Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


スランプ脱出?




先日の『スランプか?』から早一週間。。。
ブログの記事もゴルフから遠ざかっていましたが別に現実逃避していたわけではありません。
むしろ自分のゴルフと真剣に向き合っていました。

スランプを脱出するには色んな方法がありますが私の場合は
(1)自分のスイングを理論的に分析する
(2)クラブのチューニングでどうにかならないものか考える
の二極に限ります。
理由もわからずにひたすら打ちまくるということはありません。

そこで順番に今回の『引っ掛け病』についてどういう処方をしていったのかを検証しましょう。

※以下、ものすごい長い記事が書いてあります。
 悩める子羊のみお入り下さい。
まず(1)の項目。
先日のスーパーゴルファーズドッグ(SGD)で真後ろからカメラでスイングを撮ってもらい自分のスイング軌道を見せてもらったのは悩んでいる自分にとってタイミング的には大きかった。
自分のスイングはアドレス時がオンプレーンとするならば、それよりもインサイドに引いて、アウトサイドに降ろしてくるような8の字スイングになっているようだ。
自分の中では完全なオンプレーンは無理だとしても外側から降りてくるようなことだけにはならないように出来る限り低く長いテークバックをすることにより(意識の中では手が右足の前に来るまで)結果としてはインサイドから降りてきているものだと思っていたのでこれはショックな事実だった。
ただし私の場合、身長(178cm)の割にはかなりハンドアップな構えをするのでアドレス位置よりもインサイドに入ってしまうのはしょうがないことと(本当はダメよ)してしまおうかと思う。
問題は切り返し後のダウンスイングの軌道だ。
外側から入ってくるのは昔からの傾向なのであえて驚く事実ではない。
インパクト時~振り抜きまでの操作でフェードを打ってきたから。
だけど問題はそのインパクトでフェースが被って入っていたという事実。

思い当たる節はある。
冬の間にフルスイングが出来ないせいで球を捕まえきれずにスライスやプッシュアウトを出していた時期があった。
その時に行なった処方が
(A)グリップを緩々に握ってヘッドを走らせるようにする
(B)左を怖がらずに思い切り左側へ振りぬく
の2点だ。
ここで(A)はいいとしても(B)は一見良さそうに見えてもフェードの曲がり具合を大きくしてとりあえずフェアウェイをキープしておくための手段であり遠回りの分だけ距離も出ないし、球に力も無い。
そう!ラウンド中にどうしようもない時に行なうならまだしも、それを安定して打てるように練習場でも練習してしまったのだ。
スランプとはそういうもののような気がする。
悪い方へ悪い方へ自らを導いてしまうのだ。

それは実際に数値でも現れていた。
行きつけのショップのサイエンスアイでボールの打ち出し方向が普段は-(左)2~4度なのに対して最近では-7~9度がざらにあった。
サイドスピンはフェード回転で300~600回転の時には左に打ち出しても何とかそれ以上左には行かない球になるがそれ以下やフック回転になってしまった時には左へ一直線!になる。
そこで-7~9度の打ち出し方向をヘッド軌道のせいだと(特にインパクト以前)思えば良かったのだが私はインパクト以降のヘッドの返りの問題や単純なフェースの向きだけだと勘違いしてしまったことにドツボの要因がある。

それを踏まえてのチェック&修正点は以下の通り。
(a)ダウンスイング時に右わきを引き付けて降ろし、尚且つフォローでも左へ振り抜く
(b)自分ではトップでシャフトが寝過ぎているのでは?と思うくらいの位置に持っていった。上に上げるというよりも後ろ(背中)に持っていくというイメージ(結果的に左肩が深く入った)
(c)とにかくフルスイング! 当てにいったり合わせにいくのではなくスイングの過程にボールがあるという意識でひっぱたく。
(ただしフィニッシュがよろけない範囲で)

特に(c)は意識の中でも大きく変わるものがあった。
「あぁ、そういえば以前はこれくらいで振っていたっけ。。。」
という感じ。
連れが「もっと振れよ~!」とラウンド中に言うのも無理は無い。ちょっと最近大人過ぎましたね。
しっかり振ることによって逆に左に体重が早く流れなくなり、アッパーブローの度合いも大きくなったせいか球もしっかり上がるようになりました。
そもそもそういう風に打つことを前提としたスペックのクラブなので、そのように打たなければいい結果は出ないに決まっていますよね? 猛省。。。

