Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


浜松シーサイド ラウンド報告




昨日は霧雨と曇りの繰り返しの中で浜松シーサイド3週連続ラウンドの第1回目をこなしてきました。

途中、少しだけ雨粒を感じる雨になったことがありましたがプレーに影響するほどでなく酷暑の中のプレーを思えばずっと楽でした。
途中に寒いと思ったラウンドも何ヶ月ぶりのことか。。。


さて、今回はいつもの仲間に新しい会社において『ゴルフがうまい』と言われている58歳のおじ様とのプレーでした。
若い頃はプロを目指していたとは噂で聞いていましたが、社内でゴルフ談義になって『ここの壁がね・・・』なんて言っているシャドースイングを見た時点で『あっこの人間違いなく上手い』と思わせる人でした。

朝、練習場に来た時から僕らのクラブを『こりゃ重いなぁ~』とか『硬いなぁ~』とか文句を付けつつも全部真っ直ぐ打っていたのを見て確信に変わりましたけど。。。
(そんなその人のクラブはDRは¥3,000で買った中古品、アイアンは2~3回買い換えたけど距離感が合わないと言って元に戻してしまったという錆びているもの(古すぎてMIZZには銘柄不明)、ウェッジだけがやや新しい(つまりMIZZがゴルフを始めた以降に発売されたもの)、そしてパターはPINGのZINGという渋いものでした)

それはそうと58歳という年齢はお昼休みに聞いたからわかったものの、飛距離は我々と変わりません。
へたすりゃ負ける時もしばしば。

そしてスタート直前に雨が降ってきてしまった今回のラウンド開始。




[浜松シーサイド ラウンド報告]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2007/09/30(日) 23:19:17 -
  2. ラウンド報告 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


日本社会人ゴルフ選手権 決勝大会 2007年大会迫る




毎年のように書きますが8月過ぎ頃から当ブログへのアクセスが増えるキーワードがあります。

それはタイトルにもあるように

『日本社会人ゴルフ選手権』
『決勝』
『浜松シーサイドゴルフクラブ』
『攻略』

などの言葉。


そう!
『社会人ゴルファーの甲子園』と呼ばれている日本社会人ゴルフ選手権の決勝大会が毎年浜松シーサイドゴルフクラブで行われるんです。

今年は10月10日(水)と11日(木)の2日間です。


もちろん私には無縁の大会ですがゴルフを生業にしている人や親の援助でゴルフをしている人たちと違って、別に本業を持ちながら時間を作ってゴルフに精進している人たちには私の目標として尊敬の念を抱かずにはいられません。


以下に2年前に書いた『攻略ガイド』なる大それた記事をリンクしておきます。
それなりに調子良かった頃だし、ここに紹介するつもりでラウンドして記憶しながら書いた記事なので一度もこのコースを回ったことがない方にとっては参考になるかと。。。

今読み返すと「この頃は自慢できるほどでなくてもそれなりに調子良かったなぁ~」と感慨深いものがありますが、アクセスしてきた方のためにしばらくこの記事をトップ記事にしておきます。

むしろこれくらいの情報を与えておけば決勝に出てくる方の実力をもってすれば充分かな?


攻略ガイド PARTⅠ

攻略ガイド PARTⅡ

攻略ガイド PARTⅢ

番外編 (私が唯一浜松シーサイドで70台を出した日。コース内写真あり)

ちなみに大会4日前の6日には新しい会社で初めてのゴルフコンペデビューします。
しかも偶然にもここ浜松シーサイドで。
さらに大会11日前の9月29日にもコンペの為の練習ラウンドと称して同コースを新しい会社の人と廻ってきます。

そこで新しい情報を取材してきますので、またその結果はアップします。
とは言っても自分のゴルフに精一杯だしコンペは進行優先なので
『ここを見てきて!』
というリクエストがありましたらそこだけに集中しますわ。


あと、問題ない方はいいですが個人情報をコメントで書く方は『管理者にだけ表示を許可する』のところをチェックしていただいた方がよろしいかと。

  1. 2007/09/29(土) 00:00:00 -
  2. ゴルフ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


本格派メタルの波が・・・




前の記事で紹介したHear’N AIDのStarsを聴いていると反射的に思い出してしまうフレーズの曲があります。

別に激似というわけじゃないんだけど、静かに始まるところ、メインとなるフレーズのカッティングの仕方、途中のソロ弾きまくり etc...
なんだかわかりませんが私の頭の中の分類では同じカテゴリーの曲なんです。

曲の長さが7分オーバーのところも影響しているのでしょうか?
プログレ好きの私にはなんてことありませんが、普通のHMファンには大盛りこってりラーメンといったところでしょうか。
(あっ、アイアン・メイデンファンなら大丈夫かもw?)

