Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


10年戦士




10年戦士

この言葉を良く使うのはやはり企業内でしょうか?

でも持ち物なんかでも言いますかね?

「俺の乗ってる車、もう10年戦士だぜー」
とか
「この時計、10年戦士で使っているぜー」
とか。。。


ですが今回の話題は10年間働いている人のことです。

私は今の仕事に就いて11月で丸10年になります。
まさに10年戦士。

工業高校を卒業してから大学に行くこともなく働いているのでそこから数えれば社会人20年戦士です。
ウィスキーだって10年モノと20年モノとでは単純に倍の価値というわけではなくそれ以上のものと位置づけられていますよね。

企業にしても同じこと。
10年はもちろんのこと、生え抜きの20年戦士なら役職が付いていても全然不思議ではありません。

私は高校卒業から働いた会社を10年目で辞めました。
(その後数ヶ月だけ働いた会社は雇用条件が嘘ばかりのところだったのですぐ辞めたのであって語る価値も無いところです。)

その会社を辞めた理由としては・・・
・希望する職種(技術系)から業績低迷を受けて営業力アップのために営業に回されて2年半。特に新規開拓を主に任されていたのでかなりのプレッシャーがあった。それをずう~っと定年までやっていくことを考えたらゾッとした。

・プライベートでもストレスを感じることがあり仕事のストレスとの二重苦で身体が壊れそうだったのでそこから開放してあげる必要があった。
(これも人間の生命維持装置の一つだと私は思っています)

・ちょうど母親が膝を痛めて思うように歩けなくなり、通院や身の回りの世話など、当時まだ働いていた父親以外の補助する人間が必要だった。
(その後、その甲斐あって母親の膝は良くなりましたv^^)

などなど。。。


そして今、現在の会社で働きだして10年。
辞めたくなってきました。。。。
会社の仲間も読んでいるであろうこのブログですが、彼らにもこの私の気持ちは説明要らずでわかってもらえるものと思っています。

それが10年経ったから私の中の何かが作動してそう思うのか、たまたま10年目に会社がこういう状態になったのかはわかりません。
ですが、もちろん定年まで働き続けるつもりで入った会社です。

そもそも私はどちらかと言えば保守的で冒険はしないタイプの人間です。
10年経って一通りの仕事を覚えて責任も背負って会社の表も裏も知る立場になった時に新鮮な魅力を感じなくなるのでしょうか?
自分はそんなに向上心があるとは思っていないのですがもしかしたら深層心理の中に平凡な現状を良しとしない何かを持っているのでしょうか?
実は結構、アメリカンな考えが私の中に流れているのでしょうか?
(「欧米かよ!」って誰か突っ込んで!w)

ですが今回の場合は明らかに会社の状況が変わっています。
それら『前向きに働いていくためにマイナス要因となるポイント』の累積がかなり積もっている状態です。

20年戦士の高校の友人たちは私よりも早くからそれを察知して3月に辞めていきました。
それはその頃に書いたこちらの通りです。
奥さんも子供も居るのにリスクを背負って飛び出した彼らが居るというのに身軽な私が現状に妥協してくすぶったり愚痴を言い続けているのもどうかと。。。

「早く察知した・・・」と言うよりもいかに早く勇気を持てるか。。。?のような気もします。


『忙しい』というのは何とか乗り越えられるものです。
今までもそうでした。
しかしそれが『実にならない』とか『時間を掛けても進まない』とか『会社の利益にならない』となるとやる気も失せる上に疲労も一気に蓄積されます。
どんなに忙しくたってすぐに結果が見えてくればそれはやりがいに変わりますからねー。
そういうところでモチベーションを保つのが非常に難しい職場なのですが、そんな気持ちを簡単に踏みにじる会社の政策が次から次へと目白押し状態。。。
何のために体調を悪くしたりプライベートを犠牲にしてまで仕事中心の生活をしているのかわかりません。

まぁ具体的なところは本気で退職願いを出すことになったら書きましょう。


友人たちの中にはもちろん20年戦士として働いている奴らもたくさん居ます。
それぞれの立場で私と同じようなことを経験しているだろうに我慢強く働いているわけです。
拍手を送りたいです。

そして一方では現状に満足せず自分の目指すもののために努力してそれらの環境を次から次へと実力で手に入れて活躍している仲間も居ます。
これまた大拍手です。




さて・・・

10年ごとに転職するのは『コロコロ職を変えている』と世間では言われるのでしょうか?



