に黄砂の影響でしょー!

皆さんの所ではいかがですか?



ちなみにその休耕してしまった地主さんの畑ですが、一部を自分用に残し残りは全て住宅地として売るという噂を聞きました。
家が建つことによってその日の天気を自分なりに判断したり季節の移り変わりを楽しんでいた遠景の山々が見えなくなる寂しさはありますが、この砂害が無くなってくれれば少しは助かるかなぁ。。。
砂って電子機器にも車にもそして身体にも細かいところまで入っていって色々な不具合を起こしますからね。

街が発展していくのは避けられないことなのでどうせならこちらにも利点が無いとね。
でもやっぱり山が見えないのは寂しい。。。
希望としてはその休耕畑が緑の公園や森になること。

えっ?僕がその土地を買い取ればいいって?
恐らく全部で500~700坪はあると思います。
そしてこの辺は住宅地としては人気のエリアなので坪単価は30~35万円を下りません。
(都市部にお住まいの方、そんなに安いのか!とお思いでしょうか?)
なので最低でも2億円以上は必要かと。。。

あっ!そうだ!
totoBIGは買っていないけど、ドリームジャンボは買っていたんだわ。。。
  1. 2007/05/27(日) 12:01:07 -
  2. 日常 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ


2週間経って




さて新しい会社に入社して”既に”というか、”もう”というか2週間。

実のところ慣れるとか慣れないとかいうレベルではない。
毎日あっという間に8時間以上が過ぎてゆく。
まだ組織全体も見えていない中で2週間のほとんどを部署を離れて現場で過ごしているので”森を見て木を見ず”といった感じ。
いや、そうじゃない、、、”違う林の木”しか見ていない。

社会人になって客先の製造ラインで立って作業することはあったがこんなに毎日毎日休憩時間以外の全てを立ち仕事などしたことがなかったので毎日どこか身体が痛いです。
特に足。
痛い上にさらに翌日も無理するものだから治る暇も無い。。。

でも意外と上半身は丈夫に出来ているのか?あるいはゴルフをしているのが効いているのか?あまり痛いところがない。

この2週間ではかなり気温が上がった日があったがそんな日に限ってエアコンがあまり効かないエリアで作業していたりして休憩時間の度に500mlの飲み物を一気飲み出来てしまう。
それも最初のうちはせっかくだから痩せてやろうとお茶を選んでいたのだが午後になると『何かが足りない!』と身体が欲してきて『スポーツドリンク等で汗で失われたものを補給してやらないとマズイんじゃないか?』と生命維持装置が働いてそれを飲むようになった。

現場では研修期間中の身なので残業することもなく定時で上がれるが、その後自分のデスクに戻って事務処理をしたりしている。
それでも以前の仕事に比べたら残業というレベルの時間ではない。

なのでまあまあ早い時間に帰れるわけなのだが、これまた家が近いというのはどこかに寄り道して帰ることが非常に億劫になることがわかった。
今まではどこをどう経由して帰ろうが『ルート変更』という認識だけで『回り道』という概念があまりなかったのだが、今回のパターンはどこへ行こうとも回り道である。
それどころかその途中にはコンビニくらいはあるのだがそれさえも寄る気にならない。
その理由は一日中作業帽をかぶっているので髪に帽子クセがついてしまいそれが恥ずかしいからに他ならないのだが・・・
(そういう現場系の人がロン毛でパーマな理由がわかったような気がします。。。そしてそんな茶髪でロン毛のお兄ちゃんの方が仕事が断然速い!)

それでもあまりクセが付かなかった日にちょっと買い物に行ったのだが例えば今までなら本屋やコンビニに行って雑誌を読み漁りちょっと気になる情報が載っていれば片っ端から買うのが常だったのだが肉体労働をしていると活字を読みたくないことがわかった。
隔週で10年以上買い続けていたゴルフ雑誌さえ買わずに帰ってきてしまった。
活字よりも水分!(笑)
私の普段を知っている人ならビックリすると思うが毎日ビールを飲んでいるような状態です。
(でも80%以上はノンアルコールビールです。別に酔いたいわけじゃないし、甘くなくカロリーが低い炭酸飲料という意味で好んで飲んでいます。銘柄にはうるさいけど・・・)

