Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


やっと復活?




冬の間、寒いながらも積雪するわけでもなく防寒すればプレーが可能なこの地方で、強風という唯一の敵と戦いながら何とか80台を死守してきた自分。
「春よ早く来い!」
と願って、やっと一番厚い防寒着を脱いでプレーできるようになった3月。
まずは初旬に雨の中、浜名湖CCという難所を『86』で何とか帰ってきた。
そして彼岸以降なら暖かくなるのを期待してたくさん予定を入れたのだが静岡CC袋井の『84』があるものの90台を続出している有り様。
100を切るのがやっとの時もある。

いつもならパーを基本として考え、ボギーで出たら悔しがり、ダボなんて出ようものならどうしようかと考えているのに、最近といったらボギーは普通、ダボで収まれば良し、トリプルでやっとその事態に気付く感じ。時々パーを獲っても焼け石に水だ。

しかし先日の葛城の後半で久々に『42』を出して貪欲にパーを獲りにいく感覚を思い出してきた。
(その翌日に前後半共にどうしようもないスコアだったのは忘れよう)
ただしそこには条件がある。
連続ボギーで耐えている時にパーもしくはバーディーなどの『ご褒美』が来ること。それはまぐれでもなんでもいい。
よくプロのトーナメント中継でも「バーディーが最高の薬ですね~」なんて言っているがまさにその通り!
そのことを特に痛感した今日のラウンドだった。

そんなラウンドを振り返ってみます。

場所はレイク浜松カントリークラブです。
↓こちらは18番グリーン
P1000486.jpg


↓こちらは9番グリーン。実は18番と繋がっています。
P1000487.jpg


さてラウンド詳細・・・・↓
INスタート
10(4) 大振りせずに球を捕まえつつフェードで逃げる得意技?で無難にフェアウェイ右半分に240ヤードくらい飛ばす。軽く左ドッグなので最高のポジション。(ややつま先上がりだが)残りは155。最近は1番手上げて軽く打つ癖になっているので6番で打つが思ったよりもしっかり当たってしまってグリーン奥。(ピンは手前)3パットでボギー。
11(3) 距離は160。自分が打つ番になって向かい風が強くなり番手を5番に上げるも手前にやっと載る程度。1stパットは冴えなかったが2.5mの2ndパットをねじ込んでパー。
12(5) ティショットは低く引っ掛け気味で左ラフ。つま先下がりから3Wで果敢に距離を稼ぐが75点。でも残り100までこぎ付ける。3rdもピン左手前4mに載るがそこから3パット。どうもロングパットの距離感がダメダメ。結局ボギーに沈む。もったいない。
13(4) ティショットは大曲ながらもフェアウェイ右端。残り150。バンカーのすぐ先にあるピンは狙えないと思っていたら超トップ。しかしラッキーなことにグリーン右端に載る。そこから15mはあろうかというパットが「Get in the hole!!」という雄叫びと共に沈んでバーディー!このホール、ハンデ2の難ホールだが前回も同方向のグリーン外からR35でバーディーを奪っている相性のいいホール。
14(4) ティショットは無難にフェアウェイ右に置くも2ndを右に曲げ、グリーン右の左足下がりのライへ。注意したが強い球になってしまい反対側エッジへこぼれる。そこから超スライスを寄せられず3回でダボ。前ホールのバーディーが台無し。
15(4) 初ダボに元気なく球も力無く右のバンカーへ。残りは110。アゴも近めだったのでPWか9Iか迷ったが9Iで厚めに入れたらピン手前3mに載ってしまった。ガードバンカーでは出すだけがやっとな技術しか無いのにフェアウェイバンカーでは色んな打ち方が可能な私ってやっぱり変?フルショットが出来るからいいんだよね。そしてそのパットを沈めてまたしてもバーディー。ダボで乾いた心をまた潤す。
16(3) ここは距離190で、風の流れも読めずいつも苦労する。今日はティが前目で170だったがアゲンストなので5Iを選択するも当たりはイマイチで花道。でもバンカーよりマシ。しかし絶好の場所から寄せきれず2パットでボギー。
17(5) 左には大きな池が口を開けているがDRが捕まらなくなってきたので恐れずにちょっとフェースを閉じて(きっとこれがスクエア)打ったらホントに左へ飛んでしまいあせったが回転がフェード回転だったので粘ってくれてカート道の右横。スタンスがカート道に掛かるが下げると変なライになりそうだったのでそのまま打ったがカート道のアスファルトがテイクバックで気になってしまいチョロ。3rdは200だがバンカー群がある。UT21でしっかり打てばいいと思ったが間違えてUT19で打ってしまった。でも当たりが薄い分だけグリーン右奥にちょっと外れただけで済んだ。しかしまたしても左足下がりの下り斜面。今度は狙い通りにフェースに乗せたがカップをなめて1mオーバー。それが入らずボギー。もったいない。
18(4) 昔は嫌いなホールだったが最近はパーが取れるようになった。今日はオナーが水の無い浅いクリークを越えるいいショットをしたと思ったら4人全員がそれを越えてナイスショットが並ぶ。先に打った人がピンのかなり左に載せ、自分が構えた時もつま先上がりを感じたが修正できずやはりピン左15m?の超超スライス。念入りに読んでピン下1mに付けたらしっかりそれも沈めてパー。

前半は『40』
もったいないパットもいくつかあったがまぐれのようなバーディーも2つあったので、まぁ合わせたらこんなもんかな?
前半に3パットを2回したのと花道からのミスを無くせば30台ってか?

