Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


あれっ?解ったかも?




最近、ゴルフのラウンド報告で『パットの調子が悪い』と書いていますが、昨日会社構内を歩いている時にふと気付きました。



あれっ?グリップの仕方を間違えていたかも・・・・?



そんなバカな!!

ずう~っとやっているんだからそんなの間違えるわけないじゃん!


と思われるかもしれませんが、パターの握り方を変えたのは約2~3年前から。
何度か書いていますが私のショット時のクラブの握り方はベースボールグリップ(テンフィンガーグリップ)の左手親指を右手の掌の中に入れるタイプ。
これは全ゴルファーの中でも5%居るかどうか・・・(MIZZ予想)


以前はパターもそのように握っていたのですが色々と悩み、試しているうちにパターだけは右手小指と左手人差し指を絡めるインターロッキンググリップ(て呼んでいいのか?)が一番しっくりきて結果も残せたのでそれを採用するようになりました。


ところが夏休み前のパターはそこそこ調子良かったのに気分転換やさらに上を目指そうとしてパターを換えてしまいました。
それが夏休みの葛城のラウンドです。
そのラウンド時は思っているラインに全然載せられないという不満を感じながらもパット数はまずまずでした。
ところがそれがジャブのように効いてきてその後のラウンドでも頑張ってNewパターを使っていたら完全に調子を狂わせてしまいました。
そのパターはメーカー純正のノーマルグリップのままで使っていたので太めで角ばっている本来の私のエースパターの握りと感覚が違っても当然だと思っていたのです。

慌てて元のパターに戻したのですが、苦手イメージがついてしまい冷静にパターを握れなくなってしまったのです。
見た目の形や振り方ばかりに気を取られて一番基本なところを忘れていたのです。
何しろゴルフ歴15年の中で13年間握っていた握り方ですから違和感も基本的にはないわけです。


それを何気に歩きながらグリップの形を作ってみたら

『あれっ!!? なんで俺はこんな握り方しているんだ!?』

と気付きました。


ということで今週末は本来のグリップでやってみます。

これで調子が戻れば万々歳!

所詮ゴルフなんてこんなことの繰り返しかと。。。




ちなみに今回も一緒に周ったYO君。
彼も実はパットに悩んでいるみたい。
帰りに寄ったゴルフショップで一生懸命パットを探していました。
私には『気分でパターを替えるから悪いんだよ!』と言っておきながら・・・www


ちなみに私は彼のパットが調子悪い理由をラウンド中に気付きました。
プレー後に教えてやろうと思ってて忘れちゃいましたけど。。。^^;
ごめんね。


今度のラウンド前に教えてやるわ。
だからNewパターは買わなくてもいいよ。
もちろん買っても僕は何も言わないけどね。
買っちゃえ!買っちゃえ!


スポンサーサイト
  1. 2007/10/03(水) 21:52:11 -
  2. ゴルフ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<オーバーフロー | ホーム | 浜松シーサイド ラウンド報告>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://pgatour.blog6.fc2.com/tb.php/431-bd880568

MIZZ

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。