Gary Moore/Victims of the future


でもゲイリー・ムーアさんてカテゴリーとしてはブルースだっけ?






ということで折角名前が出たのでアイアン・メイデンもご紹介。
最初は前評判通り?長めの曲から・・・
アイアン・メイデンではこの曲が一番好きかな?
IRON MAIDEN/Heaven Can Wait


アイアン・メイデンの何が好きって? ベースラインが好きなんですよ。
スティーヴ・ハリスだったっけ?
・ビリー・シーハン
・スティーヴ・ハリス
・クリス・スクワイア(YES)
・マイク・ポーカロ(TOTO)
の4人がMIZZにとってのベーシスト四天王

IRON MAIDEN/Wasted Years


『正統派へヴィメタルと言ったら誰よ?』
って訊かれたらIRON MAIDENと答えるかな。。。

イントロ⇒Aメロ⇒Bメロ⇒ギターソロ⇒Aメロ⇒Bメロ⇒Cメロ⇒フィニッシュ
みたいな流れがある意味安心感。

IRON MAIDEN/Two Minutes To Midnight


アイアン・メイデンでおもしろいのは無理やりつけたような邦題。
上の曲は確か『爆発2分前』
そして下の曲は『撃墜王の孤独』
う~ん。。。メタルだぜィ!

IRON MAIDEN/Aces High



高校の時にIRON MAIDENをアイロン・マイデンと読んでいた彼は今でも元気なのだろうか。。。。?
(そのままローマ字じゃん!)


  1. 2007/09/28(金) 00:40:44 -
  2. エンタメ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


疲れた日はROCK




手抜きって言っちゃったらおしまいだけど、今回もYouTube貼り付けで1曲だけ。

私の記事としては唯一のシンプルシリーズかも?www




今日は車で片道2時間半の距離のところへ2時間の打ち合わせその他のために行ってきて結構疲れました。

しかも一緒に乗って行ったのはうちの会社の部長2名。
そして別の車に自分の上司(部長クラス)と取締役。

そして相手方も負けずに社長以下、取締役クラスの役員4名、各部署の部長クラス7~8名、課長クラス5名くらいの大所帯。


いやぁ~、、、もうね、、、名刺に肩書きが無いのは私だけですよ。
もちろん大人しく黙っていたわけでなくちゃんと発言してきましたけどね。
(それが出来ると見込まれて連れていかれているんで。。。)


現場で適当に横に居た相手先の作業服の人にマニアックな質問をしたら先方の社長だったのでビビリました。あはは^^;



いや、全然意味わかんないでしょ?
詳しく書くわけにはいかないんでゴメンナサイね。



まあそんなのはどうでもよく早速一曲行ってみましょう!


家に帰ってきてモノマネ系のTVを見ているうちにむしょうに音楽を聴きたくなり、で、80年代のROCKだなこりゃ と思って色々と巡っているうちにこの曲を思い出しました。

当時はWe are the WorldやBand Aid、そしてその後?のLive Aidなんかが溢れていたけど個人的に一番好きなのはこれっ!

当時(も)売れてたロックボーカリストやギタリストの夢の共演。
シャウトでもそれぞれ違うし、限られたフレーズ時間の中で自分らしさを出しているギタリスト達がマニア向けでたまりません。



Hear’N Aid/Stars



久しぶりに聴いてスッキリしました~
  1. 2007/09/25(火) 23:41:56 -
  2. エンタメ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


秋の夜




私がゴルフを予定した日は相変わらず暑い日が続きますが、さすがに朝晩は多少は過ごしやすい日になってきました。

朝、家を出て行く時点で『うわっ!』という陽射しを感じることは無くなりましたもんね。

だけど向こう一週間先の予報を見ても最高気温が27度~31度の予報が控えていてちょっとうんざりです。
最低気温が25度以下であることが救いですが。。。

せめてお彼岸を過ぎたら涼しくなってもらいたいものです。



さて、そんな多少は秋を感じてきた(いや、感じたい)この頃、急に聴きたくなった曲があります。


今宵はこの曲をお届けします。

<アルハンブラの思い出>
  1. 2007/09/19(水) 22:49:04 -
  2. エンタメ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:6 -
  5. ↑TOPへ


ザ・フォレストカントリークラブ ラウンド報告




実は先週末はゴルフの予定が入っていませんでした。


ですが、先週の頭に別の工場の製造部門に顔を出した際に話は動きます。
そこの製造課長が主催するゴルフ大会があるのは以前別の部長から聞いて知っていました。
なので実際に会った時に思い切って言ってみました。

「噂によると課長が冠になっているゴルフコンペがあるそうですね」

すると

「なに?ゴルフやるの? 今週末は空いてる? 今キャンセルが出たところなんだよー」

とのこと。

もちろん参加すると答えたのだが、実は100を切れないもしくはやっと切れる人の集まりのコンペが社内に存在することは噂で聞いていた。
そしてそれがこのコンペであることにMIZZはその時は気付いていなかった。。。


