Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


安曇野&上高地 2泊3日の旅 ④




かなり間が空いてしまいましたが続きをどうぞ。

過去記事はこちらです。
① 出発~豊科~白馬・姫川源流
② 安曇野・大王わさび農場~1泊目宿到着
③ 宿出発~沢渡駐車場(上高地入口)



さて、沢渡第2駐車場からタクシーに乗って改修してキレイになった釜トンネルを抜けます。
夜間は頑丈な門が閉まっており、マイカーの通行を禁止していることで上高地というエリアが別世界として取り扱われているわけです。
海外の世界遺産地域と比べるとまだまだ日本の環境保護活動は遅れ気味に思っていましたがやっとという感じでそれが実施されました。

旅するものとしては不便ではありますがキレイな景色をいつまでも守るためには必要なこと。
しかしいくらトンネルでマイカーを遮断しても水や空気は繋がっています。
根本的で大規模な環境保護活動をしていかなくては・・・


そしていよいよその守らなければいけないものが目の前に登場してきました。
(今回もいつものように画像をクリックしていただければ大きくなります。ただし投稿容量の問題で圧縮したのでやや画像の荒さが目立つことはご勘弁ください)

一度は耳にしたことがあるでしょう。これが大正池です。
今回の旅行で上高地を選んだ理由の1つがこの大正池がもう数十年すると消えてしまうという記事を何年前かに読んだからです。
そして前回に行った時は大正池はスルーで河童橋まで行っちゃったし。
P1020285-2.jpg


実のところ、ここまで爽快な景色はあまり期待していませんでした。
でも春先・残雪の景色はいいですね。
さらに私の場合昨日の雨やヒョウは上高地では雪だったようでさらに白さが増しているようです。
そいつはラッキー。
P1020290-2.jpg





これは焼岳です。
現役バリバリの活火山です。
この撮影場所から右手を見れば上の穂高連峰、左を向けばこの焼岳という位置関係です。
P1020291-2.jpg

P1020294-2.jpg


一眼ではもうちょっと遊んだ写真も撮りましたがデジカメの方は押さえで撮っていただけなので定番中の定番な撮り方しかできなくて申し訳ありません。
常連さんとおぼしきおじさんが
『今日はちょっと風があって水面に山々が写っていないなぁ~』
とぼやいているのを聞いてガーン!
そうか、確かに写っていたらスゴイわ。
せっかくいい撮影条件だと思ってたけど聞かなきゃ良かった。
でも上を見たらキリがない。これはこれで絶景なんです。
P1020297-2.jpg

P1020298-2.jpg


焼岳です。
低い標高の部分が軽く白くなっていて雪が積もっているのはやはり昨夜の雪が効いています。
ちなみに蒸し暑い今では信じられませんがこの時は完全防寒着を着て、耳あてをしてポケットにカイロを入れていても寒かったくらいでした。
気温的には5℃くらいかな?
P1020302-2.jpg


穂高連峰側をズームで狙ってみました。
左から○○岳、△△山・・・とか説明したいのですが私はアルピニストではなく、美しければ名前はなんでもいいのでよくわかっていません。
P1020303-2.jpg

P1020307-2.jpg


感性のままにバシバシ撮るタイプなので撮影記録とか残してなく、何枚目がどこで撮ったか?とかわかっていないのですがこれは恐らく大正池ホテルの前でしょう。
ホントはここに泊まって日の出前から撮りたかったのですが、一人部屋の料金設定がなく泊まれませんでした。
恐らく満室ではなかったので交渉すればOKだったような気がしますがHPを見た時点で1名宿泊ウェルカムでなければあまり泊まる気になりません。
今度は誰かと来ることにします。
あっちなみにハワイで高い金を払ってオーシャンビューにするのは意味がないと思っている私ですが、このホテルの池側とそうでない部屋とでは数千円の宿泊費の違いがありますが間違いなく池側をお勧めします。
朝起きてこの景色が見えるのと完全に身支度を整えてから見られるのとは大違いです。
P1020309-2.jpg