ちなみにその時に緊急で買ってきたのはこれ。

『5本指ソックス』
P1020604.jpg

今までの会社は社内専用の上履きであるスリッパに履き替えて過ごせたので足元が蒸れる心配はなかったが、今度は安全靴着用が義務付けられているので選べないし蒸れるのは避けられないと思うんです。
なので、これ。
今までもゴルフの時はふくらはぎまでをサポートする機能もプラスして足元が踏ん張れることから5本指ソックスを愛用していましたがこれからは仕事用としてこれを愛用していくことにしようかと思います。



そして
『タオルハンカチ』
P1020607.jpg

もともと汗かきなのでタオルハンカチは好きだけどこれも常用しようかと思います。
で、今までも当然持っていたのですが油が付いた手で扱うのはもったいないので安物を買い揃えることにしました。



そうそう、話は戻って、身体を動かす仕事なので晩ごはんだってここ数年は余程のことがない限り茶碗に2杯がデフォルトだったのに最近では3杯食べないと気が済まない。
昼飯だって今までのように仕出し弁当ではなくカフェテリアスタイルの食堂なので好きなものを好きなだけ食べられる。
さすがにここは多少考えて一品増やしたい時には野菜サラダやひじきの煮物などにしているが、途中からご飯の大盛りが可能だと知ってからはそうせずにはいられずにwそうしている。

どう?
どこも寄らずに真っ直ぐ家に帰ってきて、作ったご飯をモリモリ食べてくれるんだよ?
今なら理想的な旦那さんになれる自信があるね。(笑)


それじゃあいくら立ち仕事をしているからと言っても太るだろう?と思いきや、昨日久しぶりに体重を測ったところ入社前に測った時より・・・

『1.5kg痩せていた』(体脂肪率、BMIは変化なし)

そして・・・・

『心なしかいつものベルトの位置がゆるい』


どうです?皆さん?
好きなだけ食べて好きなだけ飲んで痩せられ、そしてお金も貰えるという・・・・

『現場作業ダイエット』


その現場の実務を請け負っているいくつかの派遣会社はどこも求人を大募集中ですよ。
紹介しますけど・・・?

  1. 2007/05/21(月) 22:54:25 -
  2. 日常 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:6 -
  5. ↑TOPへ


新しい相棒




先日スランプ脱出宣言をいたしましたが、じゃあ冬場から取り組んでいるスイング改造がうまくいったのか?と言えば決してそうではないと断言できます。

だってそんなに真剣に取り組んでいなかったモン。

今までどんな不調もスイングは変えずにクラブチューニングで対応してきたのですが今回のスランプ、特にアイアンの当たりが薄くて弱々しい事実はクラブではどうにも出来ないだろうと思っていました。
なのでスイング改造に取り組もうと思ったのですが、技術革新は進んでいくんですねー


このアイアンが私を助けてくれました。
P1020591.jpg


ちょっとわかりにくいですかね?

以前にラウンド試打したりジャパンゴルフフェアで目をつけていたやつですよ。
クリーブランド ハイボアアイアンですよ。

最近、私のブログ検索ワードでも1日に最低でも1~2件は『ハイボアアイアン』で来られる方がいらっしゃるようなので緊急投稿です。



[新しい相棒]の続きを読む
  1. 2007/05/17(木) 22:23:50 -
  2. ゴルフ用品 -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


スランプ脱出?




時はどんどん過ぎてしまうので書いていかないと・・・

去る5月5日、浜松シーサイドゴルフクラブに行ってきました。

以前に書いたようにその前回5月2日の伊良湖シーサイドでは久々の80台が出て気をよくしていたがコース的に初めてでも簡単なイメージがあったのでここは一つ過去の実績があるコースで連続80台を出して本物の復活といきたいところだった。



だが現実には出だしのPAR5(1番ホール)でティショットがド引っ掛けで2打目は出すだけ、その後もドタバタしてダボ。

2番ホールは安全にフェアウェイをキープしたが2ndはやや薄くグリーン右手前。そこからのアプはイマイチでボギー。

3番は2ndがスタイミーで無理に狙えなかったのだがやはりアプが冴えずボギー。

4番ショートで何とか1オンしてパーにしたのでもう1個パーを取ってボギーペースに戻したいと思っていたところに5番は何と!トリプル。

あ~ぁと思っていたところを悪魔に付け入られて次の6番もトリプル。

こいつはさすがに万事休す・・・と思いながらもゴルフは楽しいので頑張っていたところに7番でやっとパーオンしてのパーが転がり込んできました。

ここで気合いが入って8番PAR3でグリーンは外したもののアプがやっとOKゾーンに決まって連続パー。

そして9番PAR5で確実に3オンして3mを沈め今度はバーディー。
ウーン!浜松シーサイドの9番でのバーディー率高いわ!