ちなみに私が今までに見捨てた2つの会社は吸収・合併されたり営業所が閉鎖されたりしており、そのまま働いていたら・・・と思うとゾッとする顛末を描いております。

従って今のところ私の人生の選択・判断は間違っていないものと。。。





思いたい。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/28(水) 00:34:30 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:10 -
  5. ↑TOPへ


<<暑くなったら・・・ | ホーム | どんより>>

コメント


 ☆

20年間でたった2.x社でしか働いていなくて『コロコロ職を変えている』?
カンベンしてください(笑)

・・・とは言っても、日本でしかも我々の年代で転職するのは、確かに度胸がいることだと思います。客観的に見れば簡単なことでも、いざわが身となると不安になる、それは良くわかります。

しかし、どの道このまま同じ会社に我慢して居続けたからといって、30年前のように年功序列でそれなりの待遇を受けられると保証されているような時代でもないですし、「勤続年数」以外に居続ける意味がないのなら、早く決断したほうがいいと思われます。

会社の状況の本当のところはBlogだけではわからないし、ひょっとしたらその状況が数年後には180度変わる可能性だってないわけではないとは思いますが、MIZZさんの今までの記事を読んできた限りでは、転職もありかな、という気はします。

どんな会社に行っても、自分に会わない部分は必ずあることは十分わかっていると思いますが、それでも挑戦しようと思えるのならば、やってみてもいいのではないでしょうか。

ただし、今の会社でがんばって、状況が変わるのを待つ、あるいは自分で状況を帰るように動く、というやり方も決して悪くないとも思います。

あとはもう、MIZZさん自身の天秤で、納得する道を選択するしかないですね。
どっちに転んでも、そんなに悪くないような気は、客観的にはします。
  1. 2006/06/28(水) 14:56:45 |
  2. URL |
  3. livingseattle #-
  4. [ 編集]

 ☆>livingseattleさん

うぉ~っ!!
期待していた人に期待通りのコメントをもらえました。

確かに10年前の転職とは自分の年齢も当然違うわけで、当時も
「30歳を越えたら転職も難しいから今のうちに・・・」
なんて思っていたのに、こんな有り様です。
考えてみれば早々と去っていった友人たちも自分たちで会社を興したのであって試験や面接があったわけではないことに気付きます。

実のところ、私だって文句ばかり言っているわけではなく、もう数年前からある部分で危機感を感じて声を大にしてアピールしたり直属の上司に言ってもダメならばと社長や役員、関係する本部長クラスの人全員に社内Notesで現状を訴えたりしてきたのですが、改善されることもなくそれから数年経って「ほらみたことか!」というような事態になっていることもあります。
さらに最近では業務基幹システムの問題もあることはLivingseattleさんのブログ上でもコメントしたとおりです。
とにかく技術者が本来の仕事以外で割かなければいけない時間が多すぎるのです。
別の言い方をすれば『働きにくい』のです。

確かに言われるとおり数年後に180度転換して化ける可能性だってあります。
色々な新製品が無いわけではありません。
でもねぇ。。。

問題はこの年齢で学歴もなく、目に見えるような具体的スキルが無いのにどうアピールして次を探すのかということですが。。。

どっちに転んでも大丈夫だというお墨付きをもらいましたので?我が道を冷静に考えていきたいと思います。

ありがとうございます。
  1. 2006/06/28(水) 21:38:27 |
  2. URL |
  3. MIZZ #-
  4. [ 編集]

 ☆

一回転職している人の方が、転職に関して抵抗が少ないですよね。
経験則で、何回か転職している人は転職する周期があるし。

MIZZさんの言葉の重みは分かりませんが、もし自分が同じように「転職しようかな」と他人に漏らすような事があったら、その時点で8割は決心が付いているでしょう。
すでに履歴書を何社かに送っている状態でしょうね。

最終的にどんな選択しようと、どちらが正解だったかは、人生終えるその時でも答えは出ませんから。
一生懸命悩んでいる時の自分の考えが一番正しいんですよ。
  1. 2006/06/28(水) 23:41:42 |
  2. URL |
  3. ささき #4nHpPTls
  4. [ 編集]

 ☆

こんばんは。
今日仕事中に何故か「自分もこの会社で20年目なんだなぁ~」って考えたのです。何故か?というと仕事で使っているF1鈴鹿20周年記念のマウスパッド(F1チケット先行販売のおまけ)に20thという文字があって、「そういえば…自分もこの会社で20thだな」と思ったのでした。
だから帰宅してこの投稿を見て何か不思議な気持ちというか、何か予感がしたのだろうか?とか思いました。
自分は超保守的な性格なのでよほどの事が無い限り会社を辞めたいなんて思わない人、だからアドバイスというか、この手の話に役立つような気の利いたコメントは出来そうもありません。(ごめん)
そちらの会社の状態がどのくらい危機感にさらされているのか?は想像つかないのですが、どこの会社でも何かしら不満があって、似たり寄ったりなんじゃ?と思いますね。隣の芝は青い…じゃないですけどね。
でも自分が悩んだ上に向いた方向がきっと正しい進むべき道なのかもしれませんよ。
  1. 2006/06/29(木) 00:24:02 |
  2. URL |
  3. Toshi #-
  4. [ 編集]

