Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


慰留




****** はじめに ***************************

今回のような事を書くと『お前はそれだけ価値のある男だと言いたいのか!? 自惚れるな!』と思われる方もあるかもしれません。
ですがこのつたないブログに来ていただいている数少ない読者の方々に私の人生の転機になろうかと思われるこの時期のことをご報告せずにはいられません。
ましては皆さんも責任ある仕事をしている社会人である以上、一度くらいは転職しようか?と思われることもあることでしょう。
多かれ少なかれ不満はあるものだし、100点満点はあり得ません。
そんな方のためにドキュメントとして残していくことも必要だと考え書き残していくことにします。

**************************************





昨日は予定通り上司に辞表を出しました。

いつ出すか?

どのタイミングで出すか?

な~んて悩んでいるうちに胃がムカムカしてきたので早めに出してスッキリしてしまえ!ってことで朝一番のうちに出してしまいました。

ブログ上では突然の告白でしたが私も大人なので(笑)いきなり辞表を叩きつけるようなことをすることもなく事前に上司と面談をした上での今回の行動に至ります。

その面接の席上で『辞めるという可能性が非常に高い』旨を伝えたことによりそれはやがて面接をした課長から段々と偉い人のところへ伝わっていきます。
そして先週、自分が所属する本部の取締役に突然呼ばれこう言われます。(概略です)

『MIZZ君が数年前から品質保証部門に異動願いを出しているのは聞いています。
その時は技術部門から出せないという強い要求があって希望は叶いませんでしたがその後も常に顧客満足を念頭に置いて行動し、我社の装置に対しては厳しい眼を持ち、顧客からのクレームに対しては熱意を持って対応して客先からの信頼も上々との報告を受けています。
また、先般の品質に関するアンケート(*1)でも会社の現状を考えた熱い意見を言ってくれたし、その中でMIZZ君が考えている本来のメーカーのあり方について来期は進めていく予定があります。
その中でMIZZ君にはそのポジションで来期は活躍してもらいたいんだけどどうかな?
ただし僕が来期そこの部門長になるかどうかは未定だし、そこのポジションを確約できるわけではないんだけど。。。』



と。

(*1)品質に関するアンケート
⇒今期、我社は市場投入製品の不具合対応のために1~2億円もの費用が掛かりました。
その現状を打破するため、そして社員の品質意識を高めるためにその取締役が先頭に立って社員全員に対して『品質に対して思うこと』を書かせました。
実は私は4~5年前に製造依頼先が変わったりして急に社内で発見する製品不具合の多さにキレて社長をはじめ会社の上層部全てと関係部署の所属長全員に現状の品質低下の悲惨さとそれがいずれ会社の首を絞めることへの序章であること、そしてこんな状態ではとても製品納期を守れないということを訴えて社内メールを送っています。
しかし当時、その方々は何のリアクションも無いまま数年が過ぎ前記の通り現在の酷い有様になっているわけです。

私はアンケートではそのことに触れ、『今さらこんなアンケートを行うこと自体が私は気に入らない。なぜあの時に対応策を講じなかったのか!』と苦言を呈しました。
(辞める気満々だったのでどうなってもいいやって気持ちで書いてます^^;)




話は戻って・・・・
先程の取締役の話で一番最後の文が引っ掛かると賢明な読者の方は思ったことでしょう。

そうです!あれでは慰留になりません。
残ってみたものの実はそんなポジションは無かった。。。というオチになりそうな展開です。


なので私は昨日という日に辞表を出すことにしました。

そして前記の通り朝に出した後、昼過ぎに例の取締役から自分のPHSに電話が入ります。
取『MIZZ君、結局出しちゃったんだね。。。』
M『はい。申し訳ありませんがそのようにさせていただきました』