ここで計算してみると後半の追い上げが効いて意外なことに『45』のボギーペース。
これなら後半しだいで80台が出せるので俄然やる気が出て昼食に向かいました。


さて気合いが入ってスタートした後半。
ですが10番もティショットはイマイチでボギースタート。

11番PAR3もグリーンを捉えられずボギー。
スランプ時のようなもの凄く悪いショットは無いんだけどなぁ~

12番、2ndでピンは指さないがアプが決まってパー。
だが13,14,15番と決め手がなくボギーが続く。
パー逃しが多かったのでストレスが溜まるが冷静に計算してみたら12番のパーがあるのでボギーペース以下を守っていることに気付く。

しかし貯金を作ろうと16番で積極的にピンを狙ったらピンにガッシャーン!と当たってしまいグリーン奥へ飛んでいってしまってダボとしてしまい貯金0。

17番でも奥のピンを攻めたつもりがショートしてボギー。

しかし後が無い18番で気合いを入れてパーを奪取して無事に『44』

当然ながら合計は『45+44=89』
ギリギリだけど自分にとっては価値がある80台です。

・連続トリプルから復活した。
・好調時のように前半より後半の方がいいスコアである。
・同様に上がり3ホールが良い。
・伊良湖に続き3パットが一度もなくパット数も30である。
・パーオンは少ないが全て花道には止まっておりさほどブレていない。
・トリプルの理由も超難関バンカーだったからであり理由が明確。


以上の理由によりここにスランプ脱出を宣言いたします!

よ~し!
今シーズンは特に楽しくなりそうだぞー!
  1. 2007/05/15(火) 22:52:35 -
  2. ラウンド報告 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


結婚式




書きたい記事はたくさんあるけどどれもボリュームが大きくなりそうなものばかりで。。。。

そんな中でもやはり記事アップのタイミングが重要でたまには人の写真でも・・・ってことでこいつにしましょう。
ちょうど写真本体を昨日休日出勤してた新郎に渡し、モザイク無しでの記事アップの了解も得ましたので。


ご存知の通り、私の撮る写真はネイチャー(自然)写真がほとんどです。
そういう場所に身を置くのが好きなのと、じっくり構えて考えながら写真を撮れるっていうのがその理由です。
まあもっとも自然はそこに行けば待っていてくれますが人物は相手の許可がなければ撮れるものではないですからね。


ですが、やはり写真を趣味にしているということが社内等で有名になるとそれなりに人物写真の依頼もあります。
知り合いの女の子に頼まれてポートレートを撮ったこともあるし、その子の友達で『ヌードを撮って欲しいという子が居るんだけど・・・』と言われたこともあります。
『別にいいけど・・・』と言いつつも躊躇していたし、こちらから積極的に『撮らせて!撮らせて!』というのもおかしいので話を進めずにいたらそのまま立ち消えになってしまいました。
惜しいことをしたかねぇ?


そして何といっても多い依頼が『結婚式』です。
友達関係でも2~3組、以前の会社関係でも5~6組は撮ったでしょうか。

その内の1組は新郎がリムジンで自宅を出発して新婦の家まで迎えに行き、そこから式場まで行く様子も含めて密着取材までしたことがあります。
また別の1組は費用削減の為にプロカメラマンを依頼せずオフィシャルカメラマンは私一人のみ。
これはさすがにプレッシャーです。
だって親族一同の集合写真とかも撮るんですから。。。
やり直しもきかないし。。。
その頃からですね、結婚式にカメラ2台で挑むようになったのは。


さて今回のお話は先月22日の吉日。
元会社の同僚の結婚式に参加することになりました。
(同僚と言っても私は中途入社者ですから彼は5つ年下だけど先輩って感じです。そして社内結婚なので新婦の方も知っている子です。こちらは私よりも後に入社したので純粋な年下の後輩)

