Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


南紀旅行記 Vol.Ⅴ




随分と間があいてしまいましたが上高地のネタを投稿する前にこちらを完結しなければいけないってことで、こちらをまとめに入ります。



さて南紀旅行記も第5弾。
宿を9時過ぎに出発しました。
前回も書きましたが本来であれば『紀の島めぐり』というホテル周辺の海を遊覧船で遊覧する予定だったのですが前日の教訓から思ったよりも移動時間が掛かるってことでこれはキャンセル。
メインディッシュであるここを目指すことにしました。
P1020045.jpg


ここにも大きく書いてありますが那智や熊野地方は先般世界遺産に指定されました。
なので沿道にはやたらと世界遺産であることをアピールしています。
世の中には『世界遺産マニア』みたいな方も居られてとにかく世界遺産が好きな方がいますが、私もそこまでいかないにしても『そこに絶景があるから』好んで行きます。

ですが今回の場合はいささか食傷気味と言えるほどに世界遺産であることをアピールしています。
そんなことを書いたノボリや看板が乱立しててはっきり言って世界遺産が台無しです。
それを大きな観光資源にしたい地元の気持ちもわからないではありませんが、今回の旅行の計画を立てるにあたって色々と調べているうちに今のような風潮を疑問視する地元の関係者の論文もありました。
要は今まで熊野古道などは秘境で不便だったからこそ守られていた自然や史跡だったのに道路や駐車場、トイレが完備されて行きやすくなるとそれらが壊されてしまうという懸念です。

確かに今までいくつかの世界遺産を訪れましたがここまででしゃばっている世界遺産も初めてのような。。。(笑)


まぁまぁ小言はこれくらいにしておいて心を洗うような景色をどうぞ!

ハイ! これが天下に名だたる『那智の大滝』です。
P1020032.jpg


この神社の御神体が滝そのものなので滝自体が奉られています。
P1020034.jpg


入口からはこのような階段を下りていきます。
(これは下から見上げた写真です)
ここまで下りてこないと滝全体が見えないようにうまく出来ているんだなぁ~これが。
P1020043.jpg







これは那智大滝からだいぶ那智大社へ登ってきたところでの写真ですが、実はここに登ってくるまでは か・な・り の急勾配の階段を登ってきました。
滝の高さは133メートル。
(直接滝つぼに落下する直瀑としては日本一の高さです)
この高さ分以上の標高差を短距離で登るわけですから無理もありませんがこれはマジで体力の限界を感じました。
途中に何度かの休憩を入れながら登りましたが息があがってしょうがなかったです。
もちろん体力が落ちたのもありますが何と言っても私のカメラ機材は12~13kgもあるのです。
そんなのかついで130m以上の階段を上り下りするなんて某高校の山岳部の朝練じゃないんだからさぁ~(笑)
(わかる人にはわかるこのネタ)
P1020046.jpg

P1020050.jpg





[南紀旅行記 Vol.Ⅴ]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2007/05/03(木) 23:56:21 -
  2. 旅行記 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


MIZZ

04 | 2007/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。