Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


ホントの自分を知りたい




今までも
『身体がツライ』とか
『精神的に限界』とか
『鬱になりそう』とか
度々書いてきましたが、世の中的にはもっともっと厳しい状況に置かれている人も多いでしょうし、本当に鬱病とかになってしまった方からすれば
『お前の置かれている状態なんて甘いもんだ!』
と言われるかもしれません。

だから別に私も今まで『なりそう・・・』という表現にしているのですが、自分の知らない間に身体を蝕んでいたとしたら怖い話。

よく、周囲も認めるほどに身体に気を使って食生活を送ったり運動をしたりする人が突然病魔に襲われることもあるじゃないですか!?

なので一応、社交的で明るい方だと思っている自分の性格ゆえに、他の人が悲鳴を上げるレベルでは平気で、そこから更に進んだところで一気にOUT!とならないようにしたいわけです。

先日の辛くて会社を休んだその時も精神科の病院の門を叩く勇気までは起こらなかったわけですが、その後も毎日のように上司からのプレッシャーや理不尽な話に心が晒されており、いつ爆発してもおかしくない状況です。

昨日も定時退社日の中、報告書類は片付けておきたいと思い残業申請書を書いたのですがやらせない為にあーだこーだと言い掛かりを付けるので
『はい、はい、そんなこと言われてまで好きではしませんよ!』
とプチ切れしてみました。
(残業をしろっ!と言われるよりはマシですが結局いつかはやらなければいけないわけで、責任感からするわけです。言い掛かりをつけるのは決して身体を気遣っているわけではなく、お上から怒られたくないだけというのが見え見えなので)


さて、病院に行く前に何か手軽な判断方法やカウンセリングはないものか?と思っていた矢先にTVの予告でまさにそんな症状についての特集がありました。

皆さんも知っているであろう、テレビ朝日系で放送している

『たけしの本当は怖い家庭の医学』

ってやつです。

<HPはこちら>


先週のテーマは
『本当は怖い元気の良さ ~背後に広がる闇~』
というものでした。

これこそまさに俺のこと?

と思い、録画してまで見たわけです。
(一緒にプレッシャーを受けて例のハアハア言っちゃっていた同じ係の部下にも前日に録画を勧めておきました)



ということで番組内の設問に答えていきました。
(同じことがHPからできます)


抜粋するとこんな内容・・・

ABCのタイプに分けることで、あなたがどんなうつ病になりやすいタイプなのかが分かります。

1 同僚のミスをあなたが怒られた時は?
    A:謝る  B:謝るが気にしない  C:謝らない

2 頼まれた明日までの仕事が終わらない時は?
    A:とにかく頑張る  B:平気で残業する  C:帰る

3 苦手な上司に飲みに誘われた時は?
    A:嫌だが行く  B:積極的に行く  C:断る

4 ゴミ出しのルールを守らない人を見た時は?
    A:間接的に注意する  B:直接注意する  C:放っておく

5 自分が急いでいる時に人がうずくまっていたら?
    A:気遣う  B:すすんで助ける  C:無視する

6 仕事で意見が食い違った時は?
    A:大勢に従う  B:主張する  C:心の中で非難する

7 儲け話に誘われたら?
    A:断る  B:とびつく  C:検討して判断する

最も数が多かった回答があなたのタイプとなります。
A、B、Cそれぞれが同数だった場合は、第1問の答えがあなたのタイプとなります








ちなみに私は
1:B
2:A
3:A
4:B
5:A
6:B
7:A

となり、Aのタイプと診断されました。


番組のテーマである『元気が良い人でもなる鬱病』は実はBのタイプで、Aのタイプは俗に皆さんが良く知っている鬱病のタイプになりやすい人のタイプのようです。

あれっ?
じゃあ、俺ってホンマもんじゃん。

まぁこのテストでいくとCのタイプは鬱病にはならないという診断ではなく、これも現代では多いパターンだそうで、それでは一億総うつ病になっちゃうじゃんと思うので、あくまで『なるとしたらどのタイプ?』ということで。。。。

詳しい説明は番組HPをご覧ください。




そんな状態で今週も過ごしていたのですが、水曜日頃に別の部署の部長から声を掛けられました。
この部長はシステム系の部署を受け持っている女性部長。51歳。大阪出身。
恐らく社内でも一番明るいキャラかもしれない。
すごい遠いところからでも林家パー子のような笑い声が聞こえてくる人。
その風貌と普段の話し声が自分の伯母さんにそっくりなので入社時からそれほど他人とは思えないでいる。

この部長はあちこちに声を掛けて周るタイプだが、私はその中でも『メタボ仲間!』とか、よくいじられている。
その勢いに後ずさりして何も言い返せない人が多い中で、私はいじり返したりするので関西人的にはいじり甲斐があるみたい。

単に下世話な話をするだけでなく深夜まで仕事をしていると、ツカツカとやってきて
『そんなことまでMIZZ君がやらされているの!おかしいわぁ』
『この件はMIZZ君の部署で面倒みる件じゃないからうちの若いのにやらせるよ!』

とか言ってくれる人。

ということでこの部長に声を掛けられるのは珍しいことではないが、その日の朝はいつもと違っていた。

『あれっ?MIZZ君、最近小さくなっているよ』

最近は月曜日だけでなく毎朝憂鬱なので朝っぱらからテンションを上げていくのは辛いなぁと思いつつも、また体重の話かと思い、

『そんなことないはずですよー 毎日順調に育っていますw』

と返したのだが、神妙な表情で

『いやいや、そういう話じゃなくて、いつもはもっと堂々と歩いているのにここ数日間に見掛けた時は小さくなっているんだよ』

と。

『ほほう、そうですか?』
『そんなに観察されているんですか? 光栄です』


とごまかしてみたものの、あまりにも唐突に図星を突かれたのでごまかすことができなくなり、

『まぁ色々とあるんですよ・・・・』

と、ついポロリとこぼさずにはいられない状態。

『なんでも私で相談に乗れることがあったら言ってちょうだい』

と言い、その場を去っていくのでありました。

それにしても声がデカイので周りに丸聞こえだわ。

近くにいる自分の上司にも。



でも、この人に早かれ遅かれ相談しなければいけない日はいずれ来るでしょう。


20代から50代までの女性が放っておけない存在となりつつあるMIZZなのであります^^;






