Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


レイク浜松カントリークラブ ラウンド報告




もはやこれも2週間前の話になってしまいますが書いておきましょう。
その週はまたしても東京へ出張していたのですがそんな現場に友人からメールが入ってきました。
「今週末の3日の土曜日にレイクに行くんだけど1名空きがあるけど来る?」

先日の11/23のいなさは2組とったにも関わらず好評で満員となり、その時に行けなかった後輩の為に3日か10日で空いているところを探していたのですが、3日はどこも満員で10日のシーサイドをやっと見つけて予約済みでした。(その模様はまた別途)
ということで3日の週はちょうど空いていたんですね。
しかもレイクということで夏以来行っていなかったし、ここ最近のコースのバラエティーから考えても行っておきたいコースでした。

当日は8時スタート。
ちょうどその週からかなり寒くなっており、その日も朝早い時間では冷え込み厳しい状態でした。

↓これは練習グリーン付近から見える景色です。
↓わかりにくいですが池から水蒸気が昇っています。
P1000293.jpg


その日はスタート1時間以上前から来場して身体を作ったつもりでしたが練習場が非常に遠いので(以前みたいに無いよりはいいですが・・・)打ちっ放しはせずにグリーン周りばかりを練習していました。
周りの人は「速い速い」って言っていましたがそんなに速く感じるほどではなくちょうどいい感じです。
この前のシーサイドのクラチャンセッティングの速さを体験してしまったら何も恐いものはなくなってしまいましたよ。
そして前の日に買ったばかりのR35ウェッジも試して距離感を確かめておきました。

グリーン周りばかりなのでそれほど身体を暖めることはできないままスタート。
そしてそれはいきなりショットに現れました。
1番のティショットは思いっきりトップ!
地を這うような低めのフェードで転がっていきました。
幸いにもフェアウェイで止まっていたのですが距離は165ヤードの打ち上げ。
身体が出来ていないっつーのにいきなりのロングアイアンです。
5番で左から回すような球を打ち、自分的にはキレイな球筋が出ましたがやや力無く花道からちょっと外れた右手前のラフです。
そこからPSでのアプローチをトップしてしまいピン奥6mに乗る有り様。
案の定3パットしてダボスタートです。
次の2番は短いPAR4ですが気を抜けないホールでいつもユーティリティーでティショットを打つのですが、これはまずまず。
しかし70ヤードのセカンドをダフってしまいグリーンに乗らず、結局ボギー。
こういう展開の時にPAR3って気合いを入れ直すにはいいですね。
これではイカンということで気合いを入れてそこをパーにしてからはパーorボギーという展開になるもののPAR5ではョートパットを外しボギーにしてしまうなど、つまらないミスがありました。
8番でもまたダボにしてしまい落ち込んで望んだ前半最後の9番PAR5。
ティショットは左ドッグの曲がり角めがけて3Wで。
しかし当たりは薄く、左ラフに止まりました。
残りは220ヤードくらいです。
ですが30ヤード先には大きな木もあり、その先グリーンの手前右側には大きな池が口を開けて待っているので無理は禁物です。
ここは大人になって7番アイアンで刻み残り100ヤードを残しました。
木を避けた結果、ギリギリ右ラフに行ってしまいましたがグリーンに対しては左からのアゲンストが吹いていて自分の中ではラインが出せる風です。
その状態から風にぶつけてフェードをかけたボールは思い通りのラインを描いてピンに絡みました。
左手前1.5mにつけたバーディーパットをねじ込んで、気持ちよくレストランへ。
結局前半は『42』です。
ズタボロなスタートの割にはまとめた方です。
やはり最後まで諦めちゃいけませんね。

さて、後半。
11番でピンとは逆に乗ってしまい3パットしてボギーにしてしまうもののアイアンがキレていてグリーンを外しません。
15番まで1オーバーできてしまいました。
残り3ホールを無難にいけば30台も見えてきます。
ですが16番のPAR3でまたも3パットでボギーにしてしまいました。
どうもこの日はパットが調子良くありません。
ファーストパットのタッチがメチャクチャです。
ラインを読みきれていないのは最近の傾向のままです。
挽回しようと迎えた17番のPAR5は力が入って右にすっぽ抜けた球でフェアウェイに戻すのが精一杯です。
しかしながら木に当たってラフの斜面に止まったまま。
ですがサードショットでも無理はせずに花道狙いでうまく運べました。
それにしても俺って斜面からうまいよなぁ(自画自賛)
恐らく自身のハンデ以上のものは持っていると思っています。

ですが花道からのアプローチはOKゾーンには寄らず傾斜がキツイこのグリーンでは1パットで沈めるのは至難のワザでボギー。

これで貯金は使い果たし、30台まで後が無くなってしまいました。
最後の18番は超アゲンストの中、だらだら打ち上げるホールでパーが難しいホールです。
だからこそ貯金を持って迎えたかったのですが、もうしょうがありません。
とりあえずあまり欲はかかずに抑えたティショットをします。
(この辺が自分が進歩した点かと・・・)
しかしながら風に流されたボールは右のラフへ。
ここからは木がせり出していてピンが狙いにくいのですが幸いにもピンまでのラインは開けています。
ですが引っ掛け気味の球はグリーンに届かずグリーン手前左の斜面を転がり落ちてきてバンカー横に止まりました。
バンカーでないだけラッキーです。
スタンスはバンカー内でした。
このカップが見えない15ヤードの打ち上げアプローチをまたしても引っ掛け気味で上げてしまい、ピン左横4mに付けてしまいました。
万事休すか?と思いましたがここで今日の集大成が出ました。

先ほどもグリーンのラインが読めないと書きましたが、それは全てラインを深く読みすぎた上のものであることはわかっていました。
雑誌などでも『アマチュアはラインを浅く読みすぎ』と書いてありましたがどうやら私は深く読みすぎています。ここ1年間くらい。
わかっていてもそう見えるので仕方がないのですが。。。
もちろんそれが正解の時もあるわけですし。

ということを踏まえた上で最後は浅く読んでみました。
それがバッチリきて4mを沈め、パーを奪取。
30台もキープできました。

合計も『81』
強風を考慮すれば上々かと。

前後半ともに最終ホールをいい形で締められたので気分良く帰れた日でした。
ですが、終わってみて振り返ると出だしで身体が出来ていなくていいスタートがきれなかったことは大いに反省すべき点。
実力以下のプレーになってしまうわけですから。
怪我にも繋がってしまうので今後は今まで以上にしっかり身体を作ってからラウンドに望もうと決めたMIZZでした。

そうそう!今日のラウンドで特筆すべきはやはりR35。
この前も書きましたが<こちら> 買った翌日であるこの日のラウンドでは3回使うシチュエーションがあって2回は1m以内、1回はピンに当たりカップ横2cm!
こいつはやっぱりスゴイですよ。
これからも役に立てそうです。
スポンサーサイト
  1. 2005/12/18(日) 16:51:22 -
  2. ラウンド報告 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<スーパーでの少女 | ホーム | PRGR T3ブラック 試打>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://pgatour.blog6.fc2.com/tb.php/149-c078212a

MIZZ

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。