Get in the hole!

ゴルフネタを中心に日常生活で思ったことを綴っていきます。



スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ


X-18ドライバー試打




このタイトルでここへいらっしゃった方はかなりの事情通。
そして昨日、思わせぶりなタイトルのまま記事をアップしてごめんなさい。

確かに私自身も3週間くらいゴルフショップに顔を出していなかったが、その分ゴルフ雑誌も買い漁っていたんだけど、こんなモデルが出ることは微塵も感じていなかった。

そう!アイアンがこの春に発売された『X-18』のモデル名を冠したドライバーが発売されるようです。
確か7月2日だったかな?

昨日の時点では
「この情報流していいのかなぁ・・・
 現物もあるし店頭に置いてあるんだからいいんだろうな・・・」
というところで悩んでいて記事はアップしなかったのですが、今日、会社で後輩からこのクラブの話題が出たので
「なんだ知ってるの? どこで知った?」
って聞いたら何のことはない「週間ゴルフダイジェスト」に載っていたということなので(ほんとにまだ小さな記事でしたが・・・)本日、晴れて記事をアップします。
その日、私はショップへゴルフ保険の更新に行ったのですが、店内でのいつものルーティン通りサイエンス・アイ・フィールドへ立ち入るとおもむろに新しそうなドライバーが立て掛けてあった・・・
シャフトには『X』のシール。。。
「おぉ!Xフレックスの試打クラブなんて珍しいなぁ」
と思い手に取るとフェイスにも『X』のロゴが描かれており、ソールを見たら『X18』と大々的にモデル名が!
「な・な・なんだこれ~!」
発売されるとわかっていて手にしたのならば
「あぁこれが例のヤツね、入荷したんだ」
くらいに思うところだがこれは全く知らなかったので衝撃も大きかった。
しかもそのソール形状は独特であり、本来一番盛り上がっているべき部分が逆に凹んでいるのである。
一目見て
「キャロウェイ やりやがったな。。。」
と思った。
当然ながら凹んでいる分、容積は減るのでその分をバックフェース側に回せるのでパッと見ではERC HOTよりも容積が大きく感じる。しかもシャローに感じる。
実際に比べてみるとフェースの厚さはほぼ同じであり、バック側に容積をまわせた分だけ座りがいい!
写真を撮ってこなかったのが残念だが、このソールの曲面はとても美しく、久々に『惚れた』デザインである。
あえて言うならば
『Designed by PORSCHE』
って感じだ。(そう言われても信じる)
機能美ってものに弱い私にはグッときた。

さあ、ものはドライバーなのだから打ってみなければ始まらない。
スペックはロフト10度でシャフト硬度もRなので不安があるがとりあえず振ってみた。
「音に驚きますよ」
という店長の言葉を聞きながら・・・
「ガシャーン!!」
その音はERC HOTのそれよりもさらに高い感じだ。
だが、HOTの音に慣れたせいもあるしHOTよりもクリアーな感じもするので許せるかな・・というレベルだ。
練習場では目立ちそうだけど・・・
そして何よりもHOTではどうしても好きになれなかった形状が平べったくなった(ような)おかげで通常の形に近づいた。
つまり上から見れば普通の460ccドライバー。
下から見たらポルシェ、もしくはイトマキエイのような・・・

スペックのせいもあってスピンは過多だったが、時々2000rpm前半も出たし、スペック選択やチューニングしだいで自分流に味付けは出来そうだ。
同スペックであればHOTと同じ感じであると想像できる。
そしてHOTでも感心したオフセンターヒット時の方向性や距離のダウンが少ないところもそのままだ。
かなりヒールで打った時でもあまり曲がらずに飛距離も10%ダウンくらいだったのでもしかしたらHOTよりも上かもしれない。
そしてこの効果こそが例の凹んだソールの効果であるというのがキャロウェイの謳い文句だ。
つまり慣性モーメントの向上らしい。

そして何よりも魅力はその価格。
詳しくは覚えていないが標準モデルで¥58,000くらいだったと思う。
ツアーADやディアマナ装着モデルでも7万円台だったような気がする。
これが出ちゃったらERC HOTが売れなくなっちゃうんじゃないの?という心配をしてしまうくらいだ。

ただし今の私の選択肢の中での問題点は『高反発』であること。
そして打感は硬いということ。
これはERC HOTの時でも悩んでいたので同じことだが、安く手に入れることができるだけあって
「2008年までは使ってみっか!」
と思わせるだけの魅力はある。
そしてその2年の間に低反発モデルはもっと進化しているに違いないという気もする。

やいやい!また悩みが増えちゃったよ。
でも最近の400ccオーバーのドライバーを打った後だと自分のクラブは小さくて怖いよな。。。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/15(水) 00:27:28 -
  2. ゴルフ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


<<体調イマイチ | ホーム | 新モデル ドライバー試打>>

コメント


 ☆X-18ドライバー

X-18ドライバー、驚きました。
全く知りませんでした。やりますね、キャロウェイ。
  1. 2005/06/18(土) 18:40:08 |
  2. URL |
  3. wt_golf #-
  4. [ 編集]

 ☆wt_golfさん

そうなんですよ。
全くノーマークでした。
私はショップに届いた数時間後には打ちまして
「試打した最初のお客さんです」
と言われたくらいなのでもしかしたらゴルフ業の方以外で最初に試打したアマチュアかもしれません。

というより新製品投入のタイミング早過ぎ!
でも、どの層のゴルファーにも(技術面でも経済面でも)ターゲットを絞った戦略には好感を持ちます。
シャフトも標準ラインナップでM65、75とディアマナ65、73は選べます。
その他でもカスタムオーダーで可能だと思います。
  1. 2005/06/18(土) 19:00:28 |
  2. URL |
  3. MIZZ #-
  4. [ 編集]

  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://pgatour.blog6.fc2.com/tb.php/82-952b6bb0

MIZZ

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。