後半OUT
1(4) ティショットの当たりは薄くフェアウェイ右。2ndの距離も180とたっぷり。5Iの当たりも薄く、グリーン手前の深めのラフ。そこからPWでまずまずの3mピン下に寄せて何とか沈めてパー。幸先いいぞ。
2(4) ここは短いが狭くて嫌い。DRで打てよという声をかわしてUT17で安全に打つ。残りは110。PWか9Iで悩んだが今日はいい感じで飛んでいるのでPWで打つが花道止まり。寄せはイマイチで2パットのボギー。
3(3) 風に負けて花道。寄せはピン左1.5mへ。しかし下りのスライスで読みにくいライン。しかしその外側から打つ人のラインが参考になり沈めてパー。まだまだ粘る。
4(4) 443yardsと長いPAR4。ハンデも1。ティショットは右斜面。残りは210。今日は攻めた方がいいのでUT21で花道でいいやという狙い。ところがすぐ前の木に当たり20ヤード戻る。でも冷静になってそのまま届かない番手で狙う。ところがラフの分だけ?あるいは実際には230ヤードがないのか?見えないグリーンに載ってしまった。他の人の話では20ヤード以上ランが出たらしい。しかもピン手前3mに付いた。しかし芝目を読みきれず起死回生のパーならず。
5(5) 2オン可能なPAR5。しかしDRは左に真っ直ぐ飛んでバンカーへ。馴らしていない穴の中に入ってしまい出すだけ。しかもまたしてもすぐ先の木に当たる。でもフェアウェイに戻った。ここは無理せずUT21で残り100以内を目指す。それはラフだったが狙い通りの距離70。PSでキッチリ打ったらピン手前2m。今度こそと打つもまた外れてボギー。ナイスリカバリーがパーに結びつかずフラストレーションが溜まる。
6(4) DRが大チョロ。やっとフェアウェイという位置。残り270以上なので2オンは無理。安全に残り40に運ぶがそこから大ダフリ。10ヤード進んだだけ。そこからフワリと打ったらピンそば。それは難なく入れてボギー。ピンチでもボギー、チャンスでもボギーというミスターボギーマン参上。
7(3) グリーン右手前のバンカーのさらに右手前という当たりの薄さ。バンカー越えのアプはバンカーを嫌いすぎたのとトップでピン上5mの超下りのパット。そこから3パットでダボ。パーを拾えずにここまで来たツケがここで爆発してしまった。
8(4) 安全にUT17で打ち、当たりはそこそこでも無難な位置。しかし残り距離が長く、グリーンの右に外す。そこから段の上のピンに向かってR35で寄せようとするが段に載っただけ。しかし3mを沈めて思わずパーを拾う。
9(5) 左ドッグだが狭い左の木の間を抜かなければならないホール。しかもDRでは突き抜けるので3Wで打つ。当たりはいいが左の手前の木の枝に当ててしまい左ガケ下へ。そこから1番ホールの裏街道を行く。4打目でグリーン手前50ヤードに戻す。しかし5thはトップ目でグリーンの一番奥。ラインも複雑。1stパットはそれほど悪くなかったがその後がダメダメで4パットの9打。有終の美は飾れず。

後半は『46』40台前半は確実だと思っていたのに残念。
もう少し最後まで気を入れてやらなければ。

合計『86』、パット数『35』
パーオンが多かった分だけスコアがまあまあでもパット数がいつもよりも増えた。
課題はやはりDR。そしてアプローチ。

そう言えば今回のラウンドでは最近の調子を考慮して道具をいじった。
まずはDRのトゥ側にあった鉛をソール後方へ。
重心角を増やして捕まりをよくするのと球を上げるのが狙い。
そしてボールをHX TOUR 56からV10へ。
やはり球を上げるのと球離れを早くしてあまり左へ引っ張らないのが狙い。
これは両方とも功を奏した。
前半の安定感はまさにこれによるものと言える。
DRだけでなくショートばかりしていたアイアンまでもが高く上がってしっかりと狙い通りの距離を打てた。

GW前にHX56を1ダース買ったばかりなのに思わぬ好結果で変な悩みで出来てしまった。

でも久々の80台は嬉しい。
このまま完全復活といきたいところ。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/07(日) 00:59:08 -
  2. ラウンド報告 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<GW終了 | ホーム | やっぱり晴れ男?>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://pgatour.blog6.fc2.com/tb.php/226-78bd9192

MIZZ

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。