本人から招待状を受けた時、
『MIZZさんはいつも結婚式に出ても写真撮影ばかりで忙しいから今回はどっしり座っていてよ。ただし各テーブルを周る時、一緒に写真を撮りたいのでその時だけ写真を撮って!』
と言われたのですが、まぁ数枚だけいい写真を撮ってそれをお祝いにでもしてやろうかと思い機材一式(でも今回はカメラ1台だけ)を持ち込んだわけです。
ですが当日に本人から
『もしよければお金は払うから撮りたいだけ撮って!』
と言われたので調子こいて本気モードで撮ってた次第です。
結婚式イコール落ち着いて座っていることがないのでこの方がいつものペースになっていいです。


式はホテルコンコルド浜松で行われました。
私が撮影したカップルの中でもここで行われた確立は高い方です。
別のカップルの式の様子を見て予備軍であるカップルが自分たちもここでやろうと思うからなのでしょうか?
ちなみに私、過去にここの館内で前撮りを撮影してたらホテル支配人がそこを目撃して
『あのカメラマンはうちの契約カメラマンじゃないじゃないか!』
と後で担当営業にクレームを出したらしいです。
すかさず担当
『いや、、、あの方は新郎新婦の友人の素人なんで・・・』と。

さてコンコルドが仲間内で人気が出てきたのは屋外にチャペルを作ってからだと思っています。
写真を撮る側からしても絵になる方がいいですもんね。
それに屋内より太陽光の元で撮る方が好きなので屋外チャペルはうってつけです。


それでは結婚式スタート!
出席者全員が着席です。
チャペルって席が空いている限り披露宴に出席しないメンツも出席できるからいいですよね。
なんだか周囲にペコペコしながら、尚且つちょっと照れながら入ってきます。
FH020012.jpg


(ちなみに写真の解像度的には個人的に気に入らないのですが写真屋で同時プリント&同時CD-Rをした時のものですのでお許しください)



[結婚式]の続きを読む
  1. 2007/05/13(日) 21:34:33 -
  2. 日常 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:8 -
  5. ↑TOPへ


ぶんぶんぶん




今週は本当に人生の転機となる1週間でした。
もちろん精神的にも疲れましたが面接の時の緊張感に比べたら屁でもないですね。
というよりそういう面で新しく入った人が不安にならないように全ての面に渡ってしっかりとフォローしています。

どこかの会社みたいに中途はおろか新卒の配属の日にさえ座席が用意していないなんてことはありません。
あれって結構ショックなんですよねー。
「俺って必要とされていないのかなぁ。。。」
って思っちゃいます。

だから前職に在籍時代は結構その辺にはこだわってて配属の時期が近付くと上司にハッパをかけていたりしたんですけど、社員の人数もまだ少なくて座席などいくらでもある頃に入社してその後転職経験が無い人はその辺がわかっていないんですよね・・・
新しく入った人にとって唯一の自分のエリアなのにね・・・


さてさて、会社や学校に通っていると、ましては車庫からすぐに車に乗り込んでしまうと家の周りの風景と言ったって朝の限られた時間帯のほんの一部分だったり夜になってからの風景しかわからなかったりしますね。


今回は今となっては懐かしいプー太郎時代の4月初旬に撮った写真。


被写体を見つけるにはゆっくり歩いて探せと、かの師匠も(どの師匠?)も言っていました。
この日、たまたま昼間に出掛けて戻ってくる時に近所の庭先に鮮やかなレモンイエローで咲く花々を見つけました。
早速荷物を家に置くとデジカメ片手にその現場に向かいます。
P1010834.jpg

P1010835.jpg


そしていつものようにマクロモードに切り替えて接写を始めていると・・・
P1010840.jpg



『俺も写してくれ!』とばかりにカメラ前にしゃしゃり出てくるやつがいます。
P1010841.jpg



花だけだと『あぁ~キレイね』で終わってしまうのが最近の傾向でもわかったのでこの脇役はウェルカム。
いやむしろ主役にしてしまいましょう。
(今回も全ての写真がクリックで大きくなります。この小さな主役を見るために是非大きくしてください)
P1010842.jpg

