Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


ユーティリティ充実化




ドライバーはなかなか決まらないのですが、こいつは早く決められました。
とは言っても既に持っているクラブのロフト違いというだけなので。

今、私のセッティングにはロイコレのTdの19度と21度が入っています。
シャフトは2本共TRUE TEMPERのTX-DISTANCEです。
これのUT用を入れています。
重量は19度が382g、21度が389gでバランスはいずれもD1です。
通常に組み上げればD1.5~D2くらいで出来上がりますがどうしても振り抜きが悪かったのでショップの店長の勧めもあってシャフトをちょっとだけカットしてD1に組み上げました。
それからはすこぶる調子いいです。
200ヤード以上先のグリーンを狙えるクラブになりました。

こいつのいい所は
『ラインが出せるところ』
に尽きます。
好みの問題もありますがあまりグースになっていないところが気に入りました。
そして弾道の強さや打感の良さは絶品で『さすがロイコレ』と言わざるを得ません。
弾道の最高到達点もドライバーと同じにしてあり、イメージも沸きやすいことがスペックには現れない良さだと思っています。
さてそんな私は3WにもロイコレのSFD TYPE-Hを入れているのですが、こいつは私のセッティングの中で唯一球を上げるためのセッティングです。
芝の上から打つことを考慮してのことです。
(シャフトはブルーG JYS-6.5です)
こいつもいい球が出ますし、最近ではティアップでのいい打ち方もわかってきたので重宝しています。
しかしながら球が上がるゆえに横へのばらつきがUTよりも多いのが唯一の欠点でもあります。
つまりUTの『ラインを出す』というショットがしにくいのです。
実際問題せまいホールのPAR5のセカンドなんかでOBになってしまうこともあります。

ということでUTで3W並みに飛ぶものが欲しくなりました。
本来は15~16度のものが欲しかったのですがあまりあるもんではありません。
ここは欲をかかずに実績のあるTdを選びます。
ちょうど今持っている19度よりもロフトの立った17度があります。
21度での設定飛距離はラン込みで215ヤード、19度では230ヤードですので、17度では250ヤードくらいが期待できそうです。
それなら3Wと一緒です。
同じ250ヤードでもキャリー・ランの比率が違うので攻め方、使い勝手が変わってきます。
まあそんなに理論値通りにはいかないことも承知の上で悪い方向へはいかないだろうという期待感だけで選んでみます。

さて問題はシャフトです。
19・21度を買った際には設定のなかったTour-ADのUT85やALDILA NV85があります。
わざわざNS950モデルを買ってTX-DISTANCEへリシャフトするのももったいない話です。
そして過去の試打会でALDILA NV85モデルを打ったことがあり好感触だったこともあり、これになびいていました。
ですがカタログを熟読するとUT85とNV85では総重量でUT85の方が5g重いことになっています。
19度の382gとの重量差を考えても少しでも重めの方が良さそうです。
そこでUT85を選びたいのですが打ったことがないシャフトを選ぶリスクも冒したくありません。
そんなことをショップで相談するとちょうどUT85のシャフトがささったものがあったのでそれを打たせてもらったところ、カーボンの割には充分な重量感があり、弾道も強くて吹き上がりません。
そしてさすがに17度では球が上がらないだろうという思いもあるのでスチール(TX・・・)ではキツイだろうと思っていたのです。
ということで安心して17度UT85を発注したのでした。

そして納期である2週間が過ぎ、先日それを手にすることができたのですが実際の重量は372gでバランスD2.5でした。
カタログスペックは370g±3g、D2ですのでちょっと違います。
しかも実際にD2.5ではハードで打ち切れませんでした。
球は捕まらないし、上がりません。
上がらないようにするのが目的とはいえ上がらなすぎます。
ティアップしてやっとという感じです。
ということでグリップを交換するのと一緒にバランス調整もしました。
19度と同じくD1にするかD1.5くらいにしておくか悩みましたが19度の時もD1.5ではイマイチだったのでここは思い切ってD1で揃えました。

それを行なったのがおとといの金曜日の夜。
その日は打つことができないので昨日の土曜日のラウンドでぶっつけ本番となりました。
で、結果は相変わらず芝の上からだと辛いものがありますが7~8mmのティアップをすると抜群にいい球が出ます。
いや~ホントにいい球です。
19度を打った感動よりもさらに上です。
ストレート系のいい球です。
3回ほどティショットで使いましたが全て満点の球です。
その度に
「買って良かった~!!」
と叫んでいたMIZZでありました。
これは間違いなく新しい武器になります。

自分で悩んで選んでチューニングしてそれがピッタリきた時の感動ったらないですね。
だからやめられません。
そしてそういうことをせずに損をしているゴルファーがどれだけいることか・・・
もっとクラブスペックに貪欲になってくださいね。
私の場合もチューニング前では全く使い物にならないクラブだったわけです。
それが最高の球を放つ道具になるわけですから。

問題はクラブの本数制限だけです。
コースによって3W、17度、19度、21度の組み合わせを変えていくことになるかと思います。
来週の浜松カントリーのコンペではドライバーを抜いてもいいのではないかと思っています。
実際、このコースでドライバーを使うホールは5つだけだし無くても何とかなりそうです。
セカンドの距離も変わるし自分のためになるのでそれもおもしろそうです。
あわよくばこの17度でドラコンでも獲ってやろうか・・・
フェアウェイキープ率はあがりそうです。
風にだって強そうです。

冬の遠州ゴルファー必携のクラブになったことでしょう。
強風が吹く中、友利選手なんかと一緒に周ってみたいものです。
スポンサーサイト
  1. 2005/12/11(日) 22:18:23 -
  2. ゴルフ用品 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<いなさゴルフ倶楽部 ラウンド報告 | ホーム | X-DRIVE435試打②>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://pgatour.blog6.fc2.com/tb.php/143-fe9c53b4

MIZZ

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。