さて、そのフルスイングをするのにあたってクラブをチューニングする必要がありました。
それが(2)の項目になります。
先日のSGDの時にディアマナの”63”と”73”を打ち比べた際にショップの店長から指摘された点は
「63の時はいつものMIZZさん通りのフェースローテーションを使わない打ち方で対応できているが73になるとコックを使っていかないと打ち切れなくなっている」とのこと。
実際には73の方のクラブ総重量がマイクラブの重量に近いのでショックではあったが、実を言うと73を打った時には確かにコックを使ってトップでためてからリリースしていた。
ちょっと心の中で意識した程度のものだったが、全て見透かされてしまった。
『恐るべしH店長!』あなたは心理学者か!?

ということで今のクラブを作る際に実際には328g・D3に作りたいところをわざと323g・D2でBSには作らせておいて後で自分で鉛を貼ってチューニングしておいた禁断の鉛を剥がすことにした。
ただし「14本の仲間たち」で見つけたシャフトの付け根部分に細く鉛を貼るという裏技はやってみた。
どうやらここに貼るとシャフトの暴れがなくなっていいらしい。
タイガーやエルスもやっているらしいよ。

結果的には上々。しっかり振り抜けるようになりました。
フィニッシュもきっちり取れます。
もう一度、前と同じように鉛を貼ってみたらヘッドの重さで振り回されている感があったのでこれで間違いないでしょう。
ただし驚いたのはその状態でショップに持っていってクラブを計測したら327gのD2であった。
おいおい!それじゃ元は331gもあったのかよ!?
それじゃダメだな。振れないわけだ。

ということで練習場で手応えを得た上で別の日に再度サイエンスアイで計測してみると打ち出し方向が-2~3度でサイドスピンはフェード回転で350~700回転くらいに収まっているので問題ないです。
ただし相変わらずヘッドスピードは45~46m/sでした。
これが今の実力ということにするしかありませんね。

そういえば練習場でもう一つの発見をしました。
調子が戻ったので最後にドライバーで自分の球(V1X)で2球ほど打ってみました。
(もちろんキズが付いてていらない球ですよ)
私のイメージではもちろん練習場の球よりも高くて伸びる球を期待していました。
ところがどうでしょう?(解決ビフォーアフター風でお願いします)
打ち出しこそほぼ同じかやや高い感じでしたが途中からドロップ気味に落ちていって練習場の球よりも飛んでいない感じです。
もちろんランを含めれば変わるのでしょうが奥のネットまで200ヤードですからネット中段以上に突き刺さってほしいものです。
ラウンドでは比較対象物が見つけにくいのでわかりませんでしたが練習場ではネットの線があるので高さも把握できました。
ということで今のクラブ、打ち方、ボールではバックスピンが足りていないということになります。
これは新たな事実です。
自分のゴルフ人生でバックスピンが少な過ぎるなんて言われたことありませんし。。。
もちろん手っ取り早くボールを代えるという手もありますがアプローチやパットのフィーリングが変わるのは危険なのでちょっと怖いです。(現時点がこれで命を繋いでいるので)
もちろん今よりも打ち出し角度を上げれば(現状は9~12度)ちょうどいい(15~16度は欲しいなぁ)はずですが。
どちらにしてもV1Xがモデルチェンジしてしまったので新しいモデルがそういう傾向ならいいんですけど。。。

ということでスランプ脱出の兆しが見えてきたのでクラブ購入の為の検討に入れそうです。
ヘッドスピードも下がったことだし次に購入するクラブのシャフトやロフト角も注意して検討しようかと思います。

ただでさえ長い私の文の中でも特に長い今回の記事にお付き合いくださいましてありがとうございました。
同じ悩みを持つゴルファーの方の道しるべになればいいんですけど。。。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/15(日) 15:25:29 -
  2. ゴルフ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<試打情報 ERC HOT HS | ホーム | ゴキジェットプロ>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://pgatour.blog6.fc2.com/tb.php/56-8318ce7d

MIZZ

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。