P1010848.jpg




かなり近付いて接写しているのでブ~ンと羽ばたく度にビビリながら写していたのですが・・・
(しかも私、フローラル系香水愛用者)
P1010855.jpg



彼はかなりの働き者らしくこちらには全然目もくれないで一心不乱に働いていました。
P1010857.jpg



こんなハチさえ一生懸命働いているのに俺はこんなことしてていいのかとちょっと後ろめたささえ感じた春の昼下がりでした。。。。


しかし今、自身も働きバチのごとく働いております。

研修で製造現場に入って立ち仕事をしているのですが、足が痛いです・・・・
疲れたとかいうレベルでなく左足だけがくるぶしの反対側(つまり内側)と土踏まずの間の部分がちょっとだけ腫れているというか飛び出しています。
作業中の動きの中で縦移動、横移動、持ち上げる等がありますが、半身の体勢が結構多く「こりゃネジリ運動でウエストすっきりだな。。。」と思っていたのですが、恐らくここに負荷が集中するような動きなのでしょう。


  1. 2007/05/12(土) 10:12:14 -
  2. 写真 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


プー太郎の弊害?




というタイトルにしてみましたが何がって?

とりあえず今のところは残業も無いので思っていたよりも8時間労働くらい平気でした。
まぁほとんどは座学での研修なので寝てなきゃOKという感じ。
新しい事項ばかりなので飽きることもなくおもしろいです。
ただし慣れないYシャツ&ネクタイの上に長袖作業服を着ているので動き回るとかなりの汗を掻きます。
(明日からは本格的に業務に入るので動きやすいように軽装で行く予定です)


研修中はそれはそれは鬼のようにメモ魔になっていました。
(前職では多少なりとも新人教育の役もやったことがあるので不思議な感覚でしたけど。。。)

で、何が弊害かって言うとそのメモの時にとにかく漢字が思い出せないのです
いわゆる”ド忘れ”です。
簡単な漢字でも出てこないことが多くあります。

元々漢字はそれほど苦手にしていないしブログ等で活字にも触れていたと思っていたのですがやはり『書く』という行為はまた違うようです。
ちょっと焦ります。


仕事内容的にはまだ入口の説明を受けただけですが、面接等でアピールした私の強みの部分を考慮してもらった配置や役割のようで、今までの経験も生かせそうなので新しい仕事への不安はちょっと消えました。
設計や開発など、自分が希望していなかった部門の仕事を命ぜられた前職の入社時よりは不安が無い気がします。

全然仕事のイロハもわかっていないのにこんな風に書くのも危険なんですけどねー
まぁその時々の思いを書くのがブログってことでいいじゃないですか。

それでは今日はこの辺で。
  1. 2007/05/08(火) 23:48:04 -
  2. 日常 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:10 -
  5. ↑TOPへ


終了~




長かったような短かったようなプー太郎期間も本日で終了です。
その間、かつての同僚や友人に会ったりもしましたが私がもう既に新しい所で働いているものだと思っている人が結構多いことに驚かされました。
ちゃんと説明していたはずなんですけどねぇ~。。。

今日の新聞広告ではやたらに旅行会社のツアーの広告が多いように感じました。
GW最終日で成田に帰国する映像を見て「今度は俺達も行くぞー!」って思う需要を期待しているんですかねぇ?

何人かの方に言われたし、今思えば海外旅行に行けば良かったかな?と思うのですが、意外と1週間置きぐらいに外せない法事や慶事などの用事などがあってうまくスケジュール出来なかったことと(事前に3月くらいで決めておけばよかった・・・)やはり海外は言葉の問題が伴うので常に緊張感が張って心からリラックスできないのでは?と頭をよぎったからです。
添乗員が付くツアーなら関係なかったのだろうけどね、惜しかったかな?


明日から未知の場所での仕事が始まるわけです。
自分のキャラクターも理解されていないのでなかなか自由に振舞えないかもしれませんが何とか早く溶け込んでいきたいところです。


今夜はいつも以上に眠れない日曜日の夜になるのだろうか。。。。?
  1. 2007/05/06(日) 23:59:47 -
  2. 日常 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ


母校訪問




先週のことになりますが久しぶりに母校の高校を訪れました。
もちろん何の用もなくプラっと寄ったわけではありません。
新しく入社する会社の方で『卒業証明書』が必要だと言われた為です。

今回で3回目(4社目)の転職になるわけですがそんなことを言われたのは初めてです。
噂によればやはり大きい会社になると学歴詐称とかで入社してくる人が僅かながらでもあるらしいとのこと。