行く前からその情報は耳に入っていたので覚悟して行ったのだがその理由の1つは着いた途端に判明した。

スタート1時間前に着きたかったのだが思ったよりも時間が掛かってしまい30分前に到着したのだがその課長が心配して受付のところに待っていてくれた。
で、受付を済ませロッカーへ向かう私に言った課長の言葉は・・・

「じゃあ、みんな上のレストランで休憩しているから・・・」

「えっ?いきなり休憩ですか?」と私。

そして実際にレストランに行ってみるとみんな既にビールを飲んでいる。
ゴルフ中のビールが楽しみな人は今までもたくさん見てきたが、スタート前まで飲んでいる人はちょっと・・・w
それで「私100を切れません!」と言われてもなぁ~w

ただ、スタートしてみてみんなチョロやスライスのオンパレードかと思いきや意外と淡々とフェアウェイに運んでいく。
これこそ酒パワーの効力なのか、みんなノープレッシャーみたいw

そういやティグランド恐怖症のKare-Oojiさんも午後スルー前にスコッチをワンキャップ飲んでからスタートしたら調子良かったっけー?




[ザ・フォレストカントリークラブ ラウンド報告]の続きを読む
  1. 2007/09/18(火) 23:47:57 -
  2. ラウンド報告 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


伊良湖シーサイドゴルフ倶楽部 ラウンド報告




去る9月2日には伊良湖シーサイドゴルフ倶楽部に行ってきました。

ゴルフをしない方へ説明しますと、ゴルフ場のプレー代というのは旅館の料金と同じく

・平日より土日祝が高い
・トップシーズンの方が閑散期より高い

傾向があります。
旅館のように休前日が高くて日曜日が安いということはありませんが。。。
(次の日に休めるという意味で日曜日よりも土曜日が人気があるので土曜日の方がやや高いところもあれば(例:ホロン)、客層の仕事の関係なのか土曜日は空きがあっても日曜日は満員というところもあります(例:葛城))

で、ゴルフでいうトップシーズンとは暑くもなく寒くもない、春と秋であり、真夏と真冬はゴルフをしないという方も居るほどです。
(私は一年中ですが・・・それが可能な地域に住んでいるわけだし)


ということで夏の間は比較的安めの料金でプレーできるものなんですがお盆を過ぎると段々と料金が高くなってくるのがわかります。
そんな中で今回の伊良湖は夏の最後のバーゲンとも言うべき破格のプレー代。

何と!4Bで¥10,200(セルフプレー)

通常料金が¥17,500くらいでしょうからだいぶ財布に優しいです。


さて、今回の伊良湖シーサイド。
前回、スランプ真っ只中にアイアンを変えたばかりに行って復活の兆しを得たところです。

その時が初めてだったのですが距離も短めでフェアウェイも広くいいスコアが出やすいイメージを持ちました。
なので今回も自己ベストを更新したい面々を誘っていったのですが、ちょっと2回目にしてそのイメージが変わりました。

前回はドライバーが調子良かったせいや春先だったせいもあって芝も薄いのであまり感じることなく終了したのですが、どうやら広いように見えるフェアウェイも実はラフで絞ってあり、そのラフも夏なので成長も早く粘っこい。
なので林の中に入らなければOKというわけにはいかないようです。

しかもシーサイドコース特有の砲台グリーンが結構効いていて攻略法を限定させます。

なーんてことを書けばいいスコアでなかったのが見え見えですが、ご察しの通りダメでした。

出だしの10番PAR5のDRはまずまずだったのですが2ndが大チョロ。
3rdは好位置にキープするも4thでバンカーのアゴに目玉で出すだけ。
そんな感じで8打のトリプルスタートです。

11番でパーを取り落ち着きを取り戻したもののあとはパーが1つだけでほとんどがボギー。
そして最後の18番にトドメのダボを打って『46』。

そして後半。
1番PAR5でまたしてもパーが取れずボギー。

2番でパーを取るも3番でダボ。
4番でパーだが5番でボギー。
6番でパーだが7番でボギー。
という繰り返し。

単にパーとボギーの繰り返しならそんなに悪くないのだが3番でダボを打っているし前半が46なのでもう少し欲を出そうと思った矢先に8番PAR3でトリプル。

最後にバーディーを狙いにいかなくてはならなくなりラフからフライヤーを計算して気合いで2オンするも段違いで3パットのボギー。

結局後半は『45』なので合計『91』。
パット数はまたしても36を切れず『37』

パットだけでなくアプローチがしょぼいのも最近の傾向。
寄らないから1パットが少ない。


ちょっと本気でショートゲームを練習しないとな。。。



今回は午後のスループレーだったので昼食を食べてからのスタート。
前にも書きましたが月替わりのランチメニューがゴルフ場の食事としてはお得感があってよろしい。
これが9月のランチ。¥1,200。
P1020846.jpg