これはホテルからもう少し歩いていったところにある木の歩道上からのショットです。
こういう朽ち果てた木がいかにも大正池らしくて狙いたかったショットです。
P1020312-2.jpg

P1020316-2.jpg


目の前に見える並んだ木より手前の水面は池本体からはちょっと隔離されています。
なので池からの波の影響を受けず水面が穏やかなので山々が写っていますね。
P1020318-2.jpg

P1020321-2.jpg



ハイライトの応酬でどこで切ったらいいかわからないのですがある程度の写真の枚数になりましたのでここらで④は終了といたします。

まだまだ続きますよ。


スポンサーサイト
  1. 2007/07/22(日) 02:57:54 -
  2. 旅行記 -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ


<<全英制覇!ハリントン! | ホーム | 宴会>>

コメント


 ☆

PCの調子が悪くておっかなびっくり書き込んでます。
でも、あんまりキレイな山の風景だったので、思わずひとこと!
ステキ!うっとり!

でも、前回と日にちが続いているとはちょっと思えないくらい、季節が逆戻りしてますね。
それほど標高が高いってことでしょうか。
  1. 2007/07/22(日) 18:53:25 |
  2. URL |
  3. Ren #pSJ6Fihk
  4. [ 編集]

 ☆>Renさん

確か上高地の標高は1500mです。
(途中の看板にそう書いてあったような。。。)
白馬や安曇野はもっと低いとは思いますが直前の沢渡はどれくらいなのかはよくわかりません。
釜トンネルの中で勾配になっていたような気もしますが長いのとドキドキであまり覚えていません^^;

見えている山々が高いのはもちろんですが、平地でも上高地内の方が雪が積もっているのは周囲を山に囲まれた地形のせいでしょう。
もちろんその理由はRen先生に言うまでもなく。
  1. 2007/07/22(日) 22:01:36 |
  2. URL |
  3. MIZZ #-
  4. [ 編集]

 ☆ためいきー

わぁ、とか、うはぁ、とか、はぁー、とか
もう声にならない感じ。
美しさにPCの前で思わず息を飲み、
1枚1枚に見惚れてしまいました。

この景色の真ん中で、そのものを環境として体感されてきた
MIZZ様が超らやましいです!
私みたいな山慣れしていない輩がいったら、
一気に人生とか変わっちゃいそうな感じで圧巻!!!

山々ってどうしてこんなに心ひかれるんでしょ???
表情の違うつらなりとか、なんというか生きてるみたい。
雪景色もいいですねー。湖面もまた神秘的。
空の青さが信じられないほど、澄んでいますねーーー。

またぜひお写真、お貸しいただきたく。
よろしくお願いいたします!!!
  1. 2007/07/23(月) 03:56:50 |
  2. URL |
  3. なるもにあ #1wIl0x2Y
  4. [ 編集]

 ☆>なるもにあさん

ホントにこれはタクシーの中から見た瞬間
『あっ運転手さん、停めて!停めて! ここでいいから』
と降りていって撮りまくりました。
言ってもGWの本州なので雪山の景色は期待していなかったのですが思ったよりもキレイで
『日本も捨てたもんじゃない』
ってしみじみ思いました。

朝早い時間なんて周りに人も居なくて風もなかったので完全な静寂の中にシャッター音だけが響くんですよー

想像してみてください。
  1. 2007/07/23(月) 21:04:09 |
  2. URL |
  3. MIZZ #-
  4. [ 編集]

  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

   上高地 宿

上高地☆宿☆で見つけた、いい宿! !さて、それは一体どこでしょう!ヒントその1:その宿泊場所の感想特徴をお教えしましょう。穂高連峰が望める絶好のロケーション。春は山菜・旬の和え物をお鉢にて、夏は信州の涼味・夏野菜、秋はきのこなど豊潤な山の恵みをいかした懐
  1. 2007/08/10(金) 21:09:07 |
  2. 長野宿一覧で見つけたお勧め宿
↓↓トラックバックURL↓↓
http://pgatour.blog6.fc2.com/tb.php/409-c7f9e7d9

MIZZ

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。