それで無事私の辞表はさらに上層部まで通過していくと思われました。


ところが夕方頃になってその新しいポジションの課長になる予定の人から声を掛けられて一緒に個室に入ります。

『まぁ実際の当事者なので詳しく話を聞いておきたいんだろ。。。』

と思いました。

課『先週に取締役から話は聞いているよね?』
M『ハイ』
課『でも、今日出しちゃったんだよね?』
M『ハイ。やはりあの内容では思い留まるには至りませんで・・・』
課『ところで取締役からはどんな内容の話だった?基本的には僕が考えていることと同じはずなんだけどMIZZ君から聞く話の内容ではなんか違うような。。?』
M --- 前記のような話を伝えます ---
課『え~っ!それ違うよ!くっそーやっぱ俺が説明すれば良かったなぁ~』
M『えっ?どういうことですか?』
課『ちゃんとMIZZ君の新しいポジションは来期の新しい構想の中で確保されてます!現在の部署からの了解も得ています。これから4月までの間に僕が首になれば別だけど一応この部署を任せられるように命じられているのでそれは無いと思ってます。従って曖昧な話なんかでなく具体的な話なんだけどなぁ~』
M『そうなんですか~』
課『まぁいいわ。取締役の話は別として事実は今話した通りです。それを踏まえて考え直してもらうのはどうかな?出してしまった書類なんてものは撤回することなんていくらでも出来るからさー』
M『はぁぁそう言われましても。。。』
課『取締役からも話があったと思うけどアンケートの内容は僕も読みました。まさにあれが来期僕が実現したいと思っていることです。
そして普段からの品質への真面目な考え方についても出張報告書や不具合発生報告書などからも読み取ることはできています。
技術全体の中においての顔の広さ、そして対顧客への対応能力からしても適任だと考えています。』


という感じで話は進んでいくのですが、ざっくばらんな話も含めて自分が辞めるという決断に至った理由、次の道を個人的にどう考えているかなど、自分の直属の上司にも話していない内容を正直に話しました。

そして
課『他の会社を受けてみてダメだったら転職を諦めてやはり今の会社に残ることを選択してもいいよ。』
とまで言われました。
(もちろん短期の期限付きです。)

僕も調子こいて
M『じゃあ、もし新しい会社への転職が成功したけど数年経って、やっぱ合わなかったって言って、そしてその時にこの会社が急上昇していたら出戻りしてきてもいいですか(笑)』
と聞いてみましたが
課『そん時に僕がまだそこの課長やってたら受け入れるよ』
M『まじっすか!w じゃあその路線で考えさせていただきます』
課『オイオイ・・・^^;』



まあそんな感じで可能性は低い『態度保留』という形にしました。




いざとなったら帰れる所があるっていうのは気が楽になっていいです。
ただでさえ気が滅入る転職活動ですからね。
もちろん、そんなものには頼らずにキチンと新しい世界を探すつもりですけどね。

もちろん履歴書を送っているところも既にあります。

さてどうなることやら。。。。


--- つづく ---


応援のクリックは特にありませんw




スポンサーサイト
  1. 2007/03/13(火) 23:55:51 -
  2. 日常 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


<<さくら前線 | ホーム | 決断>>

コメント


 ☆

まずは、通常日本の会社では、正しいと思ったことを変に遠慮しないで上層部に訴える勇気のある人がなかなかいないと思いますが、MIZZさんのとってきた行動は素晴らしいと思います。

それから慰留ですが、結果的に良い目の状況になってよかったですね。
これで、新しい会社が決まればもちろん新しい世界が開けるし、仮に今の会社の新しいポジションということになっても決して不利な状況ではなくなるように感じます。
  1. 2007/03/14(水) 11:07:51 |
  2. URL |
  3. NewPM #-
  4. [ 編集]

 ☆>NewPMさん

ありがとうございます。

うちの会社は時々このように他部署のやり方に文句を付けたりすると”言いだしっぺ”的考えで翌年の人事でその人が文句を言った部門の部門長になったりすることがよくあります。
なかなか意見を言えなくなるので良い風習とは思えませんが、私の場合はそんな風習も踏まえて『今の技術のポジションでは下請け含めて全体の品質良化に口を出せないのでいっそのこと私がその部門でやってもいいですよ』的なことまでアピールしたんですけどね~ 当時。

慰留の件は両親に話せば
『もったいない話だ。折角だから留まってみれば?』
と言いますが、1~2年前なら喜んで異動しますが今となってはねぇ・・・
っていう感じです。

社員のやる気にも”旬”があるのでその辺も踏まえないといい人事は出来ませんね。
  1. 2007/03/14(水) 20:58:12 |
  2. URL |
  3. MIZZ #-
  4. [ 編集]

  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://pgatour.blog6.fc2.com/tb.php/359-6aa9d9e2

MIZZ

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。