海の幸丼というか酢飯なのでちらし寿司?
基本は赤だしの味噌汁が付きますが私は¥100アップでうどんに変更しました。
関西風の出汁です。

レストランはゴルフプレイヤーでなくても利用できるみたいなので伊良湖観光がてらに寄るのもありなのでは?
周りにも魅力的なメシ屋はたくさんあるだろうけど混んでいる時やゴルフ好きのお父さんには穴場だと思いますよ。
  1. 2007/09/16(日) 16:52:19 -
  2. ラウンド報告 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


ロックボーカリスト(Japan編)




YouTube貼り付け第2弾です。

前回、一番好きなロックボーカリストということで『Graham Bonnet』さんを紹介しましたが、今回はJapaneseMetalです。

広い意味のROCKで言えばかなりの人数のボーカリストが居るでしょうがグラボネさんに対抗させるほどのシャウト系で探すならやはりこの人。

『人見元基』
(ひとみげんきと読みます)

知る人ぞ知る『VowWow』のVocalですね。

当時はLOUDNESSが全米進出も果たしザ・ベストテンに入るほどの人気でしたが、私はどちらかと言うとこちらVowWowの方が好きでしたね。
とは言ってもアルバム1枚くらいしか聞いたことないのですが(思い付いた時に探しても見つからない)キーボードが入っているってこともあるのか音楽的にも、そしてボーカルの質的にも断然こちらが好き。

こもっていうようで抜けるシャウト、そして何と言っても英語が上手い!
VowWowも英国に進出しましたが、海外ではラウドネスよりゼッテー売れると思ってました。
(実際がどうだったのかは知りません)
そもそも私の記憶では人見元基氏は英語教員の免許を持っていたような・・・?
(英語教員が海外に通用する英語を話し、歌が上手いかどうかは別だと思いますがド素人よりは断然いいかと・・・)


まあまあ能書きはこれくらいにして聴いていただきましょうか。

<VowWow/Rock Me Now>
VowWowを好きになるキッカケになった曲。
無難にまとまった売れ線の曲調だけど単純に格好いいし入りやすい。






[ロックボーカリスト(Japan編)]の続きを読む
  1. 2007/09/04(火) 01:10:01 -
  2. エンタメ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:6 -
  5. ↑TOPへ


雨の中の集会




そういえばもう1つ、夏の間に紹介しておかなければいけない写真がありました。


時は7月14日。
この日付でピンとくる人はかなりの気象マニアですね。
私はこんなところへ行っていた日です。
<こちら>


そう!台風4号が中部地方にモロに迫っていた日です。
その日にゴルフをやった話は上にリンクした記事を読んでいただくとして、大雨の中をやるのかやらないのかわからないままゴルフ場に向かっていました。

旧姫街道を走っていると私の前に異常に遅くて走り方が気になる車が走っていました。
何となく落ち着かないというかフラフラしています。
ブレーキのタイミングもおかしいです。
雨が降っているので追い抜くのも危険ですし、例えこの車を抜いたとしても上記のような感じなのでこんな車に自分の後ろを走ってもらうのも怖くてしょうがありません。

ということで思い切って違うルートで行くことにしました。
別に先回りしようってことではありません。
その車と離れたかったのです。

そしてしばらく走っていき田んぼの中の1本道になりました。
いくら浜松が田舎でも広大な田んぼの景色はそうありません。

この日は梅雨明けの時期でしかも雨が降っているので濃厚な緑が目の前に広がってきて気持ちいいです。


で、そのまま走っていると田んぼの中に人の集まりが見えてきました。
P1020659-2.jpg


『こりゃ台風が迫ってきているから田んぼを守るために対策を考えているんだろう。。。』
と思いながら近寄っていきます。
『それにしても等間隔で規律正しいね』
P1020642-2.jpg


『ちょっとお兄さん?お兄さん?  お手上げですか?』
アレッ?
P1020643-2.jpg


なんと!全て色鮮やかに着飾った案山子(かかし)たちでした。
P1020651-2.jpg

P1020645-2.jpg

P1020653-2.jpg

いかにも農作業風な服もあれば田舎のヤンキー風な服もあります。
中にはマニア垂涎のセーラー服まで。
P1020656-2.jpg


こんなファンキーなお兄さんも立派におコメを守っています。
P1020658-2.jpg



例のオリンパスの『彩り』コンテストの事を知ったすぐだったのでそこを狙うつもりで撮ってみたのですがいかがでしょう?
もう締め切りかな?
  1. 2007/09/01(土) 21:06:40 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


MIZZ

08 | 2007/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。