Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


試打会レポート CREWS




先日に引き続いて試打会のレポートをします。
今回はCREWS編です。
『CREWS』
・c-drive415
 Spec:9度高反発,Blue-G
    10度低反発,Blue-G


※ちなみに私がBlue-Gばかり打っているのは自分の現在のシャフトがBlue-Gだからです。
詳しくは昨日の記事でお伝えしました。
ということで純粋なヘッドの比較がしやすいからです。

⇒捕まりはとてもいいです。(対ロイコレ&マイクラブ比)
フェードヒッターの私がそのまま打つと左へ真っ直ぐ行ってしまうこともあります。
ただし引っ掛けではなく左目に飛んでフェード気味にそれ以上左へ行かないようにガンバッテいる球です。
慣れの問題もありますが気を抜くと大変危険な球になるので拒否反応があります。
弾道も同じ人が同じロフトを打ったとは思えないくらいの高さが出ます。うまく当たればロイコレの1.5倍の高さは出るでしょう。
スライスが嫌でキャリー重視なら明らかにこちらがいいでしょう。
しかも最近、弾道を低めに抑えるようにした私にとっては考えられないようなビッグボールがネットの上段に突き刺さりました。
「あぁ、やっぱりビッグボールもいいかも。。。」
と思わせるような快感です。
あの強さならアゲンストでも負けない気がします。

性能の割りに価格も抑え気味で尚且つ選べるシャフトが大充実しているのが超魅力です。
ロイコレやツアステの同シャフトモデルよりも3万円は安いでしょう。
賢者が選択するクラブと言っておきましょうか。
競技用として押さえで低反発を買っておいてもいいかもしれないかも?
(注)私は今のところ競技ゴルファーではありません。

ちなみにc-drive375も打ちましたがヘッドがコンパクトな分、415よりもさらに左へ行く傾向があり、怖くて打てませんでした。

Cv PROのFWも広告や雑誌の紹介記事に偽りはなく”上げる”ことよりも”前へ”行かせるクラブです。
今まで私のSFDではアゲンストでは使う気になりませんでしたが、これなら積極的に使えそうです。

・Triple Sole Wedge
Spec:57度W,53度,DG S-200


⇒そうそう忘れていましたがこれも狙っている商品の一つです。
今使っているMR-23に不満は無いのですが、いかんせんバンカーがへたくそな私はもう少しバンスが多い、もしくはソールが広いウェッジ(特にSW)を探している次第です。
実際に57Wは後者のSPECでありバンスは9度で決して多くはありません。
トリプルソールについては半分疑いの目は持っていましたが思ったよりも抜けが良くてビックリ。
閉じて良し、開いて良しです。
マットごときでもその違いがわかるくらい。
丸山限定モデルを2年おきに3モデル持っている私ですが、ちょっと浮気してみてもいいかも?バンカーがうまくなるまでの間。。。

どちらにしてもSWというかバンカーの問題は急務です。
なら練習しろよ!と言われそうですが、練習をした上で出た結論が
「もう少しバンスがあった方がシビアにならず楽そうだ」
という結論でしたので。。。
スポンサーサイト
  1. 2005/04/20(水) 01:04:58 -
  2. ゴルフ用品 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<試打会レポート RIFLE | ホーム | 試打会レポート 番外編 ”マイクラブ”>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://pgatour.blog6.fc2.com/tb.php/38-8679d5ee

MIZZ

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。