それに1社目は学校を通じて求人を出しているので会社側も安心しているはず。
2社目は除いたとしても3社目は地元企業なので卒業を証明するまでもなく学校名の名が通っている。
それになにより同級生が働いていたから証明書など無くても言わば口コミで証明できたのだろう。
(かと言って同級生が居ない人は証明書を要求していたか?と言えばそんな事実はありません)

ということでやはりこれは今回の会社なりの方針だと思われます。
それに面接の時でも感じたのだが生粋の地元企業ではないので高校名を出したところで何のリアクションも無い感じです。
(今までの会社では先輩の中に同じ高校の卒業生も多く、名が通っていました)


で、問題の卒業証明書ですが(卒業証書とは違います)卒業時に貰ったような気もするし、貰わなかったような気もするし。。。。

もし貰っていたとしても20年前の話。
押入れを探してみたところで簡単に出てくるものではありません。

ということで探すよりも再発行してくれるものなら母校に貰いに行った方が早いだろうってことで行った次第です。
最近では卒業生と言えども学校も自由に入れないかもしれないし、そんな証明書は出してもらえないといけないので事前に電話してみると出してもらえるとのことでいざ向かいました。
ちなみに新しい会社からは『成績証明書』の提出も求められていたのですがこれはさすがに卒業から年数が経ちすぎているので発行できないそうです。
あんまり高校での成績は良くなかったのである意味好都合だったかな?w

ということで10年以上ぶりに母校の門をくぐりました。

在校時代にはあまり立ち寄ることのない事務室へ直行。
(↓これは事務室から生徒昇降口方面を見た図)
P1020191.jpg


手続きをしていると在校生の女の子3人組が来客用玄関付近を掃除するために私の脇を通り過ぎようとしていた。
こちら的には
「あっ 生女子高生だー!」
と思っていたのですが
「こんにちわー」
と挨拶されてしまった。

私がいかにもお客様的なスーツ姿をしていたならともかくジーンズ姿なのにも関わらずちゃんと挨拶してくれた後輩達の素直な出来の良さに軽く感動!
今どき女子高生も捨てたものではなさそうです。



そんな感じでしばらく待って無事に発行してもらいました。
どうせなら校内を見ていきたかったのですが知っている先生はもう居ないだろうし、部活にそれほどの深い縁も無いので早々と帰ることにしました。
ちなみに校内に入るには事務室でバッジ等を貰い許可を受けなければいけません。


ちょと寂しいですが学校にも時間の流れがあるのでこれも致し方ないでしょう。


P.S. 同級生の方々へ
校舎の写真もあるのですが地元の方であれば学校も特定できてしまいそうなので伏せておきます。
希望者はメールください。
  1. 2007/05/06(日) 11:51:38 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:6 -
  5. ↑TOPへ


伊良湖シーサイドゴルフ倶楽部




最近全然ゴルファーズブログになっていなかったので久々にゴルフネタでも。
5日に一緒に浜松シーサイドに行くYO君も私の調子を事前チェックする頃だと思うし。。。w



掛川・袋井・浜岡方面に行くくらいならここに行っても同じもしくは近いのではないかと思われているのになぜか行かなかったコース。
それが今回の『伊良湖シーサイドゴルフ倶楽部』です。


実は過去にも一度予約をしたことがあるのですが伊良湖に猛烈な台風が上陸したことがあり、その3日後だったのにも関わらず雨水がコースから引かず水没したままだったのでコースがクローズしておりプレーできなかったことがありました。
台風後は当日も含めずっと晴天が続いていたので意外だと感じましたが相当な雨だったのでしょう。


ということで今回はそのリベンジ。


ここは以前から午前・午後スタートでスルーが基本のところだと聞いています。
今回もGDO-STARTで予約したのですが昼過ぎからのスルー&セルフでした。
今回一緒に行ったカレー王子さんはスルーが好きな人なのでこれは好都合。


ということでスタート前に食事となります。
伊良湖岬はご存知の通り観光地なのでゴルフ場周辺に旨そうな店があったらそちらに寄ってから来場しても良かったのですが、あいにくそのような店は知らず、しかもゴルフ場のHPを見る限りレストランのメニューがおいしそうだったので迷わずゴルフ場内のレストランを選択しました。

で、私が選んだのはこれ!
『月替わりクラブランチ』です。
P1020586.jpg


メインは豚肉のステーキに大根おろしがかかったもの。
真ん中の小鉢はサバとおからの和え物。
(日本酒に合いそうな味)
そして刺身が2種3切れ。
それにフルーツと味噌汁が付きます。

これだけ品数が多いゴルフ場の定食は珍しいです。
まああったとしても恐らく¥1800くらいはするでしょうか?

