Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


安曇野&上高地 2泊3日の旅 ③




4月26日 1泊目

睡魔と闘いながら着いた宿はとても静かなところで雨の音と近くの川の音しか聞こえないようなところでした。

クタクタで到着したもののそれでも風呂に入ってさっぱりしたらすっかり英気を養えました。
そこで部屋のTVで明日の天気を気にしつつ、その日に撮ったフィルムの整理、カメラやレンズの整備、翌日の着替えの準備をします。

なぜなら翌日は車でなく公共機関や自分の足で担いでいける分だけの必要最低限の荷物で行かなければならないから。
日帰りならともかく1泊するので着替え等も持たなくてはなりません。
色んなところへ撮影に行きましたがそういうパターンは初めてかも?
どんな絶景のところでも交通の便がいいところばかり行ってますんで^^;



さて、そんな準備も早めに済ませて早く寝ることにします。
次の日も早いですから。
それに頼れるのは自分の体力だけ。
意地でもその日の宿に辿り着かなければいけないんです。

やっぱ写真は日の出と共に勝負したので宿のお父さんに

『何時くらいが日の出ですかねぇ? やっぱ5時半くらいですか?』

と聞いたところ・・・・

『何言ってんだぁー上高地は周りが山に囲まれているから5時半なんて全然陽が射してないぞー 7時に行けば充分だぁ』

と言われました。
(そりゃああんたが早く起きるのが辛いからでしょ?)と思いつつも少しでも朝早く出られるように翌朝でいいと言われた宿泊代を夜のうちに払っておくことにしました。

そして5時前から準備をして6時半に出発することにしました。

ちなみに私の部屋はこの宿で唯一の『窓がない素泊まり専用部屋』です。
ネットで見つけた時はなんじゃそれ?と思いましたし、窓がないとその日の天気もわからないので不利かとは思いましたが一人で泊まれる便利な場所の宿というのはそれほど多くは存在しません。
なのでそこにしたわけです。



☆4月27日 2日目☆

ところが朝になってみると私の泊まった部屋はこんな感じになりました。
あっ、これじゃわかんないね。
ちなみにこの手前に写っているものが私のカメラバッグです。
フル装備で11kg~14kgくらいになります。
P1020269-2.jpg


部屋の端を見上げるとこんな風になってます。
高窓はあったんですね。
しかもいい天気です。
太陽光が白い壁に反射しながら間接的に入ってくるのでとても柔らかな光です。
こういう設計もいいねぇ~ メモメモ・・・  ←何のため?
P1020268-2.jpg


外観はこんな感じです。
P1020270-2.jpg


ここが浴室だとすぐにわかる壁のマークw
P1020271-2.jpg


川の音がよく聞こえたのはこんな段差があったから。
P1020273-2.jpg


駐車場から見える山の方向の景色はこんな感じです。
空気が凛としてて実に気持ちいい!
ていうかさぁ~  もう完全に陽が登っちゃってるじゃんねー!
今さらガタガタしてもしょうがないんだけど・・・
そんなことも全て受け入れるのがMIZZの旅です。
P1020276-2.jpg



さあ!車に乗っていざ出発~!
(実はドアが凍ってて最初は開きませんでした。それくらい昨夜は冷え込んだようです。)



そして5分もしないうちに到着~w
P1020282-2.jpg


先にも言いましたが上高地はマイカー禁止なので車は沢渡地区の駐車場に停めていきます。
それが宿の至近なんですね。
この写真の真ん中にうっすらと白く見えるのが泊まった宿です。
P1020283-2.jpg


沢渡地区にはいくつかの駐車場がありますが私の選んだ第2駐車場には無料の『足湯』があります。
P1020277-2.jpg


これこれ。
P1020278-2.jpg


まだまだ出来たばかりという感じで新しい施設です。
ちなみにこの写真の左端に欠けてみえるのは着替えが出来るところです。
足湯を利用する人も山登りをする人も便利に使えそうです。
P1020279-2.jpg

P1020280-2.jpg


ほらほら、湯気が気持ち良さそうでしょ?
私はもっと気持ちいい朝風呂に入ってきたばかりなので入りませんでしたけどねw
P1020281-2.jpg



ここからシャトルバスなら大正池まで1000円程度で行けるのですが、もうこれだけ陽が射してきているので1分でも多くの時間を買うためにタクシーを利用することにします。
タクシーはバス乗り場の脇に常に2~3台は待機しています。
大正池までは定額運賃で3200円です。
(上高地バスターミナルまでは4000円です)
つまり3~4人のグループなら遠慮なくタクシーを使ってもいいでしょう。
好きな場所で降ろしてもらえるし。


自分の過去のイメージではそこから大正池付近までは15分程度で行けるものと思っていたのですが思ったより時間は掛かりました。
興奮してあまり覚えていないけど30分くらいだったかな?

釜トンネル手前でもいかにも温泉地のような湯気が噴出しているところもあり、その釜トンネルも自分が数年前に通った時よりリニューアルしててキレイになっていました。
(以前は車1台分の幅しかなかったものが今では2車線です)



タクシーの中から見える景色はやや雪もかぶっており、既に周りはフォトジェニックな世界なので興奮を抑えきれません。
自家用車なら停まって写真を撮るようなところを我慢して通り抜けて大正池だけを目指します。

そして大正池のふちに到着した時に一気に視界が広がりました。
すかさず運転手さんに言います。

『すみません、ここで降ろしてください!』


                 つづく・・・・


スポンサーサイト
  1. 2007/07/01(日) 21:47:31 -
  2. 旅行記 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<雨の日と月曜日は | ホーム | ジョンに会ってきますv^^>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://pgatour.blog6.fc2.com/tb.php/402-cc1d2054

MIZZ

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。