Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


つくでゴルフクラブ:カムズ ラウンド報告




やっぱ書かないとダメですかねぇ~?
このラウンドのことも。。。

先週24日(日)に8月4日以来、再度『つくでゴルフクラブ:come’s』に行ってきました。
その時は久しぶりなのにも関わらず片方のハーフで30台を出すし、久々の80台も出て復活を匂わすラウンドでした。
そしてその時の試打クラブをベースに翌日のゴルファーズドッグでドライバーを決めて、その後の浜松シーサイドでの39・39=78のスコアに繋がったという起点となったラウンドでもありました。

今回は8月後半~9月初旬に決めたこともあり、なかなか好き勝手にコースは選べない状態ではありましたが、つくではその時に初めて連れていったメンツをもう一回連れていってやりたかったし、また別のメンバーも初体験させてやりたかったのでちょうどよかったです。
涼しくなって最高の状態でのつくでを周ってみたいという気もあったし。。。



しかし・・・その期待は見事にコースに裏切られました。


コースや天候のせいにするのはゴルファーとして失格だけど、あれはあまりにも酷い。
それは自分の行ったボールがたまたまディボッド跡に入っていたとか、水たまりや柔らかいところに停まったというなら「そこに打った自分が悪い」ということになる場合の話。
しかし今回の場合はグリーンが穴だらけでちゃんとパーオンしたのにボールが真っ直ぐ転がってくれずに全然スコアが作れなかったこと。
パットが入らないと精神的にもやられてショットにも影響するのがメンタルスポーツなゴルフなのに。。。。

今回の穴だらけの原因は『エアレーション』という作業であり、芝をいい状態にするためには必要不可欠の作業である。
なので、そのこと自体を責める気はないが、普通それは春先の風物詩。
春先だったら納得もいくし、予約時に注意もするのだが今回はまさかこんな時期にやるとは思っていなかったので面食らった。
それならそうとHPとかでアナウンスして欲しかったよ。
(そうしたら行かなかったのに・・・!)

まあそうは言ってもつくでは冬用の芝にオーバーシードするコースなので、この時期に種蒔いてエアレーションするのも後から考えればわからなくもない。
100歩譲って必要なエアレーション作業だとしましょう。

でも私がこんなに怒っているのはその作業があまりにも『雑』だから。

1年中休むことなくラウンドしている私はそりゃあエアレーションしているコースでプレーしたことも何度もあります。
しかし私が今まで経験したコースではたとえ穴が開いていたとしても芝面に対して鋭い切り口で穴が開いており、また穴の直径もそれほど大きくなく球の転がりには大きく影響しないものでした。
しかし今回のコースではまるで直し忘れたボールピッチマークのように一旦、縁が盛り上がってからその後に凹んでしかも砂が入っている状態なので球があちこちに転がるし、転がりも悪くなる始末です。
球が転がってその穴に吸い込まれて停まるだなんて。。。
こんなエアレーション作業は他のゴルフ場ではフェアウェイでも見たことありません。

天気が良かった割にはコースのあちこちがぬかるんでいた状態だったので恐らく前日や前夜には相当な雨が降ったことが伺えます。
なので、エアレーションした後の穴に雨水が流れ込んでその後に砂の中の水分だけが蒸発して穴を凹ませたのだとも考えられます。

だとしても、その週に台風が近づいていて多くの雨が降ることは予想できたはず。
そして例えそうなってしまったとしても砂をもっとむらなく蒔くとか何かしらの対処はできたはずです。
それをそのまま放ったらかしにして我々お客をプレーさせたことに腹が立つわけです。
しかも普通、そういう時期や改修時には特別料金にするのが通例です。

全く我々お客をなめているとしか思えない。。。

折角のいいコースもソフト面やメンテナンスで台無しにしてしまう例です。
気に入っていたコースだけに残念だったわけです。
『いいコースだよ!』と何人もの仲間を誘った私の立場も考えてほしい。



で、スコアはどうかって?
前半『47』
後半『45』
合計『92』の凡スコアです。

何しろパット数が『38』
私の平均パット数が『34』、ワーストパット数が『39』です。
基本的には1ホールあたり2回×18ホールの『36』回を越えない人です。
それが出だしの4パットの後に3ホール目でも4パットであることに象徴されています。
最終ホールでも1mのボール半個分のスライスラインが何度かに分けて50cm曲がるくらい跳ねて曲がりました。

手が痺れて、肩も痛いながらもショットはそれほど悪くなかったし、ミスショットの原因もはっきりしているのに、結局ストレスを溜めに行く結果になってしまいました。
アプローチをショートすることも多々ありましたが、それは想像以上にグリーンがフカフカで止まり過ぎるからでした。
もちろん、そんなのは2~3ホールで傾向を掴んで対応しなければいけないのですが、身に付いた距離感というものはそれほど簡単に変えられるものではありません。
例えそのアプローチがショートしてももっとパットで稼げるんだけどなぁ
そう言えばどういうわけか2ホールだけエアレーションしていないホールがありました。
その素直な転がりといい、タッチとかラインに集中できる楽しみって言ったら他にありませんでした。
『あのドキドキ感がゴルフの醍醐味だよなー』
と痛切に思ったわけです。
それが2万円も払って行なう本コースでのプレーってもんです。
あれじゃショートコース以下、いやパットパットゴルフ以下だよ・・・・

ということで愚痴だらけのブログでスミマセン。
ここに書くしかないんでねぇ。。。
ゴルフ場ではキレずに最後まで集中します。


ということで来週は10年以上ぶりの『ミオス菊川カントリー』です。
ゴルフ場のグリーンキーパーの皆さん、期待してまっせー!!

スポンサーサイト
  1. 2006/09/30(土) 22:48:15 -
  2. ラウンド報告 -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:3 -
  5. ↑TOPへ


<<彼岸花 | ホーム | マックフルーリー>>

コメント


 ☆エアレーションは嫌ですね

いや~、残念。
楽しみにしていたラウンドが台無しでしたね。
ホント、コースメンテはしっかりしてほしいものです。

実は私が30日にラウンドしたコースもエアレーションの穴が開いていて、少しポコポコしていましたが、それほど気になるほどでもなく、なんとかなりました。

次回は今回の分もあわせて、爆発してくださいね!
  1. 2006/10/01(日) 22:03:36 |
  2. URL |
  3. wt_golf #NktuA5UA
  4. [ 編集]

 ☆>wt_golfさん

いやぁ~お恥ずかしいスコアを見られてしまいました^^;
そうなんですよ。
普通はエアレーションしててもブログの記事にもならないような状態のはずなんですけど。。。
やっぱり洋芝の北海道ではこの時期にするんですね。
私らは春先はエアレーションと花粉症がセットで乗り越えなきゃいけない障害なんで、まさかって感じです。
それともたまたま私が例年、秋にはラウンドが減っていたから知らなかっただけかなぁ?
次は頑張ります!
  1. 2006/10/03(火) 07:03:07 |
  2. URL |
  3. MIZZ #-
  4. [ 編集]

 ☆承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/10/30(金) 22:20:33 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

  つくでゴルフクラブ:カムズ その2

こんなに早くリベンジの機会がやってこようとは!!つくでゴルフクラブ:カムズhttp://www.j-comes.com/今回は、2組7名でのラウンドです。もともとは、相方が出産前の最後のラウンドに回りたいという要望により相方の行ったことのない、そこそこのコースと言うことで、選んで
  1. 2006/10/06(金) 23:50:00 |
  2. カレー王子の日々
↓↓トラックバックURL↓↓
http://pgatour.blog6.fc2.com/tb.php/307-ded67a93

MIZZ

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。