ですがこいつは何と!¥1200。
ちょっと立ち寄った観光地の和食の定食屋並みのメニュー構成と価格です。
実際、みんなこれを頼んでいました。
プラス¥100で味噌汁をうどんに替えられるみたいです。
さらにボリュームアップを望むならそれもアリでしょう。
もちろん味だってGOODです。
あんまりサバなどの魚は食べないのですがこいつは旨かったです。
お酒好きなら午前スタートしてラウンド後にこいつを食べながら一杯やるのも良さそうですね。
運転者でなければ。
きっとここの常連さんはそうしているに違いないと思いました。

ということでいきなり満足してコースへ向かいます。




[伊良湖シーサイドゴルフ倶楽部]の続きを読む
  1. 2007/05/04(金) 11:18:08 -
  2. ラウンド報告 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ


南紀旅行記 Vol.Ⅴ




随分と間があいてしまいましたが上高地のネタを投稿する前にこちらを完結しなければいけないってことで、こちらをまとめに入ります。



さて南紀旅行記も第5弾。
宿を9時過ぎに出発しました。
前回も書きましたが本来であれば『紀の島めぐり』というホテル周辺の海を遊覧船で遊覧する予定だったのですが前日の教訓から思ったよりも移動時間が掛かるってことでこれはキャンセル。
メインディッシュであるここを目指すことにしました。
P1020045.jpg


ここにも大きく書いてありますが那智や熊野地方は先般世界遺産に指定されました。
なので沿道にはやたらと世界遺産であることをアピールしています。
世の中には『世界遺産マニア』みたいな方も居られてとにかく世界遺産が好きな方がいますが、私もそこまでいかないにしても『そこに絶景があるから』好んで行きます。

ですが今回の場合はいささか食傷気味と言えるほどに世界遺産であることをアピールしています。
そんなことを書いたノボリや看板が乱立しててはっきり言って世界遺産が台無しです。
それを大きな観光資源にしたい地元の気持ちもわからないではありませんが、今回の旅行の計画を立てるにあたって色々と調べているうちに今のような風潮を疑問視する地元の関係者の論文もありました。
要は今まで熊野古道などは秘境で不便だったからこそ守られていた自然や史跡だったのに道路や駐車場、トイレが完備されて行きやすくなるとそれらが壊されてしまうという懸念です。

確かに今までいくつかの世界遺産を訪れましたがここまででしゃばっている世界遺産も初めてのような。。。(笑)


まぁまぁ小言はこれくらいにしておいて心を洗うような景色をどうぞ!

ハイ! これが天下に名だたる『那智の大滝』です。
P1020032.jpg


この神社の御神体が滝そのものなので滝自体が奉られています。
P1020034.jpg


入口からはこのような階段を下りていきます。
(これは下から見上げた写真です)
ここまで下りてこないと滝全体が見えないようにうまく出来ているんだなぁ~これが。
P1020043.jpg







これは那智大滝からだいぶ那智大社へ登ってきたところでの写真ですが、実はここに登ってくるまでは か・な・り の急勾配の階段を登ってきました。
滝の高さは133メートル。
(直接滝つぼに落下する直瀑としては日本一の高さです)
この高さ分以上の標高差を短距離で登るわけですから無理もありませんがこれはマジで体力の限界を感じました。
途中に何度かの休憩を入れながら登りましたが息があがってしょうがなかったです。
もちろん体力が落ちたのもありますが何と言っても私のカメラ機材は12~13kgもあるのです。
そんなのかついで130m以上の階段を上り下りするなんて某高校の山岳部の朝練じゃないんだからさぁ~(笑)
(わかる人にはわかるこのネタ)
P1020046.jpg

P1020050.jpg





[南紀旅行記 Vol.Ⅴ]の続きを読む
  1. 2007/05/03(木) 23:56:21 -
  2. 旅行記 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


MIZZ

04 | 2007/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。