Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


スイング再生 その2




さて、グリップの違和感に戸惑いながらも段々とそれが普通だと思えるようになってきました。
しかしながら左手・右手ともに被せ加減をどれくらいにするのがベストなのか?どれが自分のブリップなのか?がまだハッキリしていないことも事実です。
ただし自分としては目一杯左手を被せた状態が『最低限それくらい』と言われましたので無理しない範囲で被せることにします。

一方、右手は今のところしっくりくるところを見付けられずにいます。
どうしても右手と左手の一体感が生まれてきません。
『こうすればいい球が出る傾向にある』
というものはあるのですが、どうしても右手の人差し指と親指で挟まれた部分でクラブをコントロールしてフェースに乗せるイメージを残したいのです。
結果が良ければいいじゃないか!と思われるかもしれませんが、イメージが出ないスイングでは実戦で、そしてプレッシャーがかかった時に通用しないような気がするんです。
そして何よりイメージ無しのゴルフは『つまらない・・・』
ターゲットありきで、そこに狙って打って結果が伴うことが最良だと思ってるんで。

そんな感じでグリップは慣れや試行錯誤を繰り返して自分のものにしていきたいと思っています。



さて本来のテーマである『薄くて弱弱しいスライスを直す』ために、グリップの次に直すべき課題があります。

それは『フェースをターンしていくこと』

自分の持ち球がなんちゃってフェードだったせいもあり、以前よりフェースは積極的に返していかないスイングでした。
それでもヘッドが走っているうちは自然とターンもしてて球が捕まっていたのですが、『自分はフェードを打っている』と強く思うようになって、自分の意識下でフェースをターンしなくなり、それではターンが足りない状態になってしまいました。

ただでさえアウトサイド軌道で入ってきているのにフェースをターンせず、しかもターゲットに対してそのまま打ち抜こうとするものだから球が捕まるはずがありません。
それに気付いてインサイドに振り抜こうとしたところでもフェースをターンしていないものだから大スライスを打ってターゲットに帳尻を合わすことしか出来ず、遠回りの分だけショートする結果になってしまいました。

そこで忘れていたフェースターンを積極的にしていこうということになりました。
なんて意思を固めた時にタイミングよく助け舟があの方から・・・

本屋をブラブラしてたらGakkenの『pargolf exe』の中に芹沢信雄プロの『アイアンのミスショット症状別対処法』のコーナーを見つけました。
今回のテーマは・・・

『リストターンを使えばアイアンにキレが出る!』

まさにグッドタイミング!
フェード打ちの芹沢プロが言ってくれるだけに信頼できそうです。
(以前から結構頼りにしてますv^^)

ここではその内容は割愛しますが、フェースターンの理想形、、、つまり今回の改造における私の目標点&バイブルが出来ましたのでイメージが掴みやすくなりました。
症状別に原因と矯正法が載っており、自分に該当する症状も大アリだったので実にわかりやすかったです。
やっぱ『なぜ、あなたはそうなるのか?』という具体的な説明が書いてあるのがいいですね。
スイング理論でも新しいクラブの飛ぶ理由でも納得いく説明をしていただかないと取り込まない私です。
その点、今回の企画は納得。
自分の症状に合わせて直しておきたいと思います。


そしてその本屋で次に手にとったのが『Choice』
ペラペラとめくってみると、今一番興味のあるマッスルバックアイアンの比較企画です。
『これは買わねば!』とばかりに懐に抱えます。

さて、それを家でじっくり読んでいるとあるコーナーページに辿りつきました。
『福岡 桜美流ゴルフ 今、花満開!』
とあり、季節外れのサクラの絵が描いてあります。
「なんのこっちゃー?」
と思いながら読み進んでいくと・・・この理論とは?

・グリップはベースボール(完全な10フィンガー)
 他のスポーツではあり得ない無理なグリップ法が上達を妨げる。
・本来ねじれないものである腕や身体はねじらない。
 できない動きをしようとするから難しくなる。
・クラブをインサイドに引く必要はない。
 テークバックではなくテークアップである。
・手首や肘は積極的に使っていかない。
などなど。。。。

この理論を考えた人を抱きしめたくなるくらい何とも私のスイングに合致している理論でしょう!
ていうか、もう既にマスターしてますよ(笑)、10フィンガー以外。

でも、このゴルフ練習場、福岡なんだよねー
地元にあったら間違いなく門を叩いています。
そして
『君、筋がいいねぇ~』
なんて言われちゃうのかなぁ~


さあどうしよう?
全く両極の理論を同じ日に目にしてしまいました。

実はアマチュアゴルフを難しくしている理由の一つがこれ。
『ゴルフスイングの正解が一つでないこと。。。。』
そして流行によって良いとされるものが変化していくので、ゴルフ雑誌の違いばかりでなく同じ雑誌でも1年も経てば違うことを言っている場合もザラです。
それに嫌悪感を示してゴルフ雑誌は読まないって決めている人も周りには居るくらいですから。


そうは言っても道具も変化しているし自分の身体も変化しているのでその時に合わせたスイングをしていかなければならないのも事実のような気がします。
前出の芹沢プロのレッスンを私が信頼しているのは道具の進化に合わせた理論を展開してくれるからに他なりません。
あとは自分のスイングやクラブ遍歴を全部見ているショップの社長や店長しかり。



後者の理論でいけるなら自分にとっても楽できそうな気がしますし、将来的にも身体に優しそうです。
今は絶不調ですが、そんなスイングでも70台だって何度か出したんですから。。。
でも、きっとその時とは何かが違うんだろうなぁ。。。


まぁ身体に無理はかけない範囲で試して有効なものを取り入れていこうと思います。


次回予告

『方向性を見失いかけたMIZZに救世主現るか?』

の巻。

スポンサーサイト
  1. 2006/12/12(火) 23:06:32 -
  2. ゴルフ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<富士山 | ホーム | スイング再生 その1>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://pgatour.blog6.fc2.com/tb.php/338-2797c934

MIZZ

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。