Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


浜松カントリークラブ ラウンド報告




『僕の最近のゴルフ人生の中で最も屈辱的な日となりました。』

イチローでなくともこう言いたくなるような日でした。

昨日の記事でも70台を目指して・・・なんて言っておりましたが、OUTスタートの1番、完璧なフェードでドラコンをGETした後、セカンドは残り約75ヤード。
左手前のピンに対して同・左手前のバンカーを警戒して、ちょっと強くピン右奥につけるものの下りのスライスを沈めてなんとバーディースタート!
練習グリーンで下りをショート気味だったのを踏まえてしっかり打ったところが功を奏しました。

続く2番右ドッグレッグ。ティショットは完璧に置きたい所へUT19で運ぶも左足下がり傾斜のライを完璧には打てずセカンドはグリーン右に外す。
でもここは左に外すとトラブルになるのはわかっているので右に外れたのは保険の適用範囲?でありOK。
そこから伝家の宝刀であるR35でピン奥1mに寄せ、パーを拾う。

3番はUT17でこれまた狙い通りに運ぶ。
と、ここまでは「どこが屈辱的な日なの。。。?」と思わせるようなゴルフ運び。

ところが150ヤードで超打ち上げのセカンドを5番で打とうとしてザックリorz
次をなんとかピン手前に載せるもパーパットはカップ横をすり抜けた。
そしてなんとここで50cmの返しを引っ掛け、3パットのダボ。
ここで一気にゾーンから外れてしまった。

続くPAR3の4番もティショットの当たりは薄くグリーンを捉えられない。
そして前の組のパットを見る限り奥からのパットが超速く誰も入れられないのを見て
「こりゃ奥は絶対ダメですね」
なんて同組のアプローチ待ちの人と話をしていたのにアプローチをカップ奥へつけてしまいボギーとしてしまった。
わかっていながらそれを身体でコントロールできないのはホントに悔しい。

これではいけないと続くPAR5ではバーディーチャンスにつけるもののこれはパー止まり。
こういうチャンスを生かせないのはズルズルいくものだ。
結局次のPAR4ではダボ。アイアンがキレてないっすよ!
そして続くPAR3ではバンカーに入れてそれを出すだけでまたもダボ。
そして8番も9番もティショットはまあまあなのだが(いや、9番はいい当たりで今までの高反発クラブとも飛距離でも遜色ないことがわかった)アイアンも寄せもダメでどちらもボギー。

結局前半は『44』

ダボが3つもあったのではバーディーがあってもろくなスコアにならない。

さて後半。
ラウンド前に飲んだ花粉症の薬が効いてきてめちゃくちゃに眠い。。。
前半はそうでもなかったのだが微妙に感覚を狂わしていたのだろうか?
それにしても後半はホントにフラフラするくらいに眠い。
なんていうか腰に力が入らない。
薬だけでなく前日の睡眠時間も4時間半というところで午後から眠くなってきたのかもしれない。

実のところ今年は花粉症の症状は軽く、今までも薬を飲んで抑えたのは一日だけだった。
ところがゴルフ場に着いた途端に鼻水が出てきたのである。
さすがは天竜杉の産地。

ダボスタートの10番。
以下ボギーのオンパレードの後、15番でダボにしたがここで気合いを入れて16番PAR3,17番PAR5をパーにして(17番はまたしてもバーディー逃し)何とか後半をボギーペースにして面目を守ったと思った途端。。。

18番のセカンドを入れてはいけないとわかっていながら2段バンカーの下側に入れてしまった。
自分的にはバンカーのラインを外したところへグリーン手前にちょっと外しただけなのに転がり落ちてバンカーまで来てしまったのだ。
この日はここに限らず芝が薄すぎて傾斜は転がりまくっていた。
真冬でもこんなに薄い芝のところは無い。
しかも砂混じりである。
エアレーションの季節なのでしょうがないと言えばしょうがないのだがこれには散々泣かされた。
しばらくは他のコースでもそうなのだろうか。。。?

そしてそのバンカーからの脱出にナント4回もかかってしまったのである。
確かにバンカーは苦手だが4回もかかったことは無い。
言い訳をするならば最初に入った時は前の人のならし跡の中に沈んでいた。
そして2回目以降は自分の打った跡や足跡の中に入ってしまったのである。
しかも雨で超重場。
バンカーショット的にはそれほど悪くなく適度に出せていたのだが出しても出しても傾斜で転がり落ちてくるのである。。。

それ以上の距離を出せない自分も悪いし、後から思えば転がり落ちてこない横に出す選択もアリだと思うのだがさすがにその時は冷静でなかった。
そして結局そこは『9』
2桁にならずに良かったという感じである。
でも酷い。。。

後半は『49』
これも50台にならずに済んで良かったと見るべきか。。。

トータルでは『93』

70台どころの話ではなくなった。



救いはドライバーの調子は良くなってきたこと。
ドラコンも2つ獲った。

まだ春の怒涛3ラウンドのうちの1つが終わっただけ。
明日の練習ラウンドでしっかり調整していなさでのコンペに備えることにしましょう。
そう、バンカー練習を中心に。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/19(日) 17:20:45 -
  2. ラウンド報告 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<浜松シーサイド ラウンド報告 | ホーム | 明日から怒涛の3ラウンド>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://pgatour.blog6.fc2.com/tb.php/197-cf4ecd9b

MIZZ

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。