スポンサーサイト
  1. 2008/02/09(土) 23:10:14 -
  2. 雑談 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ


<<癒しは好きに変わるのか? | ホーム | 立春>>

コメント


 ☆

Aが4、Cが2、Bが1個でした…ってことは、私もMIZZさんと同じく「なるべくして鬱になる」でつか?w
いや、自分に関しては反論はございませんが。
まあ、どんな人でもなるときゃなるよなってことですね。お互い気をつけましょう!(って、何に?w)

その部長さん、上司にいて欲しい!
Aちゃんといい、MIZZさんの職場にはすばらしい人材がいらっしゃる!!!
うらやましいです。
以前はAちゃんや部長さん(この方は養護教諭タイプ?)のような方が私の通う学校にもあちこちにいらしたのですが、いつのまにか全くといっていいほど見かけなくなりました。先生も病んでいる?
ま、こうなったら自分がそういう役割を少しでも果たせる人間になるよう努力するしかありませんね!
って、その時点でもうB型鬱への第一歩?
  1. 2008/02/10(日) 15:32:34 |
  2. URL |
  3. Ren #pSJ6Fihk
  4. [ 編集]

 ☆>Renさん

まぁ従業員1500人以上も居る会社なので一人、二人くらいはそういう人も居ないと・・・
悪ばかりがはびこっていたのでは暮らせませんw

ただし、この部長は自分自身がAM2~3時に帰って7時に出勤してくるのを繰り返しても平気な人でして、また入社当時の同期の集まりで得た情報では休日や深夜でも関係なく部下を呼び出すという噂で、いわゆるバリバリな人なのでこちらの弱い気持ちをどこまで理解してくれるかは未知数です。
でも、入社時からの私の変化を見てくれているみたいなので『あんな元気だったMIZZ君がこんなになっちゃった・・・』と思ってくれればいいかと思っています。

それになによりバイタリティがある人なので私みたいにウジウジして悩んだりせず、何か具体的な行動を起こしてくれるかもしれません。
(他人任せじゃいけないんですけど、自分一人が吠えても組織が巨大なので・・・)

おーっと、コメントであまり語ってもいけないので今回はこれくらいで。

ありがとうございました。
  1. 2008/02/10(日) 20:40:52 |
  2. URL |
  3. MIZZ #-
  4. [ 編集]

 ☆お久しぶりです

なかなか興味あるテーマだったのでお邪魔しました。

10年以上前だったら私も確実にAタイプでした。

でも、今の自分に当てはめたらなんとCタイプです。

10年前くらいからストレスと不眠症で心療内科の門をくぐり、今も定期的にお薬を飲んでいます。


おもに睡眠導入剤みたいなものですが、なかには抑うつ成分がはいっているものもいくつかあり、そのせいでCタイプなのかな。

心療内科というと、敷居が高いと感じる人は多く、またそういう自分を認めたくないことが多いみたいですが、気軽に行けばいいのです。


お医者様または臨床心理士の方がまずは話を聞いてくれる所から始まります。

これがいちばんリラックスします。
私は初診の日は先生の前でずっと話しながら泣いてましたよ。


だって先生が「今までよく我慢してましたね」なんて言ってくれちゃうんですもの。

自覚は無かったのに「完璧を求めすぎてたんですよ」って言われました。
たぶんあたってます。
A型人間です。

そんな私がいまでは、ある程度の適当が許せるし、何かあったら話を聞いてくれる心強い先生がいるので安心なのです。

友人のご主人が軽いうつになったときも、迷わず心療内科を薦めました。

今では元気に仕事に復帰なさってます。

ひどくなる前に、自覚があるうちに一歩踏み出すことをお薦めします。


なんか、今日のコメント真面目~でしょ?
こんな私に変身したんです。

MIZZさんの環境も知らないのに長々とすみませんでした。

  1. 2008/02/11(月) 02:10:24 |
  2. URL |
  3. 歌音 #-
  4. [ 編集]

 ☆>歌音さん

どうもお久しぶりです。
お花以外のネタでやってくるのも。

そうですよ、そういう生の情報が聞きたいんですよ。
病院を色々と探してみようにも精神科と心療内科と神経科のどこが違うの?
その中で自分はどこに行けばいいの?

というところから悩みが始まっちゃいます。
そのどれも同時に看板あげているところが多いですけど。。。

私の場合、寝すぎ&過食の傾向なのですが昨夜は12時に床に入ったけどAM2時までの記憶があり、全然眠れませんでした。
そして今日は会社に行きましたけどホントに抜殻状態でした。

やっぱり自覚症状があって自分で解決できそうなうちに対処しなきゃダメですね。

でも、適当にはできないんですよー
それが本来の性分だし、それをやっちゃうと世の中に不良品が出回っちゃうので。
それに関係各所に怒られてストレスどころの話じゃなくなっちゃうんで^^;

でも、とにかく一度行ってみようと思います!
  1. 2008/02/11(月) 19:20:50 |
  2. URL |
  3. MIZZ #-
  4. [ 編集]

  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://pgatour.blog6.fc2.com/tb.php/461-1d7e80d9

MIZZ

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。