Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


PRGR 501銀ツアー




久々のゴルフ用品ネタです。

そもそも転職してからというもの行き着けのゴルフショップ自体にあんまり行っていませんでしたからねぇ~
間違いなく一ヶ月以上顔を出していなかったでしょう。
だから新製品にも疎かったわけです。

そんな中でも夏休みに入ったわけだし、浜松に別の用事もあったので久々に顔を出してみました。

実はマーク金井氏のブログで写真を見て気になっていたドライバーがあったんです。

そいつがこれ。
PRGR 501銀ツアーです。
P1020724.jpg


私がこのモデルに注目した理由は以下の通り。







・502銀も非常に捕まりのいい飛ぶモデルだったが、謳い文句とは違い打ち出し角はそれほど増えず、バックスピンも減らなかった。
(ただし今まで打った中では一番スライスしないし楽に飛ばせるモデルの1つだと思う)
・502銀は自分にとっては細心の注意を払わないと、その捕まりの良さゆえに引っ掛けてしまう恐れがある。
・4~5月頃に別注シャフトモデルが出て、さらに値段も下がってつい食いつきそうになったが求めるスペックへの考え方がPRGR担当営業マンといつも合わなくて買うのを断念してしまう。
・501銀ツアーは502銀よりも容量も小さく重心深度も浅い。そしてフェースアングルも少ない。従って左に行きにくい。


以上を総括して考えた場合、今回のPRGRの考えるターゲットは502銀より叩いて打ちたく左が怖い人向けであることは明確である。

ただし注意しないといけないのは捕まるクラブを逃がして打つのはそれほど難しいことではないが捕まらないクラブを無理に捕まえにいくのはフォームを崩す元になりそうだということである。
それは避けたい。

だがそれは502銀と比べた場合の話であって他の一般的なクラブと比べても(注意:各社工夫を凝らしていて”一般的”なんてクラブが無くなってきました。よって今使っているクラブとします)捕まりがいいクラブであることは明白です。


さてそんな期待をこめて早速試打です。
今回の試打クラブはPRGRらしくすばらしいラインナップです。
なんと9本!
P1020730.jpg


まずは9度のM-46。
P1020720.jpg


そして10.5度のM-43。
P1020721.jpg


そして10.5度のM-40。
P1020722.jpg


ところで各モデルに3種類ずつあるのがお気付きですね。
なんだかシャフトのところに赤・青・白とテープが貼ってあるし。。。

まあそれはPRGR通ならわかるのでクイズにしておきますわ。
簡単だよね?

まずは10.5度のM-40を打ってみます。
ちなみに私のH/Sは42~44m/sくらいです。
M-40ですがそんなにヤグイ感じはありません。
それがPRGRの特徴でもありますが。。。
気持ちよく打っている間は問題ありません。
ですがやや打ち急いだ時にヘッドが遅れてきて暴れてしまう傾向があります。
ラウンドの時はそういうこともあるのでやはり合わせた方が無難でしょう。

そこで自分のヘッドスピードに合わせたM-43を打ちます。
やはりこちらの方がいい感じです。
ですが白テープ⇒赤テープと打っていきましたが青テープになった途端に芯で打てなくなりました。
タイミングも取れないし気持ちよく振れません。
また赤や白に戻すと打てます。
まさかぁーって言う人もあるかもしれませんが先入観なしの事実です。
実際、私の場合PRGRが提唱するグリップスピード理論でいくと青テープの物が最適ってことになるんですが。。。
そこがクラブの難しいところであり、PRGRの理論や担当営業の考えを100%鵜呑みにしていないところです。

最後は自分に合うか合わないかですから。

一応9度のM-46も打ちましたがさすがに球が上がりません。
球も逃げ気味です。
昔はM-49とか打ってたのになぁ~と思いながらも現実を噛み締めます。

感覚は別として結果はどうだったか?
502銀と比べたらやはり捕まり度はいい意味で低い気がします。
502銀やERCⅢでは意図したフェードがなかなか打てないことが候補から洩れた最大かつ唯一の理由なのですが、こいつは(10.5度M-43)狙ったフェードが打てます。
でもヘッドを走らせようとするとドロー系になってしまいます。
厳密に言うと普段は左へ5~8度の方向に打ち出して500~1000rpmのスライス回転で戻ってくるフェード(スライス?)なのですが、このクラブは左へ5度打ち出した後にサイドスピンが100rpm以下もしくはフック回転に100rpmになってしますので左へ左へ飛んでいく危険な球になるんです。
飛距離は出ますけど。
(これが打ち出しを真っ直ぐできたらいいのになぁ~
 ⇒5度右を向けば直るってものでないことはゴルファーの方ならおわかりですね)

ちなみに目指す理想は左5度以下の打ち出しに500rpm以下のスライス回転です。


ちなみにM-40にするとバックスピンが増えて吹き上がり、飛距離が落ちます。

9度のM-46の捕まり具合は今のクラブ(X-DRIVE435)と同じくらいですがやはりハードスペックなのでただでさえ上がらない私の球がさらに上がらないです。
ちゃんとアッパーブローに打てる人には最適でしょう。
P1020729.jpg

P1020728.jpg

P1020727.jpg



<結論>
502銀よりはこちら501銀ツアーの方が私に合っていそうです。

じゃあ、買うか? 買わないか?

注文が3つあります。
①バックスピン量そのままでもう1~2度リアルロフトが増えるといい
②総重量がM-43で300gちょうどだが315gは欲しい
③定価7万円は切ってほしい(定価:¥78,750(税込み))

対応策
①そういや、やや開いて構えて、閉じながらヘッドを走らせる打ち方を試していませんでした。引っ掛けも無くなるしいいかも?
②軽い分には鉛やグリップで重く出来ます。ましては私の使用するグリップは純正よりやや重めのはずだし。
チューニングの自由度があがっていいでしょう。
③20%offなら税抜き6万円かぁ。。。一昔前よりは1ランク安くなったかな



ちなみに今、気になるドライバーはMIZNOの460。
あとは2008年のドライバー反発規制に向けて各社が揃ってくるのも待ちたいところ。
でも最近ゴルフ雑誌も何も買っていないので最新情報は無し。

今のドライバーでバカッ飛びはしないけど調子も戻してきたしコントロール性はいい。(反発規制対応品でもある)

実はそれほど用品熱は冷めてしまったのか・・・!?
(スコアが戻ってきたからね。クラブのせいにしなくなりました^^;)

あっそれより先に3Wをどうにかしなきゃいけなかったわ。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/12(日) 21:53:19 -
  2. ゴルフ用品 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<焼肉大会 | ホーム | 安曇野&上高地 2泊3日の旅 ⑤>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://pgatour.blog6.fc2.com/tb.php/415-107ac492

MIZZ

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。