 ☆

このMIZZさんの記事を読んで、実は最初に浮かんだのがToshi君の20年勤続でした。彼がもしこの状況に立たされたとしても、きっと辞めないだろうな。。。などと勝手に思ったりしていました。
(もちろん、どっちがいいとか悪いとか言っているわけではありません。)

学歴はあまり関係ないと思います。少なくとも、20年前に比べたら学歴が重視されないようになったと感じています。
今は新卒の若い人よりも、即使える経験者が就職に有利な時代です。
もしも転職を考えるなら、いかにしてMIZZさんのこれまでの経験を、いい形で面接官に伝えるかを研究すべきだと思います。

話が少しそれますが、、最初に就職した会社では30・20・10年勤続者が表彰されていましたが、理事長はこんなことを言っていました。
「わしは本当は30年勤続以上の人しか表彰したくないのだ。10年はまだハナタレ小僧、20年でまあ社員として認められるかな、で30年くらいでやっと表彰というところだ」
・・・当時の社会の風潮を如実に表わしているセリフだと思います。
  1. 2006/06/29(木) 11:28:01 |
  2. URL |
  3. livingseattle #-
  4. [ 編集]

 ☆>ささきさん

前にささきさんが転職する際に僕が言ったコメントを受けて「やっぱ転職を経験している人は考え方が違うねー」と言っていたのを思い出します。

えっ!?転職する周期があるの?
じゃあ、もしこれで今回僕が転職したとしても60歳までまだ2回くらいはするんだ。。。
その時その時で自分が納得する仕事をしていられたらそれは幸せなことだけどその分、退職金すなわち老後が心配ではあります。

「転職しようかな・・・」という言葉は既に会社内でも何人かに漏らしていますよ。1年以上前から。
その度に「いやいや俺だって!」って返される会社もいかがなものかと思いますが・・・(笑)
残念ながら履歴書はまだどこにも送っていません。
て言うか履歴書を同時に何件かに送る感覚もないんです。
常に一発勝負で浮気せずにダメだとわかった時点で次に行くという感じです。
まぁたまたまこれまでは希望する会社に断られたことがないのでよくわかりませんが。
そもそもそんな状態まで進んでいたらささきさんに黙っていずに話をするって!

まぁまたゆっくり話しましょう。
  1. 2006/06/30(金) 00:05:28 |
  2. URL |
  3. MIZZ #-
  4. [ 編集]

 ☆>Toshiさん

Livingseattleさんの言うようにToshiさんは確かに同様の状況でも辞めずに頑張っていくタイプですね。
一概には言えませんが地元就職者にこの傾向が多いような気がします。
地元で3つ以上の会社を経験しているのは僕が知る範囲では僕とEi1君くらいかな?
「変わりたいよ・・・」と言ってた人は数人知っていますが、やはりそこで本当に変わる人とそうでない人の違いがあるんでしょうね。
ささきさんのところで述べたように変な癖にならないようにしなくちゃいけないなぁとは思っていますが。。。

隣りの芝は青いかな?というようなヤッカミみたいなのは何も無いつもりなのですが、
『うちの芝は枯れちゃったから植え直したいけど広すぎて自分の手に負えない』
って感じです。

確かにどこに行ってもいい所、悪い所があるのですが、入社した頃に良かったと思っていた所がどんどん無くなって、代わりに良くない方向に進んでいることが堪えます。
  1. 2006/06/30(金) 00:18:50 |
  2. URL |
  3. MIZZ #-
  4. [ 編集]

 ☆>livingseattleさん

確かに学歴重視の時代は終わりかけているような気もします。
特に中途採用の場合は今までにやってきたことが重視されるので勝負できるのだと思っています。
(その辺のアピールは得意ですからねぇ~)

そういやささきさんがうちの会社に入る時に面接官の課長の好きそうな話の方向性を伝授したっけw



まだ、具体的には何も動いているわけではありませんが、こうして公言して3人の話を聞くことによってだいぶ気が楽になりました。
ありがとうございます。
  1. 2006/06/30(金) 00:30:11 |
  2. URL |
  3. MIZZ #-
  4. [ 編集]

 ☆

ボク。ココ3社目!!
どーも、最近は4階の住人になっているボクです。
自分的には会社がアホな方向に進んでいるのは重々承知ですが、今おもろいことやってるので辞められません(ぷ
でも、今後の上の衆らの出方次第ですかねえ・・・
  1. 2006/07/01(土) 23:44:21 |
  2. URL |
  3. い #-
  4. [ 編集]

 ☆>いさん

そうなんだよねー
まだ自分がおもしろい、興味あることに集中できているうちはいいんだよねー
自分も1~2年前くらいなら部署を変われば何とか状況を脱出できるなぁと思っていたんだけど、ここ最近の状況は会社全体に関わる問題なので目を覆いたくなるようなことばかりです。
  1. 2006/07/02(日) 13:44:25 |
  2. URL |
  3. MIZZ #-
  4. [ 編集]

  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://pgatour.blog6.fc2.com/tb.php/247-6c782e1b

MIZZ

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。